通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新・オタク経済 3兆円市場の地殻大変動 (朝日新書... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 書き込みなし。ページの折れ目なし。カバーに小傷あり。通常程度の中古本です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
11点すべてのイメージを見る

新・オタク経済 3兆円市場の地殻大変動 (朝日新書) 新書 – 2015/9/11

5つ星のうち 2.8 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 150

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新・オタク経済 3兆円市場の地殻大変動 (朝日新書)
  • +
  • オタクの心をつかめ (ソフトバンク新書)
  • +
  • オタク市場の研究
総額: ¥3,682
ポイントの合計: 90pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『ライフ・シフト』特集
自分の生き方・考え方のシフトで人生が変えられる『ライフ・シフト』と関連作品をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

リア充オタクってどんな人のこと??
話題沸騰のキーワード「リア充オタク」はこの本から!
日本テレビ「ZIP! 」で大反響! ! !

リアル(現実)生活が充実して、なおかつ「オタク」な若者が激増している。
本書は、彼らを「リア充オタク」とネーミング。

半年間にわたる徹底リサーチで、リア充オタクの行動と生態を解析。
その結果見えてきた「オタク勢力地図」の大激変とは……。

――――――――――――――

3兆円規模ともいわれ、右肩上がりで成長する「オタク市場」がいま、日に日にその姿を変えている。かつては秋葉原やどこのコミケ会場にもいた「ネルシャツにメガネ、大きなリュック」の絵に描いたようなオタクが減った。ネットとスマホの普及で、コンテンツは簡単に見られるようになり、部屋いっぱいにDVDやコミックを積み上げている人も減った。

そのように〝濃い〟人が減ったのに、アニメやゲーム、ラノベなどオタク市場は右肩上がり。背景には、一般人のオタク分野への大量流入がある。オタクが隠すものからアピールするものになったという価値逆転がある。そして、かつてのオタクのイメージから遠い、おしゃれで社交的な「リア充オタク」の登場がある。

リア充オタクに関してはこんな意見もある。

「ちょっとだけアニメを見てるだけで、オタクだとか名乗るな」
「元々オタクはリア充じゃかったみたいな言い方やめろ」

しかし、いまやオタクを名乗るのに「知識量」はもはや問われない。
重要なのは対象への〝愛〟をアピールすること。

この大きなパラダイム変化をおさえれば消費は読み解ける。
「マイルドヤンキー」「さとり世代」を世に知らしめた著者が、
だれも発見していない巨大市場の読み方、歩き方を伝授する。

序章 「リア充オタク」の誕生
第1章 コミュニケーションツール化したオタク
第2章 「日本のオタク」変遷史
第3章 現代オタクのタイプ別生態
第4章 いま求められている商品とサービス
第5章 現代オタク大座談会

【編集部コメント】
岡田斗司夫さん、大絶賛。
本書は、オタキング・岡田斗司夫さんの「ニコ生岡田斗司夫ゼミ」にてご紹介いただき、 「本当に面白かった、久しぶりに線を引いて読みました」とのお言葉いただきました。

内容(「BOOK」データベースより)

10年間で市場規模は4倍。「ライトオタク」の心をつかめ。アキバから「濃い」オタクが少なくなった。ネットの普及でコンテンツを「買わない」人が増えた。なのに、アニメ、ゲーム、ラノベなどオタク市場の規模は右肩上がり。リア充とオタク生活をハイブリッドに生きるオタクの財布の紐はどう開く?若者研究第一人者による現代経済論の決定版!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 264ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2015/9/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022736348
  • ISBN-13: 978-4022736345
  • 発売日: 2015/9/11
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.7 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 155,003位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
 私が関心を持ったのは、著者が「ZIP!」で紹介していた「オタクの年間平均消費額が減少している」というデータの根拠についてです。
 そこで本書を読んでみると、前書きでやはりこのデータが出てきます。曰く、2004年と2013年の調査結果を比較すると、「アニメ」で10万円→2万5,096円に、「マンガ」で10万円→1万5,694円に、「ゲーム」で10万円→8万361円に減っているとの事。しかし、2004年が野村総合研究所・2013年が矢野経済研究所のデータと紹介されているだけで、ここでも明確な出典までは書かれていません。
 従って、ソースはこちらで推定するしかないのですが、まず2013年の引用元は「『オタク』市場に関する調査結果 2014」と見て間違いないでしょう。
 これは「オタクの自認もしくは第三者からの認知」がある人たちに対して年間消費額を尋ねたアンケートによるものです。
 一方で2004年の方はというと、数字的に合致しそうなのは恐らく「『オタク層』の市場規模推計と実態に関する調査」と思われます。
 こちらについてはどうやら、このデータにおける各ジャンルのマニア消費者層の「推定市場規模」を「人口」で割って、一人当たりの消費額を求めたという事のようです。
 つまり、数値の出し方が全く異なっているのです。
 実際の
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「女子力」「女子力男子」とは結局、何なのだ?
これは、著者が以前に書いた『女子力男子』のレビューで、私がその本を読んでの唯一の感想がそれだ、と書いたことである。本書の感想もそれと全く一緒。
「オタク」「オタク市場」とは一体、何なのだ? というのが本書の感想である。

著者は序章で、「オタク1人あたりの消費金額は、10年間で4分の1に減っている。これは、オタクがライト化したからではないか」と述べている。そして、その後は、その「ライト化」を前提に話を進めている。しかし、この4分の1に、というのは、2004年の野村総研の調査と、2013年の矢野経済研究所の調査を比較したものである。
しかし、前の評者が指摘しているように、「オタク」「オタク市場」という概念そのものが曖昧である。故にそれぞれの調査において、「誰に聞いたのか?」「何をオタク市場として計上したのか?」 そのちょっとした違いによって全く数値が変わってしまうものである。全く別個の調査を比較しても意味がない。しかし、これが本書における唯一の数値データである。

次に、「オタク」とは何だろうか? そもそも、オタクという概念そのものが曖昧なものである。
そして、そのオタクを第2章では4つの世代に分けて説明している。すると、奇妙なことが見えてくる。
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
マイルドヤンキーとかさとり世代もそうだけど分析が甘すぎて論外。
ただ、若者の文化に論じていて本を出している人があまりいないのでこの人がもてはやされているだけ。
がっかり。
これオタクの人が読んだら意味不明だと思うしサブカル研究としても、趣味で研究している人の方がマシ。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
私はめったにこんな低い評価はつけないんですが……。
単純に文化人類学の分野の本として評価するなら星5かもしれません。

①60ページより引用
昔のオタクは「作品を愛していたからオタクになった」のに対して今のライトなオタクは「オタク知識がコミュニケーションのネタになるからオタクにななった」

②64ページより引用
『若者研リサーチ独自のもの』
パンギャ、宝塚オタク、ファッションオタク、K-popオタク、若手男性俳優オタク、

133ページのジャニオタや147ページのドルオタはものすごく美人でオシャレな挿絵になっている。
163ページの腐女子の挿絵は二重あご、めがね太っていて不細工。絵の印象だけでなく絵の上にコメントが書いてある。
「家ではジャージで過ごしているがコミケ等のお出かけは気合を入れた服装。類は友を呼ぶ。変わり者が多い。普段の服装は母のおさがりの婦人服」
③174ページより抜粋
そして極度の「かまってちゃん」であること。男がスマホの無料通話アプリなどをインストールさせられて、「どうでもいい会話を朝お4時まで聞かされた」
(Q太郎さん)こともしばしば。「いわゆるメンヘラ。仕えている男オタたちから常に可愛い、可愛いと言われていないと
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー