中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

文藝春秋 2017年 03 月号 [雑誌] 雑誌 – 2017/2/10

5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 970 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

第156回芥川賞受賞作発表 山下澄人「しんせかい」

この雑誌について

勇気ある中正さと幅広い人の自由な発言


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 文藝春秋; 月刊版 (2017/2/10)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01N382RNA
  • 発売日: 2017/2/10
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 雑誌 Amazonで購入
安楽死のことが特集されていたのと、芥川賞の作品を読めたのが良かったです。フェリーに乗って移動する予定があったので、その時に読みたいと思って買いました。沢山興味深い記事があり、楽しめました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌 Amazonで購入
芥川賞受賞作品を読むために、3月と9月は欠かさず買っています。芥川賞は単行本を買うほどの期待はないためこれで十分です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロビーナ 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2017/2/10
形式: 雑誌 Amazonで購入
大特集「安楽死は是か非か」はタイムリーで読み応えがある。

いちばん衝撃的だったのは
近藤誠医師による
「日本中の病院で広く行われている、
患者本人への説明なき『鎮静』という名の殺人」の告発。

鎮静(セデーション)とは、安楽死法のある
緒外国でも使われる睡眠剤や麻薬を終末期の患者に
注射して、深い持続的な鎮静=永眠にいざなうこと。

日本のホスピスの草分けと言える有名施設で
「体が楽になるように、もう少しウトウトと
休めるような方法がある」程度の説明しか行われずに、
全入所患者の7割近くに鎮静が行われているという。

「緩和ケア医らは、抗がん剤による全身倦怠感などで
不穏・興奮状態に陥った患者にケリをつけるために
鎮静を行っている」

「抗がん剤をすすめる主治医をずっと信じて
つらい副作用に耐えてきたのに、いきなり
『もうおしまい。緩和ケアへ』と言われてしまう。
ショックと絶望で錯乱・興奮状態に陥った患者に、
引導をわたすかのように、鎮静という最終手段を
本人への同意なく行使しているのではないか」

わたしの父も、
...続きを読む ›
2 コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌
最近はたまにしか買わなくなっていましたが、たまに読むとそのクオリティの高さに感服させられます。今回は安楽死の記事目当てでしたが、期待に違わぬ力のこもった特集でした。他の記事も実に読み応えがありました。『トランプはサイコパスである』はサイコパスがただの精神異常者ではなく、意外と偏在していることに驚きました。『安倍昭恵「家庭内野党」の真実』はアッキーの破天荒な言動の裏にある本質をうまく述べていると思いました。その他、立花隆氏、塩野七生氏の連載はいつものことながら、乙武洋匡氏の論考も新たな発見がありました。これだけ昔ながらの伝統を大事にした、文字だらけで硬派な雑誌は今時大変貴重ですので、ずっと継続していただきたいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す