¥ 3,240
通常配送無料 詳細
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新・日本経済入門 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

新・日本経済入門 単行本(ソフトカバー) – 2015/3/19

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2015/3/19
"もう一度試してください。"
¥ 3,240
¥ 3,240 ¥ 2,843

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新・日本経済入門
  • +
  • 入門・日本経済 第5版
総額: ¥7,020
ポイントの合計: 146pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

●名著『ゼミナール日本経済入門』を全面刷新
本書は、30年にわたって読まれてきたベストセラー・テキスト『ゼミナール日本経済入門』をより読みやすく、わかりやすく全面刷新。戦後70年を踏まえた「日本経済の今」を分析します。金融、物価、景気、産業構造といった基礎知識のほかに、貿易摩擦、財政改革、環境問題といった応用問題についても解説しています。本書一冊で日本経済についての基本から最新情報まですべてが得られます。日本が幸運にもデフレ経済からの脱却に成功したとして、その後2050年頃に向かう日本はどのような姿をたどることになるのでしょうか。日本が向き合わなければならない課題は山積しています。その中でも、少子高齢化を伴う急激な人口減少は最も深刻な問題です。終章では、課題先進国日本の「これから」に正面から取り組んでいます。
●経済を見る目を磨く3つの読み方
本書は、序章と終章を除く各章が三部構成になっています。
①最新の動きを「さっと読みたい」という方は、第Ⅰ部の「日本経済TODAY」だけを読んで下さい。それだけで最新の日本経済の入門書になっています。
②問題の背景や歴史的経過、経済理論との関係に興味のある方は、第Ⅱ部の「歴史・理論を学ぶ」まで読んで下さい。応用能力が身につきます。
②生きた日本経済や産業構造の変化を自分で分析し、将来を予測したいと思っている方には、第Ⅲ部の「統計を読む」が役に立ちます。

内容(「BOOK」データベースより)

金融、物価、景気、産業構造といった基礎知識のほかに、貿易摩擦、財政改革、環境問題といった応用問題についても解説しています。本書一冊で日本経済についての基本から最新情報まですべてが得られます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 512ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2015/3/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532134579
  • ISBN-13: 978-4532134570
  • 発売日: 2015/3/19
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 4.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 44,737位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
名著なので、内容の説明は省略します。
日本経済の立ち位置、直面している課題を、網羅的に、しかもレベルを落とさず書かれているのは、さすがです。
著者が日経の新聞記者のため、読み手にも優しく、読み進みやすく書かれています。(学者による同様の著書より読みやすい。)
アベノミクスまでカバーされている、最新版であること(2015年2月発刊)もあり、この種の書籍のベストではないでしょうか。

最近、ネットで無料の情報がそこそこ手に入るので、若い人で新聞を読まない人が増えてきています。
このままでは明日の日本は危ういので、彼らには、この本を読んで、日経新聞を読むよう、薦めています。

普段あまり新聞を読まない人のための勉強会のテキストにもよいと思います。

「なぜあれほど元気だった日本がバブルのはじけた90年以降、急降下してしまったのだろうか」というはしがきの一言に、著者の問題意識が集約されています。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
軽い装丁になったのには、両論あるだろうが、経済学部の大学院の基本テキストとして名高い本書が、長年の空白を置いて、やっと(必要に応じて)アベノミクスを評価する最新版で出た。ちなみに早稲田でもこれを使っているゼミが多い。1部日本経済today、2部歴史・理論を学ぶ、3部統計を読むの3部構成に各章がなっているのは、前からと同じで、1部だけなら、しろうとでも概観を通読できる点も、同じだ。全部、白黒になってしまって、見た目のメリハリがなくなり、図版が減った気がするが、何十年も前の時代を画する名著の理論のエッセンスを、演繹しており、やはり、大学院で十分、通用するレベルの高い内容だ。
昔のような経済成長だけ追い求める時代は、とっくに終わっており、日本経済は小さくなってきている。一人当たりGNPと成熟という質が、各所で問われている。日本は工夫と発想の転換と課題先進国となった。各国政府の取っってきた経済政策の評価も、各所で深く述べられており、これだけ本気で読めば、一定のレベルは超えられる、一流の本だろう。かつて毎年、改訂されていたハードカバーと読み比べる余裕があれば、変遷もよくわかる。オーソドックスな本格派の現在の日本経済を多角的に先端的に客観的に分析した書だ。何か、部分部分を逆説的に奇をてらって、書いた本ではない。著者たちの老齢化の心配を跳ね返す良書だ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
「ゼミナール日本経済入門」が絶版と聞いてがっかりしていたが、今回、全面刷新して「新・日本経済入門」として発刊されたので早速読んでみた。
戦後70年を踏まえた「日本経済の今」が、良く解説されている。
分かりやすさ、読みやすさ、新しい分析手法、最新の豊富な経済統計が満載させれおり、読後満足度は最高。
3000円プラス税の分厚い一冊だが、内容的にはお得、という感じ。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告