中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■2011年初版です。帯付属します。■目立つ傷み・汚れ・書込み等のない美品です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新ソーシャルメディア完全読本 フェイスブック、グルーポン・・・これからの向きあい方 (アスキー新書) 新書 – 2011/1/8

5つ星のうち 4.1 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

ツイッター、フェイスブック…第一人者が解き明かす ソーシャルメディア活用の秘訣。 ツイッターの爆発的普及から、早くも大きな曲がり角にさしかかるソーシャルメディア。 注目株のフェイスブックを筆頭に、これから続々と登場する様々なソーシャルメディアの活用法を日米の成功事例とともに解き明かす。

内容(「BOOK」データベースより)

これからの時代は「信頼できる人」による推薦や評判が、購入の意志決定を左右する。そのために消費者とどうつながっていくか?広く浸透したツイッター、ブレイク寸前のフェイスブック、日本でも続々とサービスが展開され始めたフラッシュマーケティング…。国内外の成功事例を分析しながら、ツイッター以降の新しいソーシャルメディア活用のカギを紐解いていく。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2011/1/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048701606
  • ISBN-13: 978-4048701600
  • 発売日: 2011/1/8
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 554,257位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
ソーシャルメディア界における第一人者、斎藤 徹氏による、文字通りの完全読本。ソーシャルメディア全体の”今”が、ビジネスという側面から余すことなく網羅されている。フェイスブック、ソーシャルグラフ、マーケティング3.0、ソーシャルコマース、フラッシュマーケティング、位置情報まで、ここ半年くらいで話題にあがったようなキーワードについて、全て俯瞰して見ることのできる貴重な一冊。

◆本書に書かれている内容
序章  ソーシャルメディアが変える「明日の商い」
第1章 ユーザー数だけではない フェイスブックの本当の凄さ
第2章 効率的な顧客導線のカギとなる”ソーシャルグラフ”
第3章 企業がコントロール不可能なマーケティング新時代
第4章 生活者を味方につけることができるビジネス活用のカギ
第5章 ”商品開発”は「コラボレーション」がキーワードに
第6章 生活者同士の「共有」が重視される”ソーシャルコマース”
第7章 「同時性」と「先回り」を実現する顧客サポート
第8章 ソーシャルメディア時代の”企業ブランディング”
第9章 グルーポンが火をつけた”フラッシュマーケティング”
第10章 ”位置情報サービス”でリアル店舗に顧客を増やす
終章  ソーシャルメディ
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
ソーシャルメディアは、対話交流のプラットフォーム、そこに参加している仲間こそがコアバリュー、そして古い友人と常に繋がっている感覚、キズナ、共感や信頼、心の豊かさなどの古くて新しい価値観を思い起こさせてくれるもの。

実名で参加するフェイスブックを経験すると、それが良く分かります。社会人としてリアル社会と同様の感覚でネット上で交流でき、実名なので信頼性も高い。そして社会性の高い人の集まりになるので、誹謗中傷が少なく、穏やかな会話が交わされるコミュニティー文化が形成され、仲間に属しているという安心感、キズナを感じさせてくれる。

このソーシャルメディアに関連したことを本書では網羅的に扱い、新書として短くわかり易く解説してくれています。特に企業の対応の不手際によるコミュニティーやブログの炎上についての説明は面白く、企業がソーシャルメディアを活用しようとしまいと、生活者はソーシャルメディア上で活発に情報交換しており、そのことを企業は避けて通ることが出来なくなっている、ソーシャルメディアを受け入れ、適切に対応することにより、炎上を未然に防ぐ、ソーシャルメディアはその様なコミュニケーションツールになるという指摘は正鵠を得ていると感じます。そして、その対応の基本は、「お客様に誠意をもって接する」という原則を徹底させることという指摘も、その通りだと思います。

ソーシャルメディアの全体像を手軽に掴みたい方には、お薦めの一冊です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
全体的にきれいにまとまっていて非常にわかりやすいが、割とちまたでよく話題にあがることが多く
内容が浅く感じた。今まで起きたことのまとめ本、みたいな読み方をすれば☆5つかもしれないが、これからの企業のソーシャルメディアへの向かい方への提言本として読んだので☆3つとなった。

中でもいいことを言っているのでそのエッセンスは拾った方がいい。
例えば、
1.顧客と相互のやりとりによるブランディングができないと生き残れない。
2.日本のグルーポンは単なる割引クーポン化していて、中〜長期的な店側と客側のWIN-WIN関係が築けていない。

そこを更に、組織がどういう意思のもと使えばうまくいくのかを自分の考えで熱く語って欲しかった。その深堀りがあれば素晴らしかったな。
後は、日本に存在する既存のソーシャルグラフをどう利用すればよいブランディングにつながるか、とか。

副題の"フェイスブック、グルーポン・・・これからの向き合い方"
これは"ソーシャルメディアとのこれからの向き合い方"でよい
本を売るために流行の単語を付けたのだろうが、こういうのは個人的に嫌い。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
ビジネスで全力疾走しているが、グルーポン?フェイスブック?と、ソーシャルメディアに関しては、視野に入れる余裕が無いという人に最適な本である。ブログでソーシャルメディアの最先端を精力的に発信し続けている著者が、あえて新書という形で広く世に訴えようとした意図はなんであろうか。

プロのコンサルタント会社を経営しているだけに内容はやや高度であるが、語り口はやさしい。今まであればパブリックリレーションやマーケティングにカテゴライズされる話題を、成功事例(炎上の事例も)をあげ、原理の一般化をしているので、どちらの視点においても得るところは大きい。終章において、ソーシャルメディア時代のビジネスが、人と人をより密接に結びつける未来を作っていく事に寄与できると示唆しているのも好感がもてた。

現代社会は、企業と消費者を完全に分断してしまっているが、本来のビジネスには人間性が内在されているはずである。ソーシャルメディアを企業の立場ではなく、我々一人一人もうまく利用することによって、ビジネスに人間性をとりもどす契機となるのではないだろうか。企業人の一人としても生活者の一人としても、ビジネスという機会を通じて、我々が社会性を得るために、羅針盤となる一冊であるように思う。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック