¥ 1,620
通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
斎藤公子の保育論[新版] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

斎藤公子の保育論[新版] 単行本(ソフトカバー) – 2016/12/19

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/12/19
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 2,978
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 斎藤公子の保育論[新版]
  • +
  • 生物の進化に学ぶ乳幼児期の子育て
  • +
  • 絵で見る斎藤公子のリズムあそび
総額: ¥5,508
ポイントの合計: 127pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

科学と実践に基づく保育理念を語ったロングセラー、待望の復刊!

日本の保育実践に大きな影響を与えている、
「さくら・さくらんぼ保育」の原点である
さくら・さくらんぼ保育園の創設者・斎藤公子が、
日本の保育園の成り立ちや、実践と科学から導きだした
0歳児保育や障がい児保育、及び保育における望ましい環境まで、
現代に通じる保育のあり方を対話形式でまとめた。

これからの保育・子育てを担う保育者に必読の一冊。

出版社からのコメント

「本文」より抜粋

これは大事なことですが、障害児教育は、先生が重荷だと思ったら、もうだめですね。うちの職員集団でも、よほどみんなで学習しあわないと、障害をもつ子が重荷になります。先が見えなくなるからです。いつもたえず学習をしている人たちはマカレンコがいうリスク、つまり冒険にいどんでくれるのです。

この学習の1つは、根本的なものの考え方で、人間はすべて生まれながらにして平等だ、障害をもつ子どもも、一個の人間として尊重される権利がある、対等の権利があるんだ。---というと同時に、常に新しい科学、医学の発展に目を向けての学習です。また全国の実践者と交流して、情報を集め学びあうのです。

きちんと科学的なものの見方を身につけると、障害児はいやだという考え、遅れている子はいやだという差別感がなくなると思うのですが、そんな気持ちはないないと言っていながら、心の隅にわいてくるんです。
一人ひとりの子どもを、みんな平等にかわいがるというのは、むずかしいことでしょうが、これができないと、本当は保育者は務まらないのです。でも、そういうテストはできない。ペーパーテストで保母資格を取って、保母さんは入ってくるわけです。

また科学的な方法がわかっても、真のヒューマニズムをもたない人では育たないと思います。科学とロマンが必要ですね。道筋だけわかったから、あるいは医学的な処置をしたから、薬を飲ませたから、ボイタの訓練をしたから、ホラ、何をしたからといったって、育たないと思います。同じ環境においても、育てる人によって違いが出てきます。

先生が、差別せずに、弱い子とか障害をもつ子をいたわる。そして介助も、ひとりでやれることまでやってやるのではなくて、やれることはちゃんとやらせるけれども、やれないことは要求せず援助する。こういう先生の中で育った集団というのは、たいへん思いやりがあって、介助も上手なんです。小学校に行っても、みんなそうします。先生の人柄とか、やり方が子どもにうつっていくというか、模倣されて、受け継がれていく。そういう経験を一切していなかった子どもは、いろいろな障害をもつ子どもと一緒に暮らすのをいやがったり、また、どう介助したらよいかわからないので、ただみているという状態です。小さいときから一緒に育ち、まわりの大人の介助の仕方をみているとおぼえるのですが。幼年期に障害児と共に育ち合う経験をもたないできた子どもは、たぶん、おとなになっても、どう対処していいかわからないし、いやがると思います。ですから、小さいときに障害児と共に暮らすことのできる子どもは、かえってしあわせということになりますよ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 168ページ
  • 出版社: 築地書館; 新版 (2016/12/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 480671531X
  • ISBN-13: 978-4806715313
  • 発売日: 2016/12/19
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 179,837位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2017年9月12日
Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。エヴァンゲリオン アスカ