通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 新明商店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新ブラックジャックによろしく 1(移植編) (ビッグコミックススペシャル) コミック – 2007/2/28

5つ星のうち 3.3 41件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新ブラックジャックによろしく 1(移植編) (ビッグコミックススペシャル)
  • +
  • 新ブラックジャックによろしく 2(移植編) (ビッグコミックススペシャル)
  • +
  • 新ブラックジャックによろしく 3(移植編) (ビッグコミックススペシャル)
総額: ¥1,788
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



マンガ読みが選ぶ2016年の一推!
「マンガ大賞2017」ノミネート13作品決定!東村アキコ氏『東京タラレバ娘』など 特集ページはこちら

商品の説明

新ブラックジャックによろしく 1(移植編) (ビッグコミックススペシャル) [コミック] [Feb 28, 2007] 佐藤 秀峰


登録情報

  • コミック: 216ページ
  • 出版社: 小学館 (2007/2/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091811892
  • ISBN-13: 978-4091811899
  • 発売日: 2007/2/28
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 41件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
自分自身が透析患者ですので、この漫画で書かれている内容はだいたい理解できますが、
作者自身が作品をワザと深刻に、暗くしているような感じで、知らない人が見たら透析治療に相当の恐怖感を覚えてしまうと思います。医療マンガを深刻ぶって書くのは止めて欲しい。
透析患者がこのマンガを読んだら、自分の病気が救いようがないように感じると思います。
ハッキリ言って冗談じゃない!です。
確かに透析治療には食事制限や水分制限などはありますが、それは個人差が非常に大きいです。疲労感も個人差があり、透析後は疲れて動けなくなる人、普通に動ける人様々です。
特に若いうちから透析治療を始めた人は制限が比較的厳しくないです。
2 コメント 203人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
主人公の斉藤が、腎臓病を患った女性・赤城に腎臓を提供しようかという話。

斉藤にはちゃんと恋人がいるのに、恋人でもない赤城に臓器提供する事は果たして美徳なのでしょうか。

斉藤が将来、恋人と結婚し子供を授かり、もしその子供が腎不全になってしまったら、斉藤は赤城に腎臓を提供してしまった事を激しく後悔するでしょう。

自分がもし臓器を提供するならば、誰にだったら提供しても惜しくないか?そういう人間背景をちょっとおろそかにした話になってるんじゃないかと思いました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
私も数年前、研修医でした。1巻の頃の生活苦、医局の陰鬱さを描いた話は、誇張があるにしろ大筋はその通りでとても共感しました。でも、それ以外の医療/治療についての作者の知識が稚拙すぎて次第に読むに耐えなくなっていきました。新シリーズはまだまし、ときいて読んでみましたが更に医療の取材の質は悪くなる一方です。作者は果たして取材をしているのですか?本当に現実の医療現場と話をしているのですか?「マンガだから」と取材や事実確認をおざなりにしてセンセーショナルにしている姿勢が垣間見えてきます。このような稚拙な情報誤認や思い込み取材は新聞や雑誌では許されないことなのに、「マンガだから」と甘えが感じられるのが残念でありません。

彼はこの作品を読んだ人が「マンガだから」とは思わずに「これが事実なんだ」と思い現実の医療現場にその知識や印象を持ち込むことを理解しているとは思えません。これを読んで透析や移植の間違った情報を得た患者やその家族は、現実の医療現場で決して「ブラックジャックによろしく」にこういうふうに書いてあったとは言ってはくれません。マンガから情報を得たという事はまだまだ社会的には認知されていないからです。しかし医療側と実際に接する時には、我々が何を言おうと「ブラックジャックによろしく」に書いてあることと違うなと心の中で思い、我々に不信感を強めます。どこでその間違った情報を得
...続きを読む ›
3 コメント 241人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
私も医療系の人ですが、こういう作品に挑戦する作者を評価したい。たしかに、他のレビューにあるように至らぬ点はあるだろうが、
それでもこの問題点を社会に彼の立場から発信したことは大変価値のあることだと思います。

臓器移植改正法が施行されてから、一向に臓器移植件数は増えませんが、
おそらく多くの人がその存在すらも知らないからでしょう。
まず、その存在を知ってからどうするべきか、どうあるべきかを考え始めるわけであって、
医療が高度化し無尽蔵にお金を掛けられる経済状況の中で、無関心でいいわけがありません。

また、主人公の葛藤には、現在の医学部入試選抜制度が引き起こした弊害である「頭がいいから医学部へ」という構造が土台にあり、医師養成がこのままの形でいいのだろうか?4年生の大学を出てから医学部に進学する(アメリカのような)メディカルスクール制度にした方が、偏差値が高いというだけで医学部に流れ込む若者のためには良いのではないか?という問題提起も私には透けて見えてきます。

たしかに、最後の方のストーリー展開が「ん?」と思うことはありましたが、連載漫画には締切がありますし、漫画家だって所詮は人間なので完璧に仕上げることは不可能だと思います。

以上のようなことから、次回作、他の人がこのテーマに挑んだ時に☆5つを付けられるように、現状では☆4つということになります。参考にしてください。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 連載再開で張り切りすぎたせいか、刺激的なストーリーを求めて展開にかなりの無理を生じているのでは?
 最初っから登場している看護師の赤城さんが、今頃腎不全で糖尿病を患っているという設定にするのはどうしても無理を感じる。だって以前の巻では、煙草スパスパ吸ってたし、かなりタイトなシフトで勤務してたようだが、週3回透析受けてたって?
 テーマも「臓器移植」といういかにもセンセーショナルなもので、狙いがモロ過ぎるのもなー。
 又、斎藤の包茎ネタも下品で、あらでもがな(不必要)。
 NICUの高砂医師も相変わらずオムツかぶってるし、ストーリーに段々現実感が無くなって来た。
 又、当初は癒し系だった皆川さんとの関係も、ひじょ〜に鬱陶しくて気が滅入る。
 やはり、新シリーズやらない方が良かったかも。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック