通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新ビジョン2050 地球温暖化、少子高齢化は克服で... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 折れ・多少の使用感がありますが、書き込み等なく、概ね良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新ビジョン2050 地球温暖化、少子高齢化は克服できる 単行本 – 2016/10/21

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,492

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新ビジョン2050 地球温暖化、少子高齢化は克服できる
  • +
  • プラチナ社会への道筋―"多様なナンバーワン"作り
総額: ¥3,564
ポイントの合計: 108pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

地球温暖化や資源枯渇、少子高齢化、格差問題など現代社会が抱える課題は多岐にわたる。
しかし、今ここで正しい方向に舵を切れば、私たちは明るい未来を実現できる。
元東大総長の小宮山宏が、単なる理想論ではなく、科学技術をベースに2050年のビジョンを描く。

≪主な内容≫
【序 章】 「ビジョン2050」から「新ビジョン2050」へ
【第1章】 「ビジョン2050」のメッセージ
【第2章】 1995年以降「ビジョン2050」の進展
【第3章】 低炭素社会を支える技術(エネルギーを使う)
【第4章】 低炭素社会を支える技術(エネルギーを生かす)
【第5章】 2050年の低炭素社会
【第6章】 プラチナ産業と新しい社会
【特別対談】 トヨタ自動車会長 内山田竹志氏/コマツ相談役 坂根正弘氏/立正大学教授 吉川洋氏

内容(「BOOK」データベースより)

課題先進国日本、プラチナ社会に続き、明るい未来への進路を示す!小宮山未来構想の総仕上げ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 342ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2016/10/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822236579
  • ISBN-13: 978-4822236571
  • 発売日: 2016/10/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 47,028位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
初め序章のページ数に驚きましたが、読んでみたら長さは感じませんでした。
逆に後の章が読みやすかったです。
データも使われていて、内容に説得力がありました。
明るい気持ちになれる1冊だと感じました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
日本が進むべき将来ビジョンが、データや数多くの具体的な実践例で示されていて、とても説得力があった。日本の将来イメージが、悲観的なものから、世界の課題を解決するリーディングカントリーへと変わった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
日本の将来の産業に不安を覚えている方、またニュースで「観測以来初めて」という言葉をよく聞くようになり、異常気象含む環境問題に不安を覚えている方に、「俯瞰的に見て、まず一歩踏み出す」ことができるよう、おすすめの一冊です。

今までの世界は、消費する資源が増えることで、生活が豊かになってきました。
しかし、地球は有限であり、消費できる資源には限りが出てきました。
かといって、一度快適になった生活を手放すのは至難です。

しかも、「今の生活を維持する」だけでも、資源を持続不可能に消費してしまっています。

特に、地球温暖化問題(異常気象)が突き付けたのは、消費される資源とは、「原油や鉱物資源」といった目に見える物質的なものばかりでなく、「地球の温度」や「二酸化炭素の濃度」といった「(計測しないと)目に見えない」資源もあることでした。後者は今この瞬間も、100年前までには考えられなかった猛スピードで消費され続けています。

つまり、生活は豊かにしつつ、消費する資源は減らす。という矛盾した要求の解決が我々にはつきつけられています。
この矛盾した要求に対し、この本は精神論ではなく、「技術的にどういった解決方向があるのか」を様々なデータから惜しげもなく方向性を示してくれています。

ぜひ、多くの方に読んでいただきたい良著です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告