中古品の出品:1¥ 4,980より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

斬り抜ける VOL.6 [DVD]

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:1¥ 4,980より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【キングDVDマーケット】 ももいろクローバーZのライブDVDやアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』ほか、新着タイトルや人気ランキング、キングレコードのミュージックやアニメなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: 近藤正臣, 和泉雅子, 岸田森, 田坂都
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2004/12/01
  • 時間: 142 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000657PB6
  • JAN: 4988003968090
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 260,621位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

1974年10月3日~1975年2月13日までテレビ朝日系列にて放送。作州松平藩士・楢井俊平を主人公に、全編緊張感溢れるドラマとなっている。

レビュー

製作: 佐相惣一郎/山内久司/杉本宏 監督: 家喜俊彦/太田昭和/大熊邦也 脚本: 横光晃/大工原正泰 撮影: 中村富哉/藤原三郎 音楽: 鈴木淳 出演: 近藤正臣/和泉雅子/岸田森/佐藤慶/火野正平/ジュディ・オング/岡本崇/岩崎信忠/佐々木孝丸/志垣太郎/水原英子/菅貫太郎/中村玉緒/中村敦夫/田坂都/嵐堪忍 ナレーション: 江守徹/池田雅延
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
最終話、宿敵を追い詰めるまなざし、腹の底からでる声、愛する人を呼ぶふるえる声が
心に残る。主演、近藤正臣の迫真の演技。
ナレーションも最高潮で、険しい道ではあるが、わずかに希望の光を示して物語を閉じる。
主題曲も好きで歌も物悲しいけれど素敵。間奏に入る刀の刃がきらめくような感じが面白い。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 全巻購入しておいてこういう事を言うのもなんだが、いや全話視聴すればこそ、本放送時途中路線変更の挙句2クールを待たずに打ち切りの理由がある意味よく判った気がする。
 すべての問題は、主役・楢井俊平であろう。
 いわゆるアウトローキャラであるという点を差し引いても、このキャラ設定はどうか?。 良く言えば強い信念を持つ一本気。 悪く言えば自己中心的で直情型。 それゆえに気に喰わない事があれば一瞬にして激昂し、多くの場合は喧嘩を売る。 思慮が浅く、相手(敵)の事情を慮る事はない。
 たいていの場合は非があるのは喧嘩を売られた側であるのに素直に俊平に感情移入できない原因は、恐らくこうしたキャラ設定にある。 さらに言えば俊平役・近藤正臣の下手な演技がこの印象に拍車をかけ、特に後半の “ひとり旅” 編の俊平は殆ど単なるDQN野郎だ。
 では番組が駄作なのかというと決してそうではない。 脇を固める “佐藤慶” “岸田森” “菅貫太郎” ら、超演技派の繰り広げるストーリーは見事である。 路線変更による彼らの実質降番後も、“中村敦夫” “中村玉緒” “佐々木孝丸” ら、高い演技力を誇るゲスト達によりドラマ部分は盛り上がる。
 その結果本作は、「主役の登場しない部分の方がドラマ的な完成度が高い」 という妙な作品とあいなった。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す