この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 2,689 (79%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 701
Kindle版
¥ 3,390
コンシューマ雑誌

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 2,689 (79%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、田辺オンライン書房が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
料理通信 2018年 05 月号 [雑誌] がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★通常配送料無料★2018年4月1日発行 2018年5月号 使用感(折れ・スレなど)ありますが、お読みいただくには支障ない状態です。【アマゾンセンターから発送いたします。お急ぎ便、代引き、コンビニ受け取り対応】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

料理通信 2018年 05 月号 [雑誌] 雑誌 – 2018/4/6


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
雑誌
¥ 3,390
¥ 3,000 ¥ 1,623
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 料理通信 2018年 05 月号 [雑誌]
  • +
  • 料理通信 2018年 04 月号 [雑誌]
総額: ¥4,398
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

【巻頭特集】プロが実践している! 野菜のおいしい使い方

素人にとっては、あってもなくても、また別の似た食材でも大差ないのでは?
とスルーしそうな野菜が、実はプロの味づくりの根幹を担っていた・・・ということは、多々あります。
味づくりにおける野菜の働き、役割を知ることには、
料理の味をバージョンアップさせるカギがありそうです。

プロの味づくりの中から、野菜のおいしい使い方をピックアップ。
見落としがちな野菜がもたらす味づくりの基本と、
プロたちが日々更新している新感覚の野菜使いをたっぷりお届けします。
野菜が担う味づくり&新感覚の野菜使いを一挙公開します!


【目次】

■シェフ、古澤一記が実践する 「調味料的」野菜の使い方

■料理家、長尾智子が実践する 「新感覚」の野菜の使い方

■世界の野菜使いに学ぶ<新感覚の野菜レシピ>

【煮 る】ニンジンとショウガのスープ
――東京・東中野「ビスポーク」

【蒸し煮】春キャベツのベルッタータ
――東京・西荻窪「トラットリア29」

【非加熱】色々トマトの水キムチ
――東京・井の頭公園「ビアンカーラ」

【焼 く】ババガヌシュ~ナスと練りゴマのペースト~
――東京・広尾「タイーム」
【炒める】ダイコンの炒め物
――東京・新宿御苑前「古月 新宿」

【揚げる】カリフラワーのバジ
――京都・烏丸御池「インド食堂 タルカ」

■調理法別 バリエーション

■野菜・果物のための超・専門道具

■失敗しない! 新顔野菜の使い方
「青果ミコト屋」「つむぎや」

■根っこにしか作れない味<パクチーの根の使い方>
――タイ料理家 長澤恵

■表紙のレシピ大公開! たっぷり野菜のカリカリ和え麺
――東京・代々木八幡「ヨヨナム」

■達人はこう使う! フルーツをもっと、料理に! ――東京・代々木八幡「酒坊主」

■素材の魅力を引き出す<調理法別 野菜レシピ集



【第2特集】今こそ見直したい ジャパニーズ・ヴィーガン食材


身体的、宗教的、あるいは思想的な理由から、動物性食品を食べない選択をする人が世界的に増えている昨今、
野菜、穀物、海藻、木の実と、これまで脇役とされがちだった食材に注目が集まっています。

ヴィーガン、ベジタリアンというと新しく聞こえるけれど、
日本の食卓では昔から肉や魚より登場頻度の高かった食材。
また、干すことで保存性を高める知恵は、
食材の新たな一面を引き出す調理法として現代のガストロノミーシーンにも通じます。

今こそ見直したい日本のヴィーガン食材。その魅力をとことん追求します。


■素材を生かしきる精進料理の教え
――東京・小金井「三光院」

■乾物の力を見直すヴィーガンレシピ
――東京・青山「アクアパッツァ」

■乾物ガストロノミー
――東京・下北沢「Salmon&Trout」

■乾物使いでラクラク菜食生活
――山梨・北杜「DILL EAT, LIFE.」

その他、食の連載も多数!


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 角川春樹事務所 (2018/4/6)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07B658B3H
  • 発売日: 2018/4/6
  • 梱包サイズ: 28.5 x 21 x 0.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう