Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 560

¥ 45の割引 (7%)

ポイント : 166pt (29%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[春河35]の文豪ストレイドッグス(1)<文豪ストレイドッグス> (角川コミックス・エース)
Kindle App Ad

文豪ストレイドッグス(1)<文豪ストレイドッグス> (角川コミックス・エース) Kindle版

5つ星のうち 2.5 119件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 文豪ストレイドッグス(角川コミックス・エース)の12の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 560
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 605 ¥ 1

紙の本の長さ: 190ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

孤児院を追われた青年・中島敦は、とある自殺志願の男を助ける。男の名は太宰治…国木田、与謝野らと共に異能力集団「武装探偵社」に所属し、「人食い虎事件」を調査していて…!? 新感覚横浜文豪異能力アクション!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 88304 KB
  • 紙の本の長さ: 1 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 角川書店 (2013/4/4)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00CJ5NSHG
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 119件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
山月記は虎になる話ではない、虎になってはいけないよという話であり
羅生門は獣を解き放つ話ではないし
宮沢賢治は体が弱かったし
細雪は大粒の雪じゃないし(作画の人も原作読んでないのかな)
怒りの葡萄は葡萄そのものよりも神の怒り、いわゆる不条理な運命に翻弄される人々のことを指している
原作をちょっとでもリスペクトすればキャラクターや能力に更に深みを出せるし(文豪が熱意を込めて生み出したのだから当然なのだが)原作を知っている人もニヤリとさせられるはずだがそういう要素はない
かといって異能力バトルの代表格といえるジョジョの奇妙な冒険のように能力を最大限活かすような使い方や、能力同士の組み合わせによる戦い方の広がり、敵の能力をどうやって推理するかという楽しみ方は出来ない。敵が懇切丁寧に能力をわざわざ喋って教えたりする場面があったり、能力をただぶつけるという決着も多い。能力の弱点や相性を知恵と勇気で補うのは基本だと思うんだけどなあ
一つの戦いに明確な目的があるわけでもなく、それが次の戦いに続く、というのも見えず
結果として僕の心に残ったのは綺麗なイケメンの絵です。これだけでも買う価値はあるんじゃないですかね
妙齢の男性の敵キャラの描き分けは苦手なのか痩けた頬の不健康そうなおじさんが多いのですが
...続きを読む ›
コメント 426人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
名立たる文豪たちの名前をした見目麗しいキャラクターが、それぞれの有名作品の名前をした異能力でバトルするお話。

もっと異能力に関して、その作品のパロディというか、「ああそうそう、そういう作品だよね、そこ面白いよね」となるポイントが練り込まれているかと思ったのですが、そんなこともそれほどなく。
ただ単にその文豪が書いた作品の名前を既存の能力名にあてているだけ、という印象でした。
キャラクター自体に関しても、その文豪の名前がついているだけ、な感じが否めなくて悲しいです。
独特な台詞の言い回しや言葉の使い方、自殺本を読む太宰とか、ちょっとクスリとするポイントはありました。
そういう部分を各キャラクターでもう少し強く押して広げて、小ネタ濃度を高くしたらもっと楽しくなりそうに感じます。
2巻以降も読み続けていったら変わるのでしょうか?

もっと文豪に対する愛を感じたかったです。
文学好きには向かない印象です。
厨二的雰囲気が好きで作家と作品名を単語帳的感覚で覚えたい人や、近代文学に馴染みがない人、実在の文豪と全く照らし合わせることなく読める人なら楽しめるかもしれません。
コメント 218人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この漫画が世に出た時から絶対滑ると思ってたのですが(すみません)意外や意外、アニメ化も決まったらしいので4巻までは読みました。
もともと文豪の名前なんて借りてるだけだろうな、と思っていたし画力も見たまんまなのでそこは気にならなかったのですが、原作者のストーリーテリングが下手くそすぎませんか……。原作者とは言うけど、単なるアイデアマンだったんじゃないかとしか思えません。何の話をしたいのか、探偵社が何を目的に集まっているのかわからない。そもそもキャラ立ちのしていないキャラをたくさん出しすぎててメイン(と思われる数人)以外のキャラがあやふやです。
まあでもバトルはアニメに向いていると思います……画力がこれなので何がどうなってるのかはいまいちよくわかりませんが割と派手にドンパチですので。
こんな漫画なので文豪たちはみんな美男美女に描かれているのにフィッツジェラルドだけどう考えてもグレードダウンさせられてるの解せない……現実だったら間違いなく一番ハンサムなのに……
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
とにかく文豪とその作品に関する理解がなさすぎて、まったく設定が活きてない。
文豪をモチーフにしている以上は、文豪のキャラクターや文学作品のオマージュ的な要素が不可欠なハズなのに、
これはまったくそんなことは的外れもいいところ。
とりあえず、適当に文豪と文学作品の名前を使って、ありきたりな能力バトルやってるだけ。
中高生が授業で一度は習うような作者、作品ばかり扱ってるクセに、なんでこんなに理解がないのか甚だ疑問。
「こいつ現代文の授業寝てたんだろうな」と思ったのは私だけではないだろう。

また、作品化するにあたって文学について学ばない作者も作者だが、
こんなものをしれっと通す編集者も編集者でどうかしてる。
まさかとは思うが、作者のみならず編集者までが文学音痴なのか…それともやる気ないのか。

まぁ、でも、絵はうまい。
そこだけが唯一の救いだったので、
「話作る能力なくてもね。原作者つけてやればいいしね」
と半ば無理やり自分を納得させようとしていたのだが、表紙を見て愕然。

原作者いるっていう。
えーっと、原作者外していいんじゃない? 要らないでしょ、これなら。
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover