Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または
Kindle 価格: ¥ 630

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[羽太雄平]の新任家老・与一郎シリーズ弐

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


新任家老・与一郎シリーズ弐 Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 630

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊ページ】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

 榎戸与一郞が家老末席に連なって10か月が経過した。藩をゆるがした「主君押し込め」騒動は一応の決着をみたが、その余韻がまだくすぶるなか、主君石見守の参勤交代の時期をむかえていた。新任家老の与一郎が参勤費用の捻出に頭を痛めているところに、父弥次郎衛門から木材伐採の話が持ち込まれた。それは隠居家の財源となる明神の森からの木材搬出と江戸売り捌き話だったが、おりしも江戸で大火が起こり、藩の上屋敷焼失などの損害の一方で、木材売り捌きには絶好の条件となった。また大火を出世の足がかりと考えた石見守は急遽出立して参勤問題は難なく解決するが、近隣藩からの伐採職人が入り込んで奇妙な事件が続発し、ついには奥山左十郎の息子小次郞が拐かされてしまう。さらには伐採事業にからんで会津南山の直訴の噂がとびかい、南山飛火衆と公儀隠密とのはげしい闘争がつづく。公儀隠密の暗躍にかかわる日光奉行所との交渉がはじまるが、それは藩に宿命づけられた後嗣争いに根を発していたのだ。すでに旗本となった前藩主実弟の刑部小輔は、幕府巡見使となったのを機会に公儀隠密との共謀をくわだて、根拠する川筋陣屋に小次郞が捕らわれていると判明。川筋陣屋の急襲戦の先頭に立った与一郎は、ついには江戸の刑部屋敷に決死の覚悟で乗りこんでゆくのだった。好評与一郎シリーズの第2作。
一章・事始め 二章・明神の森 三章・飛火衆 四章・決死者の朝

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 772 KB
  • 紙の本の長さ: 385 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01M4JZ28B
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 47,134位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover