通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新・資本論 僕はお金の正体がわかった (宝島社新書... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 もんぺ商店
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 迅速かつ丁寧な対応を心がけます。<!状態の基準!> 【非常に良い】=表紙カバーに細かい目立たない傷がある場合があります。ページには、折れ書き込みが無い状態です。【良い】=表紙カバーに小さい1cm以内の破れ、折れがある場合があります。ページには目立たない日焼けがある場合があります。全体的に使用感を感じます。【可】=表紙カバーがない場合もあります。ページには、書き込み、シミなどの汚れがありますが、判読には支障がないと判断した商品です。<梱包> 消毒・クリーニング後、OPP(プラスチック素材の梱包材)に密閉し、配送します。※詳しくは、出品者にお問い合わせください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

新・資本論 僕はお金の正体がわかった (宝島社新書) 新書 – 2009/7/10

5つ星のうち 2.8 26件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 700
¥ 700 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新・資本論 僕はお金の正体がわかった (宝島社新書)
  • +
  • 金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?
総額: ¥1,996
ポイントの合計: 46pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

お金の本質を見抜かなければ、一生搾取される!
堀江貴文だから語れた、バブル、不況、貯蓄、ローン、投資、起業、そしてこの世の「お金」にまつわる真実。

内容(「BOOK」データベースより)

「お金は信用である」「信用さえあれば、お金がなくてもなんとかなる」「コミュニケーションが信用を生む」「お金の本質を見抜けなければ、搾取される」「貯金は悪」「住宅ローンのカラクリ」「不況は起こるべくして起きた」「起業はいつでも、どこからでもできる」…ホリエモンだから語れた、バブル、不況、貯蓄、ローン、投資、起業、そしてこの世の「お金」にまつわる真実。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 173ページ
  • 出版社: 宝島社 (2009/7/10)
  • ISBN-10: 4796672206
  • ISBN-13: 978-4796672207
  • 発売日: 2009/7/10
  • 商品パッケージの寸法: 16.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 263,412位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
悪いのは編集者でしょう。堀江氏はインタビューの受け手で、ざっくばらんに答えてるだけです。それを解説するように本人の文章がつづきますけども、もともと何か書きたいものがあったようには思えません。企画段階で堀江氏との詰めが甘い。彼の良さは、ぼやっとした語りで本質を言葉足らずに語るところ。フォローがないと彼はショートカットして言葉を使うので、分かりにくいのです。それがそのまま本になってしまった。そんな気がします。
1 コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
これまでにホリエモンの本を読んできた人にとっては読む必要のない本だと思います。本自体薄くて、サクサク読めるのですが、ホリエモンの考えなのかインタビュアーの考えなのかわからない所があり、すごく戸惑います。堀江さんが自分自身で書きたいと思って書いたというよりは、出版側がお願いして無理やり本にしてだそうといったような印象を受けました。ローンや借金の話(35年ローンで家を買わない、カードでリボ払いをしない等)はお金のリテラシーが高い人にとってあたり前すぎる話であまり参考にはならないと思います。ただ、ホリエモンの思考が学べるという点ではプラスだと思うので星2つです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本で言っていることは至極当たり前なことばかりのはずだ。そう、冷静に考えると「はず」なのだ。金融リテラシーが比較的高い「はず」の俺にとっても。しかし、言う人間が違うだけで言葉の重みが違ってくる。ホリエモンである。
彼は言う。
「お金とは信用の数値化だ」と。
そして「今の日本人の貯蓄は自分に自信がなくて、信用が足りないって薄々わかっていて、その代わりにお金を貯めている」とも。
さらに畳み掛ける。
「いざという時の信用も自信もないから、お金を貯めておかなくちゃ」と。
個人にとってのお金の本質、正体はこんなものだろうかと正直言って戸惑ってしまった。
どれくらい俺には「信用」があるのだろう。通勤中で読了できるぐらいの本だが、やはり彼には説得力がある。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
ホリエモンはブログが面白くて時々拝見させてもらっており
この本も興味を抱き購入しました。
まあ冒頭から気になったのは『お金をもっているということは信用があるということ』という言葉。
この説明にかなりの時間を割いていたような気がします。
たしかに、日本という国では(世界中で・・かも知れませんが)、お金を持っていると
何もしなくても嫉妬や妬みといったような負の感情の対象となってしまうことがあります。
有名税なんて言い方もされますが
そのバッシングを一番受けていたのはホリエモンであるのは間違いありません。
ホリエモンがそのことに関する嫌悪というか、とにかくその印象を払しょくしたいという意図はよくわかるのですが、今回の本で『金持ち=信用がある=コミュニケーション能力がある』という発言は、何か自分へのバッシングを強く意識した論理構造であるように思えてまりません。
たしかにホリエモンにはコミュニケーション能力がたけていたからこそ、人脈の構築ができ、
ライブドアをあそこまで肥大化させてそれにたいする自負心があったかとは思いますが、決してそれ単独の力で為せたことではなかったと思います。
やはり自身の能力が何事をも可能にさせるという自負があればこそ、あのような社会的な成功がありえたのでしょう
...続きを読む ›
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
ホリエモン。
結構面白くて何冊か買ったんだが今までで1番のつまらなさ。

まず最初に対談(相手はだれなんだ!?)が載っていて、その内容が理解し辛い。
(恐らくこの対談をベースにして、その内容について自分の意見を述べて
本にしたんだろうと推測される。)

その後、ホリエモンだけの文章になるのだが、そこもかってのような切れ味がなく、
面白みに欠ける本になっている。

ホリエモンは好きだが、残念ながらお薦めはしない。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 捨球磨 トップ1000レビュアー 投稿日 2010/12/17
形式: 新書
極めて内容の薄い本であった。
ホリエモンという名前と「新・資本論」という大仰なタイトルをつければ売れるだろうという出版社の意図であろう。

この本の中で堀江氏が行っている主なことは、
「自信=信用(あるいは、=信用創造ともいっている)だ」
「とにかくリスクをとって起業すること」

である。

かつて、竹中平蔵氏に「がんばっている人」と、村上世彰氏と木村剛氏と共に名前を挙げられてたホリエモンは、相変わらずがんばっているようである。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー