¥3,520
無料配送: 3月5日 - 6日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
4 時間 53 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り20点(入荷予定あり)
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
新・動機づけ研究の最前線 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


新・動機づけ研究の最前線 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2019/8/6

5つ星のうち4.0 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥3,520
¥3,520 ¥2,948
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 新・動機づけ研究の最前線
  • +
  • 内発的動機づけと自律的動機づけ: 教育心理学の神話を問い直す
  • +
  • 動機づけと認知コントロール: 報酬・感情・生涯発達の視点から (認知心理学のフロンティア)
総額: ¥12,650
ポイントの合計: 127pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者について

【執筆者一覧】(執筆順,●は編者)

●上淵 寿(早稲田大学教育・総合科学学術院):序章,1章
・西村 多久磨(筑波大学大学院人間総合科学研究科 博後在学):2章
・篠ヶ谷 圭太(日本大学経済学部):3章
・稲垣 勉(鹿児島大学教育学部):4章
・梅﨑 高行(甲南女子大学人間科学部):5章
・高崎 文子(熊本大学教育学部):6章
・利根川 明子(東京大学大学院教育学研究科):7章
・鈴木 雅之(横浜国立大学教育学部学校教育課程):7章
●大芦 治(千葉大学教育学部教育心理学教室):8章

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

上淵/寿
1965年長野県に生まれる。1997年東京大学大学院教育学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、早稲田大学教育・総合科学学術院教授、博士(教育学)

大芦/治
1966年東京都に生まれる。1989年早稲田大学第一文学部心理学専修卒業。1996年上智大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、千葉大学教育学部教授、博士(心理学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社より

■本書『新・動機づけ研究の最前線』の概要

モチベーションとは何か?

認知心理学のフロンティアに誘う本格的な入門書!

好評の既刊書から15年の時を経て,この間の膨大かつ様々な知見の集積をベースに新版として登場。達成目標理論の細分化や,自己決定理論の進展に伴う実証研究,学習観の変遷に伴う動機づけとの関係に加えて,社会文化的なアプローチや,前書では言及されなかった発達的観点も織り込みつつ,最新の研究成果を紹介する。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

■本書『新・動機づけ研究の最前線』の主な目次

はしがき

序章 動機づけ研究の省察―動機づけ・再入門―

1 節 改めて動機づけとは何か/2 節 動機づけとは何か:四項関係からみた心理現象/3 節 動機づけ研究の内容は何か?/4 節 動機づけの先行要因:環境・文脈/5 節 動機とは何か/6 節 動機づけられるもの:動機づけの表出/7 節 結果/8 節 動機づけの主な理論やモデル/9 節 期待-価値モデル/10 節 外発的動機づけと内発的動機づけの概念的ねじれ/11 節 内発的動機づけは「善」で外発的動機づけは「悪」か?/12 節 本書の構成

1 章 達成目標理論

1 節 達成目標理論とそれに関わる中核概念/2 節 達成目標理論の変遷と問題/3 節 達成目標に関する実証研究/4 節 達成目標に関連する概念と実証研究/5 節 達成目標に関する認知,神経科学的な実証研究/6 節 おわりに:理論の問題点と限界

2 章 自己決定理論

1 節 認知的評価理論/2 節 有機的統合理論/3 節 因果志向性理論/4 節 基本的心理欲求理論/5 節 目標内容理論/6 節 関係性動機づけ理論/7 節 まとめ

3 章 学習における信念と動機づけ

1 節 はじめに/2 節 信念の分類/3 節 信念が学習方略に与える影響/4 節 信念の変容/5 節 おわりに

4 章 社会認知的アプローチ

1 節 自己に関連する動機と自尊心/2 節 コントロール/3 節 制御焦点理論と制御適合理論/4 節 自動動機理論

5 章 自己と文化のアプローチ

1 節 文化心理学としての動機づけ研究/2 節 文化心理学の隆盛/3 節 課題と展望

6 章 動機づけの発達

1 節 はじめに/2 節 動機づけの起源/3 節 イフェクタンスとマスタリー/4 節 自己概念,能力,努力概念の発達/5 節 達成目標/6 節 興味と課題価値の発達/7 節 養育態度の影響/8 節 まとめ

7 章 感情・ストレス研究アプローチ

1 節 感情とは/2 節 統制-価値理論/3 節 興味/4 節 ストレス・コーピングと動機づけ/5 節 おわりに

8 章 むすびに代えて

―動機づけの4つのプロセスを軸に諸理論を見直す―

1.動機づけの定義と4つのプロセス

2.グランドセオリーについて

3.それぞれの章について

4.動機づけと意志研究について

「動機づけ」に関する北大路書房の好評の心理学書

動機づけ(モチベーション)という視点から,ヒトの「心」へと多面的に迫る,オススメの入門書から専門書までをご紹介!

動機 動機づけ モチベーション 意欲 学習意欲 やる気 自己制御 セルフコントロール 自己調整 内発的動機づけ 動機 動機づけ モチベーション 意欲 学習意欲 やる気 自己制御 セルフコントロール 自己調整 内発的動機づけ 動機 動機づけ モチベーション 意欲 学習意欲 やる気 自己制御 セルフコントロール 自己調整 内発的動機づけ 動機 動機づけ モチベーション 意欲 学習意欲 やる気 自己制御 セルフコントロール 自己調整 内発的動機づけ 動機 動機づけ モチベーション 意欲 学習意欲 やる気 自己制御 セルフコントロール 自己調整 内発的動機づけ
新・動機づけ研究の最前線 動機づけと認知コントロール:報酬・感情・生涯発達の視点から(認知心理学のフロンティア) セルフ・コントロールの心理学:自己制御の基礎と教育・医療・矯正への応用 自己調整学習と動機づけ やる気はどこから来るのか: 意欲の心理学理論 (心理学ジュニアライブラリ03)
著者 上淵 寿,大芦 治 編著 T.S.ブレイバー 編著 清水寛之,金城 光,松田崇志 訳 高橋雅治 編著 ディル・H・シャンク,バリー・J・ジマーマン 編著 塚野州一 編訳 奈須正裕 著
内容紹介 好評の既刊書から15年の時を経て,この間の膨大かつ様々な知見の集積をベースに新版として登場。達成目標理論の細分化や,自己決定理論の進展に伴う実証研究,学習観の変遷に伴う動機づけとの関係に加えて,社会文化的なアプローチや,前書では言及されなかった発達的観点も織り込みつつ,最新の研究成果を紹介する。 動機づけが認知を,また,認知が動機づけを支えるメカニズムは,どのようになっているのだろうか? また,その際の相互作用は? 注意,学習,記憶という認知プロセスと感情を含む動機づけのプロセスとの関係について最新の研究状況を俯瞰し,認知心理学と神経科学との融合分野として,今後の研究のあり方も含め解説する。 心理学的な研究成果を総合的に記述。経済行動をはじめ,基礎から応用の最新成果を重点的に解説。また神経基盤に関する論述までを包含。即時的な小報酬(衝動性)および遅延される大報酬(セルフ・コントロール)を軸に行動背景にある心理的なメカニズムや影響を及ぼす社会的諸要因の解明を目指す。 モニタリングやリハーサルなどの認知的側面が重視されてきた自己調整学習研究において,動機づけの果たす役割が注目を集めている。目標,原因帰属,自己効力感,結果期待,達成価値など,自己調整学習における動機づけの役割を最新の理論と実証的エビデンスから明らかにするとともに,その教育的適用について詳細に検討する。 「やらなきゃいけないのにやる気が出ない」。そんなあなたの意欲,とりわけ,多くの人の関心事であると思われる勉強の意欲について,心理学が明らかにしてきた心のしくみ,心理学的メカニズムについて紹介。意欲的な毎日を送るために。

登録情報

  • 出版社 : 北大路書房 (2019/8/6)
  • 発売日 : 2019/8/6
  • 言語 : 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) : 248ページ
  • ISBN-10 : 4762830720
  • ISBN-13 : 978-4762830723
  • 寸法 : 21 x 14.8 x 2.5 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 3個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
3 件のグローバル評価
星5つ
34%
星4つ
33%
星3つ
34%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト1000レビュアー
2020年11月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告