中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新・巨人の星(1) (講談社漫画文庫) 文庫 – 1995/12/5

5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

著者について

川崎 のぼる
1941年生まれ、大阪府出身。1957年、研文社の単行本『乱闘・炎の剣』でデビュー。1960年ころから少年誌に作品を発表しはじめ、主な作品に『巨人の星』(第8回講談社児童まんが賞受賞)、『いなかっぺ大将』『アニマル1』(第14回小学館漫画賞受賞)、『フットボール鷹』(第2回講談社漫画賞受賞)、『荒野の少年イサム』などがある。


登録情報

  • 文庫: 367ページ
  • 出版社: 講談社 (1995/12/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062601567
  • ISBN-13: 978-4062601566
  • 発売日: 1995/12/5
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,217,385位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
5
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
巨人の星の面白さといったら、人間ドラマです。
親子・友人との熱い物語でした。
本編は、それまで支えで合った人間関係が、主人公である星君にとっての敵として最後に立ちふさがり、悲劇的なラストを迎えました。

新巨人の星では、年を重ねたことによって人間関係が再構築されています。
伴宙太は社会的ステータスを手に入れ、二人三脚というよりは後ろから支えるように星君と歩んでくれます。
そして何よりも一徹親父。
ひたすらに野球狂いであった本編と異なり、新巨人の星では息子への愛情がつぶさに描かれています。
野球をする息子ではなく、星飛雄馬そのものへの愛を感じられるところがポイントです。
ようやく衝突のない、完全に同じ方向を目指している二人の姿を見るだけで、旧作のファンとしてはうれしくなります。

星君自身も変わりました。
ひたすら完璧を目指し、開発された魔球が打たれた瞬間に引きこもってしまうような豆腐メンタルを脱却し、打たれても荒削りでも巨人に貢献して行こうという姿勢でいます。

名物のトンデモ技も衰えてはいませんが、全体として、特に人間ドラマとしてはより現実的に、共感しやすい形になっていると思います。
最後まで希望が見えるのも、無印の方を知っている身としてはうれしいです。
巨人の星を呼んだことがある人は、絶対に新巨人の星も読むことをオススメします。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「巨人の星」の完全な続編です。
前作であまりに悲惨なエンディングを迎えた星飛雄馬が、不死鳥のように甦る様を描いた作品で、やはり抜群に面白いです。
あれから5年経ち、事業家として活躍する花形と明子は結婚、判宙太も父の会社を継いで社長になっている中、飛雄馬は相変わらず行方不明。
実は草野球チームに金をもらって代打をする、惨めな傭兵に成り下がっていました。
あの後も飛雄馬は野球を忘れられず、なけなしの金でピッチングマシンを買い、山中でバッティング練習をしていた。
もはや投手としては絶望ならば、バッターとしての再起を目指すため・・・。
しかし一流選手の多い巨人が、肩を壊した星を採るわけも無し、花形は星を自分の会社の社長に据えるなど考え、一般生活をするよう薦めます。
しかし、安楽な生活への道をけって、星はやはり茨の道を選びます。
今回も星の前向きな性格と根性はすごい・・・・。
今回はペシミスティックな感が薄く、どん底から這い上がる男を描いたポジティブな名編になっています。
エンディングがやや唐突な感がありますが、人生ドラマであるため、いずれ区切りをつけざるを得ないストーリーのためともいえます。
「巨人の星」に比べると面白さは負けてはいますが、素晴らしい作品です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 剣鮫仮面 VINE メンバー 投稿日 2016/2/2
形式: 文庫
野球漫画の金字塔「巨人の星」の続編である。
完全試合達成と同時に左腕を破壊され、行方不明となっていた飛雄馬は草野球の有料助っ人として野球を続けていた。
投げられない身になった彼はピッチングマシンを買い、山中で一人、打撃に専念する生活をしていたのだ。
それは最下位に喘ぐ長島巨人に入団し、巨人を優勝させる為でもあった。
かつての親友、伴宙太、左門豊作らの協力により、復帰が現実味を帯びてきた。
だが、飛雄馬のバッティングを見た長島は「獲れんな。巨人では。」
と冷たくあしらう。
しかし、右腕で投げる彼を見た瞬間、長島は驚愕し、巨人復帰のチャンスと試練を飛雄馬に与える。
それはテスト生としてキャンプに参加させ、選手の下働きもさせる厳しいものだった。
飛行馬は巨人復帰の夢が果たせるのだろうか?

とまあ、初期のストーリーはこんなものである。
草野球助っ人として生計を立て、打撃に明け暮れ、本気で巨人復帰を考えるなど無茶である。
しかし、かつての星飛雄馬の活躍を知っているファンは「彼ならやれるかもしれない。しかし、本当にできるのだろうか?」
と「新巨人の星」の世界に引き込まれる。
丁度、前作「巨人の星」が高度成長期の最中であり、この「新巨人の星」は高
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
前作の巨人の星で再起不能の重症(左手の筋肉の酷使により断裂)を負い巨人軍から突如消えた星であったが、新長嶋監督率いる巨人軍の哀れな連敗を見て、いてもたってもいられなくなり責めてバッターとしてでも助けたいという気持ちが星を野球に駆り立てる。そのバッターへの復帰を目論む中で、怒りに任せ投げた一球がとんでもない可能性を見せる。そして星は初めはバッターとして、そして右投げ投手として復活するのである。そして新たなる魔球大リーグボール右一号を携え終わることなき巨人の星を求める戦いは続くのである。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック