通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に 単行本 – 2009/4/3

5つ星のうち 3.5 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 72

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に
  • +
  • MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 66pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

新聞社の業績不振、雑誌の相次ぐ休刊など、メディア業界に逆風が吹き荒れるなか、出版はこれからどうなっていくのか? 新聞、雑誌はウェブ時代においてもはたして生き残れるのか?
インターネット登場以前からコンテンツ製作に携わり、雑誌『ワイアード』『サイゾー』、ウェブの人気媒体『ギズモード・ジャパン』を創刊、眞鍋かをりら有名人ブログ出版をプロデュースしてきたITメディア界の仕掛け人・小林弘人が、世界のウェブメディア最先端情報を紹介しつつ、今後メディアビジネスで成功するため必須のノウハウをおしげもなく公開。
福音か、はたまた最後通牒か? 次代メディアの運命を左右する衝撃の書。これを読まずして出版、メディア人は生き残れない!


「出版会のゲバラ〈こばへん〉の、メディア世界同時革命論だっ!」
成毛眞氏(元マイクロソフト日本法人社長)

「メディアへの熱い思いが、私のベンチャー魂に放火!」
松本大氏(マネックスグループCEO)

「既得権益にしがみつく大マスコミ諸君!この男のツメの垢でも煎じて飲め!
宮崎哲弥氏(評論家)

内容(「BOOK」データベースより)

新聞社の業績不振、雑誌の相次ぐ休刊など、メディア業界に逆風が吹き荒れるなか、出版はこれからどうなっていくのか?新聞、雑誌はウェブ時代においてもはたして生き残れるのか?インターネット登場以前からコンテンツ製作に携わり、雑誌『ワイアード』『サイゾー』、ウェブの人気媒体『ギズモード・ジャパン』を創刊、眞鍋かをりら有名人ブログ出版をプロデュースしてきたITメディア界の仕掛け人・小林弘人が、世界のウェブメディア最先端情報を紹介しつつ、今後メディアビジネスで成功するため必須のノウハウをおしげもなく公開。福音か、はたまた最後通牒か?次代メディアの運命を左右する衝撃の書。これを読まずして出版、メディア人は生き残れない。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 301ページ
  • 出版社: バジリコ (2009/4/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862381294
  • ISBN-13: 978-4862381293
  • 発売日: 2009/4/3
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 300,018位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
さまざまな Web メディアにかかわってきた著者が,Web メディアを中心として新聞・雑誌という既存のメディアまで,さまざまな点を論じている.さまざまな Web サイトがとりあげられているが,それらを知らない読者が本書をよりよく理解するには,それらをみずから体験する必要があるだろう.だから,本書はじっくり読む必要があるし,そうすればいろいろなたのしみがあるのだろう.残念ながら私はまだそれだけの時間がとれていない.
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
『新世紀メディア論』。

一見、出版業界やマスコミに向けた『叱咤・苦言』を評論家目線で書かれているだけの本に思えます。
ところが、著者は雑誌「サイゾー」創刊者の、こばへん。単なる評論で終わる訳がない。

傍からみると「もうやばいんじゃない?」の一言に尽きる出版業界。
どのような課題を抱えているのか、またどのような将来像を描くべきなのか、たくさんの事例を交えながら、素人にもわかりやすく解説されているのは、やはりドップリ出版業界に身を置きつつも、真の姿を世の中に伝えなければというジャーナリスト魂を持つ著者ならではか、と。

ただ、私は出版・マスコミには一切無縁の人間なので、業界の動向にはあまり興味がない。
そんな私にとっても、本書は「教科書」と言えるのです。

なぜならば、インターネットに接続できる環境があれば(パソコンや携帯電話など)「誰でもメディア人」になり得るから。
昨今、ホームページやブログ、携帯小説などを利用して、何かを世の中に発信しようとする人が増えていますよね。
それはすでに出版業界に身を置かずとも「メディア人」もしくは「メディア人になろうとしている人」と言える訳です。

私自身もなかなかページビューが増えないブログをせっせ
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
タイトルから、新聞や雑誌で働く人に向けて、インターネットなどの新しいメディアの隆盛で何が変わるのか、を説いた本だと理解されがちだが、新聞雑誌にどっぷりはまっている関係者が読んでも「よくわからない」本になっている(と思う)。

例えば188P「ユーザーのウォンツに対して〜なにかしらの結果を出すという意味で、成果(コンバージョン)を上げるための施策がLPOです。これは、そのまま「ターゲットキャスト」に当てはまるセオリーだとわたしは考えています」という文章を読んで???な(理解できない)旧来メディア関係者は、読めば読むほど混乱するのではないだろうか。本全体のトーンが「知らない人」にとって少々不親切な記述法で一貫しており、インターネットに日々接していない人にとって、新語(カタカナ)を多様した文章は理解しずらいだろう。
「知らない人」をリアルに想定し、その読者が容易に理解できるような記述や構成でまとめた本ではない。

この本はマスコミ志望の若い人たちが読むと有益なのではないか。
就職には逆効果かもしれないけれども、メディア業界で働く自分の立ち位置を将来に渡って大きくつかめるような気がする。

個人的には、せっかく豊富な経験を持つ著者なのだから、もっと著者の経験を具体的に書いてほしかった。分析総論や嘆き(随所に無理
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
通常、こういったタイプのネットメディアの可能性を謳う本は
とにかく横文字が踊るだけ踊っていて、紙はオールドメディアだの
ブログマーケティングが大事だのと騒ぎ立てるだけのものが多い。

本書もある種そういう類ではあるが、大きく違うのは
著者が「日本版WIRED」と「サイゾー」創刊の立役者だということ。
名雑誌の誉れ高い2誌の編集長として、具体的な功績をあげた人物なのだ。
これだけで、説得力が違う。紙メディアの面白さを実証した張本人が
非紙メディアにシフトすべき理由と根拠を語っているからだ。
コンセプトとマーケティング手法を転がすだけで銭を稼ぐ輩はどうも信用できないが
手触りのあるモノを作っていた人間は信用できる。

ただし本書の中に、啓発系のビジネス書によくある箇条書きや
分かりやすい比喩、ToDo集の類はない。
ノートに書き写してためになるような文章はつづられていない。
本の中に「具体的な情報」はない。

しかし、力強い警鐘句の重ね塗りが
ああ、「何かしなきゃいけないな」という焦りを呼び覚ましてくれる。
空腹の人間に魚を与えるのではなく、釣り針を与える。そんな本だ。

やはり著者は名起業家である前に、名編集者だ。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー