中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 配送は基本的にポスト投函のメール便を利用。ご住所(表札が無い場合や、表札と荷物の名前が違う場合は返送される場合があります)、メールアドレスの再確認をお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新ソード・ワールドRPGリプレイ集Waltz〈2〉競争・怪盗・大湿原 (富士見ドラゴン・ブック) 文庫 – 2007/3

5つ星のうち 3.0 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

生まれ育った孤児院の貧窮を救うべく、西部諸国で冒険を続けるキーナ、ディケイたち5人の冒険者。次に向かったのは農業と牧畜の街・ラバン。年に一度の大レース、国王賞を間近に控え、盛り上がるこの街で依頼を探していると、アイルを指さし「息子よ!!」と叫ぶ老夫婦が現れた!突然の肉親の登場に大パニックの一行。しかし、その老夫婦にはあるたくらみが…!?篠谷志乃がほのぼの癒し系パーティとともにお贈りするリプレイシリーズ第二弾。


登録情報

  • 文庫: 308ページ
  • 出版社: 富士見書房 (2007/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4829144939
  • ISBN-13: 978-4829144930
  • 発売日: 2007/03
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,138,672位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
みんなを指導して引っ張っていく、"先生"と言う設定ですから、リーダー的役割はナジカがつとめるのが自然だと思うんですが、

先生としてのロールプレイのつもりか、不自然なまでにモラルを主張するせいでメンバーがナジカに相談しづらい状態になっていて、

ディケイが1人で奔走して判断して指示を出さざるを得なくなっていますよね。

さらには理由もない危険行為など、ロールプレイを言い訳に場を混乱させる悪い例を見ているようでちょっと残念。

また、今回のシリーズは幕間を見るに初心者サポートを考えていると思うのですが…ベテランが目立ちすぎて、初心者だと言う

キーナの動きや心情がなかなか見えて来ませんね。

戦闘が簡単なのだから、歴代、ベテランがやってしまうためにまるで触れられなかったシーフをあえて初心者にやらせて見るとか、

もっと実験をしてもいいのではなかったかと。

破綻のまるでない読み物としてだけなら小説でいいわけで、リプレイならではの冒険をしてもいいのではないかな…。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
基本的にいい人が好きなんですが・・・・・

へっぽこのようなばかばかしさや、ぺらぺらのようなしたたかさに慣れてしまったからか

どうも、ちと物足りないですな。

次巻くらいでなじんで来るのかな?
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
このシリーズは、リプレイの外面を良くしようとしてか、不自然なほどプレイヤー全員が善人を演じているが、今回はそれに磨きがかかっている。

第1巻からもそうであったが、ナジカのモラル適応範囲の狂いは、明らかに不自然な域に達している。
見ず知らずの、しかも明らかに詐欺行為を働いていると判明している依頼人に対し、ここまで気遣いする人間がいるのだろうか?
いたとしても、騙すか騙されるかの命がけの冒険者稼業を、そんな人物がやっていけるのであろうか?

いや。
本当の問題は、そのブレた暴走モラリストを真っ向から止めるプレイヤーがいないことである。
おそらくリプレイ史上最高と思われるヘッポコたち(リプレイ第5部)を参考にすると分るのだが。
パーティ内には、モラルの高い人間(イリーナ)と低い人間(ヒース)、それを眺める傍観者(その他のモラル中間層のキャラクター達)が存在する。
これらが互いにモラル的妥協を重ねて、パーティ全体としての最終決断を下す過程で、よいドラマが生まれるのである。

ところがこのシリーズ、全員がモラルの高い側に振り切ってしまっており、歯止めがかからない。
善人というレッテルがまず最初に目に付いてしまうため、個々の個性とそれに付随する魅力も発生しづらい。
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本当にほのぼのリプレイ。
話の軸が誰それを倒すと言うものではなく
孤児院の維持と言うこともあり人と人のつながりで描いていく感じ。
その分ドキドキ・ハラハラは少ない。

だが、孤児院の運営危機の原因を探す旅にしてはちょっとそれの伏線が少ないのがちょっと残念
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック