この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

断食療法50年で見えてきたもの―人類は愛と慈悲の少食へと進化する 単行本 – 2003/6

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 7,000
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

難病の患者さんたちを数多く救ってきた断食療法・生菜食健康法の第一人者が、みずからの断食療法との出会いや、実践家として出発してから今日までの療法の深化・発展の歩みを、患者さんとの出会いや、成功例・失敗例・いろいろな工夫の実例など、さまざまな臨床例を通じてふりかえる。断食療法・生菜食健康法の持つ本当の意義や、実践のノウハウ、注意事項がありありとわかる。

内容(「MARC」データベースより)

数多くの難病の患者さんたちを救ってきた断食療法・生菜食健康法の第一人者が、みずからの断食療法との出会いや、実践家として出発してから今日までの療法の深化・発展の歩みを、さまざまな臨床例を通じてふりかえる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 216ページ
  • 出版社: 春秋社 (2003/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4393713494
  • ISBN-13: 978-4393713495
  • 発売日: 2003/06
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 401,071位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
昨年、残念な事に他界されてますが、著者は人類にとり大変な功績を遺された方だと思います。

これは決してオーバーな表現ではなく、ご存知ない方でも読んで頂ければ判ると思います。

若年の頃、大食漢で大病を患い当時の医者に見離され一念発起して断食療法を行い、その効用に意義を見出され、医師として断食療法を専門に行い始めて50年余り・・・様々な症例、患者さんに合わせ進化させた断食の具体的方法、現代医学の物差しに捉われない事から時には袋叩きに遭いながらも、成功例のみならず、隠す事なく失敗例にも言及し、そこから更に進歩させて行く率直で真摯な一人の医師の姿が読み取れます。

医療に従事なさる方・・・「先生」と云うのは、本来こういう方だった事を思い起させてくれました。

断食療法とは、どういうものなのか? 具体的方法も触れては居ますが、取組む場合はどういう準備が必要なのか? 諸々の反応にどう対応するのが良いのか? など・・・肝心な「心構え」を造れる内容でもあると思います。
ご一読をお勧めします。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
飽食の限りを尽くす日本人の一人が一食減らすだけで、飢餓の国で餓えに苦しむ子供たちを二人救うことが出来る、一日二食減らせば四人救うことが出きる、美味いものを腹一杯食うことが楽しみで喜びであることは、人生において何の意味ももたない、それどころか人生の人間の修行においては愚かな行為でしかない、食を少なくして見えてくるものがある、断食を実践して悟るものが見えて来る、断食への道とは仙者への第一歩であった、それは真理の扉を開いた瞬間でもあった、飽食の日本人必読の人生の書です
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 断食は身体にいい、という内容である。厳密にいえば断食にはいろいろ危険性もあるので慎重に丁寧に手順通りやる必要はあるのだが、断食により自然治癒力が引き出され、多くの病気が治る、という話である。著者の甲田さんは、この断食療法を50年にわたって指導してきた医師である。特に、アレルギー疾患(アトピーなど)や肝臓系の疾病に対して、断食は絶大な威力があるらしい。断食により、細胞が生きるために活発に活動しはじめ、これが自然治癒力を引き出すという。とはいえ、こういった治療法は「論より証拠」である。この本のいいところは豊富な臨床経験により裏打ちされながらも、断食療法で失敗した話なども正直に書かれているところである。断食とまではいかないが、少食を続けると体調がよくなることは自分の身体でも実感する。断食(あるいは節食・少食)には、生命の秘密にたどり着くための奥義が隠されているのかもしれない・・・と思わされる。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告