¥2,420
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
新しい相続制度の解説―改正相続法の解説と相続制度の... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新しい相続制度の解説―改正相続法の解説と相続制度のあらまし― 単行本 – 2019/11/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/11/1
¥2,420
¥2,420 ¥4,781

本まとめ買いクーポン
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

「丁寧に、わかりやすく」をモットーに
実務家が知っておきたいポイントを厳選36問で詳説!

●現行の相続制度の概要だけでなく、改正事項が相続制度全体の体系の中でどの部分に位置するのか、その改正がなぜ必要であったかまでを正確に理解することができる1冊。
●特に、法務局の遺言書保管制度については、法務局(審査側)目線での解説がなされた貴重な書。

Q:改正法により、配偶者の居住権の保護を図るための方策として配偶者居住権という新しい権利が創設されましたが、これはどのような権利なのですか。
Q:婚姻期間が20年以上である夫婦の一方が他方に対して居住用不動産の遺贈又は贈与をした場合には、特別受益の持戻し免除の意思表示があったものと推定する旨の規定が設けられましたが、この持戻し免除の推定規定の導入により配偶者にはどのようなメリットがあるのですか。
Q:法務局において自筆証書遺言に係る遺言書を保管する制度が新たに設けられましたが、制度の内容について説明して下さい。
Q:遺留分に関する権利行使によって、遺留分権利者は受遺者又は受贈者に対し、遺留分侵害額に相当する金銭債権を取得することとされましたが、金銭債権を取得するとはどのようなことですか。
Q:相続人ではない者の被相続人に対する貢献を考慮するための方策として特別の寄与の制度が創設されましたが、特別の寄与の制度とはどのようなものですか。

内容(「BOOK」データベースより)

現行の相続制度の概要だけでなく、改正事項が相続制度全体の体系の中でどの部分に位置するのか、その改正がなぜ必要であったかまでを正確に理解することができる1冊。


登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 日本加除出版 (2019/11/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4817845953
  • ISBN-13: 978-4817845955
  • 発売日: 2019/11/1
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 65,304位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう