¥2,750
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
新・大学受験案内 みんなが行きたい125大学〈20... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

新・大学受験案内 みんなが行きたい125大学〈2008年度版〉 (東進ブックス) (日本語) 単行本 – 2007/9/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,750
¥2,750 ¥2,192

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

本当に行きたい大学が見つかる東進オリジナル「新大学受験案内」がついに誕生!!全国762大学から厳選した125校を掲載。主要24大学は内容充実の30ページ超で特集しています。
【主要24大学】
~国立11学~
北海道大学、東北大学、千葉大学、東京大学、東京工業大学、一橋大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、九州大学
~私立13学~
青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、中央大学、東京理科大学、法政大学、明治大学、立教大学、早稲田大学、同志社大学、立命館大学、関西大学、関西学院大学

【特長1】
大学生・卒業生の「ホンネ」から、どこよりも詳しい大学での「学びの姿」まで、「何を、どのように学べるか?」「将来、どのような職業・研究ができるのか?」が見えてくる内容がもりだくさんです。
主要24大学(一部を除く)においては、
 ≪大学現役在学生インタビュー≫
 ≪大学OB・OGインタビュー≫
 ≪講義再録≫
を掲載しています。
【特長2】
全1312ページフルカラーでビジュアルな紙面も実現しました。
【特長3】
検索機能や関連情報リンクも充実した「東進ドットコム」にUP中のWEB版「新大学受験案内」本書読者限定サイトを構築しています。書籍カバーソデに載っているQRコードからアクセス可能です!
【特長4】
東進独自の「偏差値ランキング表」を折込付録4点(国公立2点,私立2点)に一挙公開! 「学部学科系統」については、大学の「学び」の実相に近づけて分類しています。
【特長5】
新年度(2008年度)入試の変更点も、速報版で掲載しています。

『自分の人生は自分で決める!』
大学への「夢」や「イメージ」が膨らませて、しっかりと"本当の大学選び"を始めよう!!

抜粋

≪本書「はしがき」より≫

夢は大きく、目標は高く。 -- はしがきにかえて

「大学受験の成功=大学合格」ではない

 大学受験の成功は、大学合格とイコールではありません。せっかく大学に合格しても、入学して1カ月も経たないうちに、ほとんど大学に出てこなくなる人がいます。中途で退学する人もいます。それでは、大学に合格しても大学受験に成功したとはいえません。
 こういう先輩は、大学入試を受ける前の段階で、すでに大学受験に失敗していたと言えます。大学受験に成功するには、入試に合格するよりもまず先に「大学選び」に成功していなければなりません。大学受験は、高校受験よりはるかに難しいものです。入試が難しいのではなく、志望校選びが難しいのです。 大学受験は、高校受験とは3つの点で異なります。1つ目は、ステージが地域内から一気に全国規模に拡大することです。皆さんが入りたいと思っている大学に、全国各地から大勢集まって来ます。高い競争倍率の中で合格を勝ち取らなければなりません。
 2つ目は、大学は学部・学科に細分化されていることです。極端に言うと、1限目からずっと毎日毎日、世界史の授業だと想像してください。世界史が大好きな人にとっては天国、嫌いな人にとってはまさに地獄です。大学受験は、学部別や学科別に行われますから、その選択を間違えると取り返しがつきません。
 3つ目が実は最も大きな違いです。高校までは受け身の授業でしたが、大学では主体性が要求されることです。高校では、クラス単位で授業を受け、理解度をテストで測られました。ところが、大学では、学生自身がテーマを設定し研究することが目的ですから、皆バラバラに好きな授業を取るし、テストも空所補充のような用意された形式ではなく、たいていは論文形式です。そして、評価の基準は、授業の内容を理解していることだけでなく、独自の視点と確かな論拠の有無です。

偏差値では志望校は決められない

 偏差値で大学選びができるのなら苦労はしません。例えば、数学が三度の飯より好きな人は、偏差値ランキング表を見て合格できそうな大学の数学科を受験すればよいのでしょうか。それはとても楽ですが、非常に危険なやり方です。
 もし、大学に残って研究者になりたいのなら、そのポストは極めて少ないという現実を知っておくべきです。あるいは、一生、ロボットに関わっていきたいと思っても、就職する際、理系の求人で圧倒的に多いのは電気電子学科です。すなわち、大学卒業後の長い人生を見すえて学部・学科選びをしなければ、やりたいことが途中で挫折する危険性があるのです。
 本書の目的は、2つあります。1つは、大学選びに複眼を持ってほしいことです。大学入試の難易度だけでなく、入学したあとの長い大学生活全体をイメージし、さらに大学を卒業したあとのもっと長い職業人生を想定して、必死になって自分にぴったりの志望校を探し当ててほしいのです。

本書から何を読み取るか

 とはいえ、高校生の皆さんにとって、大学受験がその後の人生にどういう影響を与えるのかについては、想像できないことが多いと思います。そこで、本書のもう1つの目的は、様々な視点からの情報を提供することです。各大学が公表している内容だけでなく、在学生や卒業生に直接インタビューをしました。残念ながら、紙面が足りずにすべての情報を載せることはできませんでしたが、本書のアプローチを手本として、できる限り違った角度の情報を集めてほしいのです。
 情報源が友達だけでは判断が偏ります。先生はもちろん、先輩や親戚にも尋ねてみたり、実際に大学を訪問したり、インターネットで職業や資格について調べたり、書店の専門書コーナーに行って大学生が読む本を手に取ってみたり、様々な角度から情報を集めましょう。情報のソースはいくらでもあります。要は、皆さんが、「自分の人生は自分で決める」という意志があるか否か、その主体性にかかっているのです。その姿勢の転換が最も大切なことです。

大学は今、激変している!

 大学は今、大きく変化しています。全国約760の大学の中には、定員割れから今後閉鎖に追い込まれる大学もあれば、時代の課題に対応するために積極的に学部・学科の新設や再編成を行っている大学、将来に向けて新しい取り組みをしている大学もあります。研究成果だけでなく教育成果もあげようと、学生に対する学習・就職支援を懸命になって行っている大学もあります。
 その結果、この10年間で各大学の社会的な評価は激変しました。したがって、皆さんは、年配の方の昔のイメージに引きずられることなく、現在における大学の実態をきちんと見極める必要があります。
 一方、卒業後の生活をイメージすることも重要です。かつて日本は「一億総中流」社会といわれ「終身雇用・年功序列」が一般的でしたが、今日ではすでに格差社会が到来しています。
 それは、年収200万円以下から2000万円以上というアメリカ並みの所得格差10倍という社会を意味しますが、まだ序の口です。世界には年収3万円という人々がたくさんいますし、一方では年収数億円でヘッドハンティングする企業もあります。今後、ますます雇用に国境がなくなれば、その格差はさらに拡大します。
 これはお金の問題だけではありません。大学全入時代に受験する皆さんが卒業後に生きていく環境は、厳しい世界的な競争にさらされています。「ただ大学を卒業しただけの大卒」では、良い仕事も高い評価ももらえません。国境という防波堤が低くなれば、皆さんが定年を迎える前に、年収30万円の外国人の労働力が日本人の仕事を奪い取ってしまうかもしれません。
 また一方で、インドや中国などの人口大国は、1日15時間以上も勉強して世界に雄飛しようとしている高校生をたくさん抱え、「頭脳大国」を目指しています。優秀な「人財」もまた、グローバルな競争にさらされているのです。

大学は一生の仕事を見つけるところ

 皆さんの人生は、大学に入学した時点で決まるものではありません。それよりも、大学を卒業するまでにどのような力をつけたかによって決まるのです。 高校までは、一定の決められたルールとごく限られた能力だけで評価が下ります。しかし、大学を卒業したあとの社会では、専門知識の有無や人脈、人を説得するコミュニケーション能力、リスクを負う勇気、人を思いやる度量、決断力、リーダーシップなど、多種多様な力が求められます。それは、学科試験では測れず、これまでは表面化しなかった力です。
 また、薬剤師、税理士、建築士などは、資格がなければその分野の仕事をすることはできません。車を買う力はあっても、無免許では運転ができないのと同じです。逆に、資格試験に合格すれば、学歴は関係なく有資格者として堂々たる仕事ができるのです。

「大きな夢を描く能力」をつける

 高校生の皆さんの特権は、将来どんな仕事にも就くことができることです。もし大学に入学する前から明確な目標を持って努力すれば、たいていの仕事に就くことができるでしょう。逆に考えると、今からの数年間が、人生を分ける岐路だということになります。
 大学は目的を果たすための道具にすぎません。しかし、大学には皆さんの目標を果たしてくれるたいていの道具がそろっています。それを見つけ、効率良く使いこなせば皆さんの夢は実現します。大学は、皆さんが一生やりたいことを見つけ、そのスタートを切るところなのです。
 人を決めるのはその人自身が描いた将来像であり、そうした夢を描くことができる能力です。本書との出会いが皆さんの生涯の夢を描く契機となり、「大きな夢を描く能力」を高めることに役立つことを心から祈念してやみません。

-- 全国の受験生に向けて
東進ハイスクール・東進衛星予備校


登録情報

  • 発売日 : 2007/9/1
  • 単行本 : 1301ページ
  • ISBN-10 : 489085388X
  • 出版社 : ナガセ (2007/9/1)
  • ISBN-13 : 978-4890853885
  • 言語: : 日本語