Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

割引: ¥ 286 (20%)
Kindle 価格: ¥1,144

(税込)

獲得ポイント:
11ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

Kindle App Ad
[清水宏]の新卒はベンチャー企業へ行きなさい AI共存時代の「稼ぐ力」の磨き方 (幻冬舎単行本)

新卒はベンチャー企業へ行きなさい AI共存時代の「稼ぐ力」の磨き方 (幻冬舎単行本) Kindle版

5つ星のうち3.4 5個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥1,144
単行本 ¥1,430 ¥1
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

突然の異動/年功序列の壁/無駄な会議/入社時点で決まる将来/細部化するスキル…加速する大規模リストラ、君は、個として戦えるか?大企業=勝ち組の時代は終わった。人生100年時代の働き方へシフトせよ! --このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

著者について

株式会社スタートライズ代表取締役社長。
専門商社を経て、2001年ファインドスター株式会社に転職。2002年9月から2003年ニッチメディア広告事業を立ち上げて収益化。その後、他社への出向や、複数の新規事業立ち上げを経て、2008年ニッチメディア広告事業の営業マネージャー、2009年事業部長に就任し、通販、不動産などのレスポンス系広告主に対して幅広く新規顧客の集客支援の実績をもつ。2011年、株式会社スタートライズを設立。現在は、300社以上の広告会社・印刷会社に対して世帯年収3,000万円向けの会員誌、小・中・高等学校の学生・保護者などへのサンプリング、老人ホーム、カラオケボックスなどの店舗系メディア、全国のフリーマガジン・フリーペーパー、ネット媒体など、3,400以上のニッチメディアを広告事例・広告実績も含めて集約し、日本最大級のニッチメディアデータベースを会員制にて提供する。 --このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B07B8GZ7YN
  • 出版社 ‏ : ‎ 幻冬舎 (2018/3/14)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2018/3/14
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • ファイルサイズ ‏ : ‎ 6613 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) ‏ : ‎ 有効
  • X-Ray ‏ : ‎ 有効にされていません
  • Word Wise ‏ : ‎ 有効にされていません
  • 本の長さ ‏ : ‎ 189ページ
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.4 5個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.4
星5つ中の3.4
5 件のグローバル評価
星5つ
47%
星4つ
19%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
34%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年7月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 新卒はもちろん、ベンチャー企業で働いた方の経験の棚卸しにも
ユーザー名: 山内 悠太、日付: 2018年7月22日
ベンチャー企業で働いて得られる能力やスキルが、実例をもとに記されています。

ベンチャー企業は大手と比べて、お金も人もブランド力も足りてないから、

・とにかくバッターボックスに立つ機会が多い(0→1も1→10も体験しやすい)

・稼がないといけないから、「商機を捉えるセンス」を磨かざるを得ない

・1人で何役もやらきゃいけなくて、その分事業の全工程を俯瞰して見れる=鷹の目力

・自社の紹介をする前に、どうしたら興味を持ってもらえるか?に集中する(会社概要は30秒以内で!)

・抱えている業務を標準化して、他の人に任せねばという圧力がかかる etc

という主張は、私もベンチャー企業在籍時に身をもって体験してきたし、まさしく!でした。

特にこれから、専門分化や部分最適化ほどAIはじめテクノロジーに代替されやすい(代替された時のリスクが高い)は、新しく得られた視点でした。

新卒向けに書かれた本でしょうが、小さな組織で働いた人が自分の経験を棚卸しするのにも、良い機会となるかもしれません。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
2018年5月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年4月22日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年5月7日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年4月22日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告