中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆全体的にコンディション良好です☆ 中古本になりますので、多少の使用感・色ヤケ等がある場合があります☆ご覧頂ありがとうございます。 売り上げの1部を地球の自然保護に寄付しております。 古本のリユースを通じて、大切な地球の財産である、アマゾンの熱帯雨林の保護や沖縄のサンゴ礁を増やす活動を行っているNPO法人に定期的に寄付を行っております。ご協力いただき、ありがとうございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新円切替 (ペーパーバックス) 単行本 – 2004/5/21

5つ星のうち 3.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

■ 国家破産問題は、2004年になって株式市場stock marketが好転したため、一時的に危機感sense of crisisが薄れている。しかし、それはただ表面上のことにすぎない。現段階では「新円切替」「預金封鎖」、そして「財産税」が、いつ行われるかは定かではないが、現状が続く限りその日は間違いなく来るthe day must comeのである。
■ それは、政府による国民資産の強奪robberyであって、日本国民である以上、誰もこの強奪からは逃れられない。銀行預金や郵便貯金も、自動的に残高をカットされ、あなたの資産は目減りlossしてしまうからだ。
■ ここに書かれているのは、身も蓋もない「絶望的未来」desperate futureである。生活がどんどん苦しくなり、やっとの思いで暮らさなければならないあなたと筆者の未来だ。だが、それでも我々はこの国で暮らしていかなければならないのだ。

藤井巌喜[Gemki Fujii]
国際問題アナリスト。1952年、東京都生まれ。'77年、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。同年から'85年までアメリカ留学。クレアモンド大学院政治学部(修士)を経て、ハーバード大学政治学部大学院助手、同大学国際問題研究所研究員。'82年以来、近未来予測の「ケンブリッジ・フォーキャスト・レポート」を発行。現在、株式会社「ケンブリッジ・フォーキャスト・グループ・オブ・ジャパン」代表取締役、拓殖大学日本文化研究所客員教授、千葉商科大学非常勤講師、モンゴル国際経済商科大学客員教授、日米保守会議理事・事務局長。訳書に『ジョージ・ブッシュ私はアメリカを変える』(扶桑社)。著書に『劣化列島 日本』『「円」の消える日』『テロから超限戦争へ』(以上、廣済堂出版)、『石原慎太郎 総理大臣論』『ジョージ・ブッシュと日米新時代』(以上、早稲田出版)『「世界地図」の切り取り方』(光文社ペーパーバックス)などがある。

内容(「BOOK」データベースより)

国家破産問題は、2004年になって株式市場が好転したため、一時的に危機感が薄れている。しかし、それはただ表面上のことにすぎない。現段階では「新円切替」「預金封鎖」、そして「財産税」が、いつ行われるかは定かではないが、現状が続く限りその日は間違いなく来るのである。それは、政府による国民資産の強奪であって、日本国民である以上、誰もこの強奪からは逃れられない。銀行預金や郵便貯金も、自動的に残高をカットされ、あなたの資産は目減りしてしまうからだ。ここに書かれているのは、身も蓋もない「絶望的未来」である。生活がどんどん苦しくなり、やっとの思いで暮らさなければならないあなたと筆者の未来だ。だが、それでも我々はこの国で暮らしていかなければならないのだ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 239ページ
  • 出版社: 光文社 (2004/5/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 433493336X
  • ISBN-13: 978-4334933364
  • 発売日: 2004/5/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 596,278位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
冒頭から最後まで一貫して日本に対する失望感を徹底し、それを伝えようと、さまざまなソースからのデータをもとにした見解は、多少の過剰な部分はあるもののかなりの説得力があるのではないだろうか。ただ、最後におそらく著者の専門外と思われる資産運用にかんして、あまりにも基本的なリターンの計算式を間違えている点が、この著書の全体的な信頼性をも欠いてしまっているようで非常に残念。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
昨今の紙幣の刷新に新円切替えという非常事態のための政府の陰謀と旧弊が銀行で新円に交換することによって、アングラマネーの市場への流通による経済回復の意図がある事を指摘している。
著者の見解は経済が悪化していくシナリオとして、新円切替はあるが預金封鎖はないであろうとイラクの例をあげて、予告している。
過去の日本や他国でのハイパーインフレや軍票が紙くずになったケースをあげて、危機感をあおっているが、アメリカでも新ドルのブルーバックスを発行しているとの事であり、いささか地球に隕石が落ちてきたらどうするかのような議論の感をぬぐえない。
著者は配偶者がメキシコ人であり、資産を外貨に分散して所有しておられるようで一国に永住しないパーマネント トラベラーを個人のリスク回避の方策としてあげているが、掲げている課題の大きさに比べ、結論としての提言の小ささにはしごをはずされたような読後感を感じた
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 gigi VINE メンバー 投稿日 2004/7/3
形式: 単行本
現在巷で噂されている「新円切替」や「預金封鎖」は、50代以降の小金持ち、しかも若いときに働きまくり快適な老後のためにと蓄財してきた人々にとってはショックな話です。日本が破産するという前提で書かれたこの本はデータも豊富でひとつのシミレーションとしては正しいと思います。ただし、大金持ち以外は救われないと繰り返して危機感を通り越して不安感だけをあおるのはいかがなものでしょうか。
最終章では策がないからあきらめて、貧しかったが古き良き時代を取り戻せ、という論調にいきなり変わるのはちょっと寂しすぎる気がします。
著者は国際問題のアナリストです。政治的、特に日本の外交手腕での転換があれば米国の下請けにはならず、打つ手がある事をなぜ書かないのか不思議です。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「国家破産」や「預金封鎖」をタイトルに含んだ本が書店に目に付くようになってきましたが、やはりというか登場しました「新円切替」。この確実に実施される「新円切替」の真の目的や、その後に起こるであろうシナリオについては様々なメディアで言われていますが、大抵は「どうしたら自分の身を守れるか」の視点で、複数の対策を指南する内容のようです。それで乗り切れれば良いのですが・・・。
現在の世の中の状況に安心している人が、将来の世の中の行方に楽観的な人が、どれくらいいるでしょう?少なくとも私は、今の日本のあり方、世界のあり方の延長線上では安心できません。
筆者の主張は、「はじめに」「Part6」「おわりに」に凝縮しています。最後の筆者のメッセージに『ある覚悟』を迫られることでしょう。「新円切替」後に本書で展開される事態になるまでに、また、なったとき、従来通り自分の資産を守る行動に出るか、あるいは、坂本龍馬のように「日本の洗濯」をする行動に出るか、その後の日本のあり方は、まさに日本人ひとり一人のこれからの選択にかかっていると強く思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告