中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーや本体に日焼けやスレ等の使用感があります。万が一品質に不備があった場合は返金対応いたします。帯・チラシ等の封入物は原則として付属しておりません。他サイトでも販売しているため、時間差で在庫切れになった場合はキャンセルとさせていただきます。 2329067
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

新しい中国人 ネットで団結する若者たち (ソフトバンク新書) 新書 – 2008/9/17

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 33,091 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

新世代愛国主義はバーチャル世界で生まれた
今や世界一のネット人口を誇るまでになった中国。08年にはチベット問題を経て、ネットを介して若者たちが団結。加熱した愛国主義が、五輪聖火リレーにも影響を及ぼした。本書では、中国のネット事情を庶民レベルで俯瞰し、この国のリアルな姿を紐解いていく。

内容(「BOOK」データベースより)

アメリカを抜いて、いまや世界一のインターネット人口を誇るまでになった中国。百度(Baidu)や優酷網(Youku)といった中国サイトの人気が日本でも急速に高まってきている。2008年にはチベット問題などを経て、ネットを介して中国人の若者たちが団結し、加熱した愛国主義が、五輪聖火リレーにも大きな影響を及ぼした。本書は、中国の若者と切っては切れないITの面から、若者を分析したものである。中国のネット事情、IT事情を庶民レベルで俯瞰し、この国のリアルな現在の姿と、秘められた将来の可能性を紐解いていく。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 248ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ (2008/9/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797349611
  • ISBN-13: 978-4797349610
  • 発売日: 2008/9/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 11 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 701,426位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
2
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
中国は大国だが個人の収入においては日本に遠く及ばない。こういうところから日本はうらめしい国という表現が当てはまると著者はいう。
古くは日中戦争など反日の姿勢は垣間見られるものの現代のネット世代は進んでいるハイテクのイメージ、アニメや漫画先進国という印象が強いようだ。

愛国心は旺盛で尖閣問題などでは日本製不買などの運動がおこるものの当の反日運動の主催者が日本製カメラをつかっていたり
愛国と個人の購買行動は別とばかりにある種合理的な感性が見て取れる。

現在年齢が30代の江沢民による反日教育を受けた世代は何にせよ強硬な反日だが現在の日本の民主主義に対しては無知で
尖閣で漁船がぶつかっただけで激昂するなどいまだに日本は軍国主義というように信じ込んでいる部分もみうけられるようだ。

そのほかにも給料数か月分を一気に使って好きなものを買う消費行動や中国人らしい合理的な行動など具体例を踏まえて今の中国のネット世代について語る。

結構笑えるような話もあり気軽に読める。そういう意味で内容は軽い本。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
チャイナリスクが騒がれだした昨今、
未来の取引相手になりかねない、支那(中国)の若者の実態を知るべく
この本を手に取った。

1. 一党独裁の国で若者は何を思い、何を考えているのか?
2. また、何を渇望し何に絶望しているのか?

上記の事柄を含め、多種多様な支那(中国)国内の問題を
アンケート結果の数値を用いて解説している。
本のタイトルにあるとおり、インターネットがメインではあるが、
時代背景についても詳しく記載されているため、
チャイナリスクを考えるのに必須の一冊。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告