この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

断絶 (紙ジャケット仕様) Limited Edition

5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 3,857より 中古品の出品:12¥ 1,895より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • CD (2001/12/19)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition
  • レーベル: ポリドール
  • 収録時間: 43 分
  • ASIN: B00005S77R
  • JAN: 4988005291486
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 132,671位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. あこがれ
  2. 断絶
  3. もしも明日が晴れなら
  4. 感謝知らずの女
  5. 小さな手
  6. 人生が二度あれば
  7. 愛は君
  8. ハトが泣いてる
  9. 白い船
  10. 限りない欲望
  11. 家へお帰り
  12. 傘がない

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

CM出演やカヴァー・アルバムのリリースなど活発だった2001年の活動をしめくくるかのような、井上陽水紙ジャケット・シリーズ。本作は井上陽水名義の、記念すべきデビュー・アルバム。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
「父は今年2月で65・・・」ではじまる「人生が二度あれば」など、井上陽水初期の珠玉の曲が詰まったアルバム「断絶」。あのころアルバムを買うお金がなかった私はCDで手に入れられるようになった時代に感謝したいと思います。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
当時LPで聴いたとき、スタジオの高さがわかるかのような録音に驚愕したのを思い出しました。
音の位相もばっちりでエンジニアが位相をいじって遊んでいるのが手に取るようにわかります。
昔LPで聴いた音より良いかも。
素晴らしいリマスタ盤です。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 井上陽水の初期作品をはじめて聴く人がこのアルバムを聴いたら、思わず「あっ!声が違う!!」とびっくりするかもしれません。いかに井上陽水といえども、三十年経つと声も変わります。陽水というとあの重厚な厚みのある太い声を思い浮かべますが、「井上陽水」という名前でデビューした後、第1作目となるこのアルバムに収録されている陽水の声質は、よそう以上に細くて甲高いのです。その声質の違いを感じるだけでも、三十年という時間の長さを感じます。
 世間一般で言われている男らしさ女らしさと、実際の男と女の在り方の違いを皮肉っぽく歌った一曲目の「あこがれ」に始まり、陽水ファンでなくても知っている超名曲の「傘がない」まで、名曲ぞろいのこのアルバム。まさに付け入る隙がないといった感じです。
 全ての曲が名曲でありお勧めなのですが、その中でもどれかと言われれば、二曲目の「断絶」、八曲目の「ハトが泣いてる」、十曲目の「限りない欲望」、そしてラストの「傘がない」でしょうか。
 中でも二曲目の「断絶」では、近年は決して聞くことのできない猛る陽水を聞くことができます。もし、井上陽水に対して「単なる面白い叔父さん」といったイメージを抱いている人がいたならば、「断絶」を歌う陽水の、地声を搾り出すようなあのシャウトは井上陽水のイメージを一変させるかもしれません。また、ラストの「傘がない」はその当時
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
鳩のことを歌っている。
こんな可愛い曲を一生懸命な声で歌ってるの、陽水が。

「人生が二度あれば」は暗くてニガテ。時代を映してるけど、
重くて「断絶」(少しの笑っちゃう要素がある)みたいに軽く聴けない。

懐かしいような手放したくないアルバム。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 この頃の陽水はジャンルでいえば「フォーク歌手」というカテゴリーに入れられていた訳だが、すでにそんな枠には到底収まりきらないスケールを感じさせる。荒れ球の剛速球新人投手とでもいうか、素人っぽい青臭さや拙さが随所に見られるのだが、ボーカルの迫力と怖いもの知らずの勢いで、それすらむしろ気持ちいい。 技巧の極致ともいえる「氷の世界」がこの数年後に大ベストセラーとなるが、私は荒けずりなこの1stや2ndアルバムの方が好きである。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す