新品:
¥2,200
ポイント: 22pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 5月20日 木曜日 詳細を見る
最速の配達日: 5月 19日の水曜日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
在庫あり。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
新・免疫革命-免疫の本能は《お掃除》にあり- (健... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


新・免疫革命-免疫の本能は《お掃除》にあり- (健康常識パラダイムシフトシリーズ5) (日本語) 単行本 – 2018/7/18

5つ星のうち4.6 16個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,200
¥2,200 ¥2,100
プロモーション情報 【最大370円OFF】対象の本とSUUMO住宅情報誌の同時購入で合計金額から割引。 1 件
  • 【最大370円OFF】対象の本とSUUMO住宅情報誌の同時購入で合計金額から割引。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

購入を強化する

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 新・免疫革命-免疫の本能は《お掃除》にあり- (健康常識パラダイムシフトシリーズ5)
  • +
  • 自然治癒はハチミツから ハニー・フルクトースの実力 (健康常識パラダイムシフトシリーズ8)
  • +
  • メタ炎症の秘密 慢性病は現代食から (健康常識パラダイムシフトシリーズ6 続新·免疫革命)
総額: ¥6,416
ポイントの合計: 98pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

お陰様で当アマゾンで1位となりました、崎谷博征著『新・免疫革命 免疫の本態は《お掃除》にあり』。 在庫切れとなっていましたが増刷が完了し8月8日より受注再開いたします。 えっ?免疫ってこんなに身近なことだったの! そうかガンや神経難病、アレルギー疾患も生命線に『ゴミ』が溜まっているとダメなんだな。それを『お掃除』してくれるのが免疫なんだ!!目からウロコの新刊です。『プーファフリーで…』『糖尿病は砂糖で…』など、私たちの健康常識から問い返して新しいパラダイムを提起し続けた気鋭の現役医師による、最新の免疫学を集約した一冊です。専門の研究者ばかりでなく、イラストや図式も配置して一般読者にも親しみやすく、解り易く工夫されています。《生命場》の考え方を深める﨑谷ワールドの新たな展開です。

著者について

総合医、脳神経外科専門医、医学博士、パレオ協会代表理事、日本ホリスティック療法協会理事。ロイヤルホリスティックカウンセリング院長。エネルギー量子医学会会長。1968年奈良県生まれ。奈良県立医科大学・大学院卒業。脳神経外科専門医、ガンの研究で医学博士取得。国立大阪南病院、医真会八尾病院を経て、私立病院の副院長をつとめる。パレオ協会、ロイヤルホリスティックカウンセリングでガン、難病、原因不明の慢性病を対象にした治療を確立し、根本治療指導に従事している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 鉱脈社; 四六版 (2018/7/18)
  • 発売日 : 2018/7/18
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 240ページ
  • ISBN-10 : 4860617002
  • ISBN-13 : 978-4860617004
  • 寸法 : 19.6 x 13.9 x 2.4 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.6 16個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
16 件のグローバル評価
星5つ
67%
星4つ
25%
星3つ
9%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年9月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 免疫を真剣に学びたい人にオススメです
ユーザー名: 『モテる男の最強健康ブログ』管理人大山誠人、日付: 2019年9月1日
真剣に学びたい人にオススメ『新免疫革命』
崎谷博征氏 2018年7月初版

本書は新しい免疫学の教科書という位置付けです。

そのため何かの特効薬、何かこれだけすれば良いという短絡的な解決策を求めている人には合わないと思います。

またそもそも人の免疫とは何かの薬でコントロールできるような簡単な代物でないことも本書を読めば分かります。

ということで、本書は真剣に免疫について学びたい人にはかなりお勧めです。

また免疫の教科書とはいえ、具体的にどうしていったら良いかの方向性も提示されているので、現在何らかの自己免疫疾患にかかっている方、ガンを予防したい方は読んで損はないです。

個人的には、本書の著者の崎谷医師は海外の最新論文まで幅広く読み込まれているため、その内容は他の本やサイトには書かれていない大変興味深いものばかりで、いつも著書を読むのを楽しみにしているぐらいです。

なお、以下にネタバレメモを一部書いてありますが、これは現在の私が気になったものをメモしただけです。

ただこれらの内容の何か一つでも気になったのであれば本書を購入して読むと良いと思います。

また本書はアトピーなど何らかの自己免疫疾患を抱えている人は必読だと思いますが、そうでない人でも、ワクチンや抗がん剤の危険性についての知識を得られますし、世の中に広まっている誤った常識を正すことができますので読んで損はないと思います。

追伸
現代の世界ではワクチンや抗がん剤は巨額を生み出すドル箱ビジネスとなっています。

そのため過去ワクチンの害や抗がん剤の危険性を説く医師は危険な目にあったり、圧力がかかったりします。

例えばかつてフェイスブックで有名だった内海医師はワクチンの危険性を説く記事を書くたびにアカウント凍結され、記事の表示率が低下したことを明言しています。

フェイスブックでさえアンチワクチンの記事には圧力がかかっているのです。

また抗がん剤の危険性を訴えていた医師が不幸で不自然な死を迎えたこともあります。

本書の著者はサイエンス、科学的見地にこだわり、エビデンスを提示することで、上手く危険性を説いているので大丈夫だと思います。

ただ私達は世の中に流れ広まっている情報がいかに利権絡みで圧力を受けたものであるかは知っておいた方が良いと思います。

(以下ネタバレメモ一部)
昔の狐憑きは免疫システムの生体反応だった

抗NMDA抗体脳炎は脳の側頭葉が炎症によって過剰刺激されると起こり、側頭葉てんかんと同じ病態。幻聴、幻視が起こりブッダ、パウロ、ジャンヌダルク、ソクラテス、ムハンマド、エゼキエルもこの側頭葉てんかんだったと言われている。

抗NMDA抗体脳炎は80%は女性に起こり思春期に発症。MMRなどのワクチンに関連と推測。

インフルエンザワクチンで髄膜炎、四肢麻痺になった子供

ヨーロッパ、米国の調査では人口の約5%が何らかの自己免疫疾患と診断。
米国では5000万人以上の数で自己免疫疾患に対する医療費はガンの約2倍に膨れ上がっている

自己免疫疾患では免疫を抑える治療が主体となるため治療による副作用で死亡するケースが後を絶たない

医薬品となっているオメガ3の魚油を10年以上摂取した結果ストレスを契機にアトピー性皮膚炎発症

糖質制限はリポリシスが起こってプーファ(多価不飽和脂肪酸)が血液中に増加することでアトピーや慢性病が悪化する

夜間は太陽光がないために整体にとってはストレスが高まる時間帯。夜間に血糖値が低下するとさらにストレス反応が高まり炎症を引き起こすストレスホルモンが分泌される。炎症コントロールするためにも就寝前には必ず黒糖、蜂蜜、フルーツなどの単糖類を含む糖質補給することが必須。

セロトニンは夜に多くなるストレスホルモン。
抗ヒスタミン作用を持つ抗セロトニン物質の摂取でアトピーの夜間の痒みが改善

免疫システムの主目的
病原微生物を根絶する
自己と非自己を区別する
(基本的に樹状細胞が提示抗原で見分ける)

マクロファージ、好中球など自然免疫は免疫記憶なしに直接排除

獲得免疫のBリンパ球は抗体を作って排除し、Tリンパ球は直接攻撃

免疫寛容
哺乳類では胎児期に胸腺において自分を攻撃するリンパ球は胸腺上皮細胞よって排除される

近代の免疫システムの捉え方はポール・エールリッヒによる

自然免疫にも免疫記憶と免疫特異性を持っている

Th1細胞
細胞内感染に反応し細胞性免疫及び自己免疫疾患の発症に関与する

Th2細胞
細胞外感染日本の液性免疫(B細胞の抗体生産)及びアレルギー疾患に関与する

ヘルパーT細胞には制御性T細胞、Th9,17,22が新たに発見

炎症性のサイトカインを算出する転写因子NF-kBをブロックする治療では感染症が起こるなどの予測不能の結果を招く

サイトカインは白血球やリンパ球と同じく細胞の置かれた場によって作用が変わる

慢性炎症の3つの特徴
組織破壊、繊維化、血管新生

組織の繊維化をもたらす物質、セロトニンとエストロゲン

セロトニンは繊維化で主役となるTGF-β1というサイトカインを誘導

ファイブロネクティンを誘導

プエラリア・ミリフィカのようなエストロゲンを含む安価なハーブがバストを大きくするのはエストロゲンの真皮層の拡大と細胞増殖作用によるもの

炎症の場ではセロトニン、エストロゲンは白血球、リンパ球に作用し炎症性物質を放出させる

エストロゲンは炎症全般に関わるため様々な病態の原因となる

エストロゲンが高値の場合は、ヘルパーT細胞がTh2に誘導され、肥満細胞な好酸球の脱顆粒(ヒスタミン、エイコサノイド、セロトニンの放出)が起こる

初潮が早くて長期間エストロゲンに暴露されている場合や生理前後のようにエストロゲン濃度が高くなる場合にはアレルギー疾患の代表である喘息が起きやすくなる

大豆のアイソフラボン、ビスフェノールA、フタレートなどの暴露もアレルギー疾患を引き起こす

炎症は急性、慢性に関わらずその過程(炎症→血管新生、繊維化)そのものが病的に反応である

免疫システムの基本はゴミ処理
生命場にゴミが散乱するとバクテリア、がん細胞のエサになるため病気の場に変化する

プーファはミトコンドリアの電子伝達系での電子(糖から取り出した)のフローをせき止めてしまう

不活性化ワクチンは病原微生物そのものの感染力はないが、そこに毒性の強い重金属などの物質をアジュヴァントとして添加することでゴミを生命場にばら撒いて人工的に炎症を引き起こすアプローチ。

豊胸手術で使用される埋め込みシリコンやローション、化粧剤、充填剤に使用されるミネラルオイルもアジュバントとして自己免疫反応を引き起こす。
ミネラルオイルは原油を精製する過程で作られる石油でありWHOが発がん性を認めている代物。

学童期の女児に摂取が推奨されているHPVワクチンは1型糖尿病、甲状腺炎、クローン病、関節炎などの自己免疫疾患、さらに卵巣機能の低下で生理不順や不妊を引き起こす。

インフルエンザワクチンによって起こるギランバレー症候群は末梢神経の構成成分の分子擬態、分子相同性

B型肝炎ワクチンによる多発性硬化症は脳の神経の構成成分との分子擬態

HPV(子宮頚がん)ワクチンによる全身性エリテマトーデスは免疫系成分(補体、ナチュラルキラー細胞受容体)との分子擬態

によって引き起こされている

生ワクチンおよび不活性ワクチンのいずれもが炎症を生命場に起こすことで免疫記憶を作る設計になっているため自己免疫疾患を引き起こす可能性を秘めている。

ワクチン摂取児童は2倍の慢性病にかかっている

ワクチン接種児童は4倍の学習障害、注意欠陥多動性、自閉症スペクトラム障害になっている

未熟児だったワクチン接種児童では6倍の自閉症などの脳機能障害を患っている

放射線療法、手術、抗がん剤でダメージを受けたり死滅したりしたがん細胞から放出される物質によって起こる炎症によってさらにガンが増大する

単細胞生物でも認識、学習、記憶といった脊椎動物の神経系が担う働きを持っていることが近年明らかにされた

ストレスによってテストステロンがアロマテースというストレス酵素によってエストロゲンに変換されると自己免疫疾患にかかりやすくなる

人間が加齢によってガンを始め様々な病気にかかりやすいのは遺伝子変異が蓄積することが原因ではなく加齢によって胸腺が萎縮するから

甲状腺機能の低下で胸腺が萎縮

ストレスによるコルチゾール分泌でも胸腺が萎縮(宇宙飛行士の例)

ラットの実験ではメラトニンホルモンを補充すると胸腺が回復

ステロイド投与による胸腺萎縮はその後の自己免疫疾患やガン発生の大きな要因になっていることが推測される

断食や極端な糖質制限を続けると胸腺は萎縮

女性の方が自己免疫疾患が多いのは、ストレスホルモンであるエストロゲンが胸腺細胞や骨髄の未熟細胞を死滅させるから

免疫寛容とは、そのゴミによって炎症が起こらないこと

オプジーボなど免疫チェックポイント阻害剤は免疫チェックポイント分子をブロックすることから免疫寛容がなくなり多臓器に渡って自己免疫疾患を引き起こす(70〜90%の人に起こる)

さらに免疫チェックポイント阻害剤にもガンは耐性を作る

プロスタグランジンD2は頭頂の男性型脱毛症の原因物質

自己免疫疾患が膠原病とよばれるのは炎症がコラーゲン繊維の多い間質に及ぶから。そして炎症によって分解される間質成分がゴミと認識され自己の間質が攻撃を受けることになるから。

アガリスクやメシマコブなどのキノコ類には真菌由来のβグルカンが含まれておりこれが微生物関連分子パターンとなるため炎症を引き起こす作用を利用し、これによりガンを縮小する事を期待している。ただ吉と出るか凶と出るかは生命場次第。

加齢のひとつの特徴として慢性炎症
自分の細胞が出すゴミが加齢によるエネルギー代謝低下によるゴミ処理能低下によって蓄積してくるから

炎症を引き起こすゴミmess
=ダメージ関連分子パターン DAMPs (Danger of damage associated molecular patterns )
病原体関連分子パターン MAMPs(Microbe associated molecular patterns )

ワクチンのアジュバントに使用されている水酸化アルミニウムは食細胞のインフラマソームを活性化して炎症を引き起こす

自己免疫疾患とがんの治療薬は非常に似通っている

すっぱい発酵食は生命場を乱す乳酸を豊富に含むため注意が必要

炎症を抑えるために使用したステロイド(コルチゾール )が長期的には逆に制御不能な炎症をオンにし、自己免疫疾患やガンさえ引き起こしかねない
既に長期のステロイド療法になってリンパ腫などが併発することが報告されている

多価不飽和脂肪酸や糖質制限は長期的に慢性的なコルチゾールの上昇を招く

ペトリ皿に入れたがん細胞にDHAやフィッシュオイル(EPA)を投与するとそのストレスによってガンが死滅する。しかしDHAを体内に投与すると正常細胞のエネルギー代謝もやられてしまうので長期的にはガンの場を作ることになる

DHAなどの不飽和結合の多いプーファはミトコンドリアのエネルギー産生を低下させるだけでなく自動酸化して産生する過酸化脂質(アルデヒド )によって形態形成維持に決定的なダメージを与える

多価不飽和脂肪酸の蓄積がほとんどない胎児では体内で骨折したり傷を負ったりしても繊維化を起こすような傷跡を残すことなく完全に修復治癒される

過酸化脂質(アルデヒド)による網膜組織での形態形成維持異常が加齢性黄斑変性と言う成人の失明で最も多い疾患の原因となっている

妊娠に伴って食細胞の食作用などの働きが活発になるが免疫記憶などの新しいリンパ球系の働きが抑えられる。これが妊娠中に自己免疫疾患は抑えられるが感染症にかかりやすくなる理由

病気の場においてアレルギー疾患や自己免疫疾患を悪化させるエストロゲンの作用を抑えるのに最も効果のある物質=(抗エストロゲン作用)はプロゲステロン

胸腺はダメージを与える物質を除去すれば再生可能

まずは胸腺にダメージを与えるストレスホルモンであるコルチゾール、エストロゲンの過剰な分泌を抑えることが必須。
ステロイドの慢性通様がなくても体内のコルチゾールが過剰に分泌されると同じ結果になる。
慢性的な精神ストレスに限らずファスティング、糖質制限やケトン食等のケトーシスを起こさせる食事法を長期間行うことも慢性的にコルチゾールの分泌を高めて胸腺を萎縮させる。

低タンパク質食なども胸腺や骨髄の構造、機能にダメージを与えるため良質のタンパク質を摂取することが形態形成維持に必須

エストロゲンの抑制にはクワイノン(napthaquinone )、ナイアシノマイド、ビタミンA、E、カフェインなどが有効

大豆に含まれるイソフラボンはごく微量でエストロゲン受容体に結合するため強力なエストロゲン作用持つ。これらの植物性エストロゲンは胸腺にダメージを与えて自己免疫疾患を引き起こす。

発酵を十分に行っていない大豆製品を避けること。

プーファ(多価不飽和脂肪酸 )はコルチゾールとエストロゲンの両方を高めるので今日先には甚大なダメージを及ぼす。

サイクロフォスファマイドなどの抗がん剤も胸腺を死滅させる

乳製品やホワイトチョコレートなどの着色料として使用される二酸化チタン胸腺細胞を死滅させる

世間の副交換神経刺激はリラックスと言うのは誤った認識

本当のリラックスはどちらにも傾かずにニュートラルな状態にある時

プロゲステロン(妊娠ホルモン)はコルチゾールやエストロゲンによって破壊された胸腺を回復させる。

動物実験及び人のデータでは亜鉛やビタミンEは胸腺の萎縮を止めることが報告されている

形態形成維持に重要な胸腺、甲状腺、脳下垂体、視床下部、松果体の上部チャクラ軸を同時に活性化できるの可視光線、近赤外線領域のライト

紫外線が弱い早朝や夕方の太陽を見つめることによってこのチャクラ軸が活性化する

糖のエネルギー代謝を回すマスターホルモンは甲状腺ホルモン

甲状腺ホルモンを切除したおたまじゃくしはいつまでも蛙に変態することなくサイズだけ大きくなった
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
69人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年8月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年12月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年12月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年12月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年4月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年8月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告