通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
文藝春秋 2017年 01 月号 [雑誌] がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★送料無料、Amazonから発送&保証付。表紙に多少スレありますが書き込み等なく中身キレイです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

文藝春秋 2017年 01 月号 [雑誌] 雑誌 – 2016/12/9

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 930
¥ 930 ¥ 137
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 文藝春秋 2017年 01 月号 [雑誌]
  • +
  • 文藝春秋 2017年 02 月号 [雑誌]
総額: ¥1,810
ポイントの合計: 27pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

この国とはこう付き合え 司馬遼太郎記事あり

この雑誌について

勇気ある中正さと幅広い人の自由な発言


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 文藝春秋; 月刊版 (2016/12/9)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01N57LHVL
  • 発売日: 2016/12/9
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 雑誌
ちゃんとした雑誌作れるじゃないか!
なんと今回は読みふけってしまったではないか。こんなに良いものを作れるんだったら日頃からちゃんとしてろ…と言いたくなる。

いつも貶している塩野七生だが、今回のコラムは非常に説得力があった。いじめの本質を突いている。立花隆も、なんだ、真田丸(俺は好かんが)のことを引き合いに出して、ドラマとはなんたるかを論じている。

ともかく色々勉強になった。編集部、これからも頑張ってくれ!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
電通元常務の論文に注目したい。電通新入女性社員過労死事件を論じたもの。電通の特殊な経営体質が以前から指摘されていたが、著者は電通の広告業界特有のユルユル経営体質、労務管理体制の欠如、コンプライアンス(法令遵守)、コーポレートガバナンス(企業統治)の甘さが今回の事件の原因であると分析する。その通りであると実感した。民間企業である以上、実績本位は当然であろう。そこから超過勤務が常態化するのは自然の成り行きである。しかし、過労死したのは新入社員である。ましてや1年目の新入社員が過労死する勤務とはいかなるものだったのか、想像を絶するものがある。1年目は研修中心に、経験に応じて責任ある本格的仕事を任せるのが通常であると思われるが、新人に重い責任とノルマを課すとはどういうことか?一流大学卒の知的エリート集団の会社であるとはいえ、酷すぎる。社訓にある「殺されても仕事を手放すな」という文言は、過酷な勤務が当たり前の会社ではないかと想像したくなる。飲み会の幹事を新人に任せ、深夜に上司が説教するとは普通の会社ではない。著者は冷静に広告業界の業態変化、特にネット広告の拡大が今回の事件の背景にあると指摘する。実績を上げるために24時間いつでもネット対応できる姿勢が社員に必要であると言う。であるならなぜ、無理なく対応できる勤務体制をすみやかに整備すべく経営陣は対処しないのであろうか。ここに電通最大の問題があ...続きを読む ›
1 コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌
電通残業・・・
2015年北関東を襲った東日本豪雨
殆んどの常総市職員の残業時間
平均約230時間・・
残業手当だけでも一人40万円以上
誰一人 文句や愚痴を言う人は
いなかったそうです・・・?
それと対照的なのが
近くの救急指定病院の医師・看護士達
不眠不休の体制で奉仕
報酬は一円も請求しなかったそうです 
常総市職員は金の為に残業したのでは?
辞退するのが当たり前でしょう
このように残業も受け止め方で
だいぶ違ってきます
好きな仕事なら時間やお金は関係ない
営業職なら朝起きてから寝る前までが
就業時間
頑張りすぎて労災の認定になられた方々は
社会には大勢おります
能力があれば終身雇用にとらわれずに
転職
それとも常総市職員達みたいに
金のために・・・
しがみ付いてでも・・・・・・
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌
幅広く知識が増えて参考になります
ジャンルを問わず紹介してるので、万人受けすると思います
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す