中古品
¥40
+ ¥257 配送料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 初版。カバー僅かに破れあり。本文は良好です。 141781
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


新・世界地図―直面する危機の正体 (日本語) 単行本 – 2002/1/1

5つ星のうち5.0 2個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥40
¥1
5%還元 キャッシュレス払いなら、お得 詳細

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • キャッシュレス・消費者還元5%の対象商品です。5%の還元が注文確定時に適応されます。 Amazonによる割引。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

商品説明

   2002年、「ターン・オブ・センチュリー」を世界は経験した。20世紀に隆盛を極めたモノ経済からマネー経済へと国際経済がシフトしているさなか、そのマネー経済の中心であり象徴であった世界貿易センタービルが砕け散った。これを機に21世紀の扉が開いてしまった。

   アメリカの一極支配とグローバリゼーションという名の画一化が磐石の態勢で進むかと思われていた矢先の出来事で、世界情勢の行く末は闇の中に没した。超大国アメリカは没落するのか、あるいは、パックス・アメリカーナがいっそう強固になるのか。これからの世界が進む方向を予測するのは難しいと著者は正直に認める。だが、できることはある。それは、今、何が起こっているのかを徹底的に知り、分析したうえで、過去に尋ねることだ。

   現在の世界情勢は19世紀末から20世紀初頭にかけての状況と酷似しているのだという。イギリスが覇権を握り、グローバルな世界が形成されつつあった時代。だがボーア戦争を節目にイギリスがその立場を失い、20世紀という「戦争の世紀」へと突入した。1世紀を経て今、アメリカの一極支配から再び世界の分割が始まろうとしている。

   では、これから日本はどう世界に対峙すればよいのか。必要なのは、戦略的な思考を持ち、主体として取り組むこと。そう、自分にとって都合のよい世界地図を描いていくことなのだと著者は言う。警鐘を鳴らすと同時に、力強い励ましを与えてくれる1冊である。(深澤晴彦)

内容(「BOOK」データベースより)

アフガン終結後もアメリカに突きつけられた課題は少しも解決しない。早晩アメリカは奈落へ転落、世界のパワーバランスが大きく崩れ出す。再び世界は二〇世紀初頭と同じ混沌、いやそれ以上の破壊的危機に向かう。もちろんこの潮流は戦略なき日本を直撃する。グローバルから分割へ日本は何処へ。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
評価の数 2
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2015年12月15日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2002年2月27日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告