この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

文豪さんへ。近代文学トリビュートアンソロジー (MF文庫ダヴィンチ) (MF文庫ダ・ヴィンチ) 文庫 – 2009/12/23

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

あの作家が好きな近代文学をモチーフに書き下ろし!
名作には別の顔があることを、作家が教えてくれる。時代を超えて読まれ続けている近代文学の魅力とは何か?
当代の人気作家6名が、好きな近代文学をモチーフに短編を書き下ろし、自らが選んだ文学作品のおもしろさを語る。モチーフになった近代文学作品も収録、合わせて比べて楽しめる、名作がより身近に感じられるアンソロジー。
北村薫『縁側』(夏目漱石『門』より)/田口ランディ『虎』(中島 敦『山月記』より)/貫井徳郎『あるソムリエの話』(葉山嘉樹『セメント樽の中の手紙』より)/夢枕 獏『陰陽師 花の下に立つ女(ひと)』(坂口安吾『桜の森の満開の下』より)/宮部みゆき『手袋の花』(新美南吉『手袋を買いに』より)/吉田修一『洋館』(芥川龍之介『トロッコ』より)

内容(「BOOK」データベースより)

時代を超えて読まれ続けている近代文学の魅力とは何か?当代の人気作家6名が、それぞれ好きな近代文学作品をモチーフに短編を書き下ろし、自らが選んだ作品のおもしろさについて語る。モチーフになった文豪の作品も収録。合わせて比べて楽しめる、近代文学がより身近に感じられるトリビュートアンソロジー。名作には別の顔があることを、作家が教えてくれる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 237ページ
  • 出版社: メディアファクトリー (2009/12/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840131465
  • ISBN-13: 978-4840131469
  • 発売日: 2009/12/23
  • 梱包サイズ: 15 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 909,556位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2010年2月8日
形式: 文庫
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。softbank simsoftbank