中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 《24時間以内に発送致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷や焼け、汚れ等がある場合がございますが、問題なく読んで頂けます。すべて、消毒清掃・小口研磨をして発送致します。また、領収書をご要望の方は商品注文後、お取引連絡にて、ご連絡お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

文系ビジネスマンでもわかる数字力の教科書 単行本 – 2010/9/9

5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,140 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 702 ¥ 35
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

■29のポイントで、仕事に必要な「数字力」がすっきり全部身につく本

本書の著者は、1000人以上もの経営者に面接してきたという注目の経営コンサルタント。
歴戦の現場での体験からわかった、いまのビジネスに最も必要な「数字の読み方・使い方」について、丁寧に噛んで含めるように書いている。
ファンクショナル・アプローチで話題の改善士・横田尚哉氏は本書に「コミュニケーション本やプレゼン本の前に読むべき本だ」との言葉を寄せている。

著者によると、9割のビジネスマンにとっては、「簿記の知識も計算力も必要ない」。
エクセルや電卓が一瞬でできることを時間をかけて身につけても仕方がないとのこと。たしかにそうだ。
では、どのような能力が必要なのか。書かれているのは、以下のようなことだ。

○仕事のすべてを数字で考える
○ 「会社の数字」は分けて考える
○「いちばん小さい数字」に変える
○「ABC」より「%」を使って話す
○相手に基準を持たせる
○「数字の法則」であたりをつける
○「見えない損失」を見る力をつける

……などなど。すべて、数字を「どう生かすか」をポイントに書かれており、具体的でわかりやすい。
私自身、これまであまり数字を意識せずに仕事をしてきてしまったが、もっと若いときに本書のような本があれば、仕事人生が変わったのではないかと思えてしまう。

「数字力」を磨けば、合理的な意思決定のプロセスが身につき、テンポよくベストの判断を重ねていくことができる。
そうした判断の「質と量、速さ」がイコールその人のビジネスマンとしての能力なのだと著者は言う。
ビジネスの数字を俯瞰できるようになり、日々の業務へのセンスを養う本書は、まさしく、これからのビジネスマンにとっての「新しい教科書」と言える1冊だ。

内容(「BOOK」データベースより)

これからの時代、「数字は苦手でして…」では真っ先にクビ!29のポイントで、いまのビジネスに必要な「数字力」がすっきり全部身につく本。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 200ページ
  • 出版社: 大和書房 (2010/9/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4479793011
  • ISBN-13: 978-4479793014
  • 発売日: 2010/9/9
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 58,849位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
数字を使って議論するクセをつけることのメリットを説く本。
“文系”とタイトルにあるように苦手意識のある人にもとっつ
きやすいよう平易な内容になっています。

特に気になったエッセンスは以下。
・会社の議論は「定量敵分析」から「定性的分析」が正しい順序
・数字を細かく落とし込む程にやるべきことが見えてくる
・大きな数字は分解して中身を見る
・数字は他社(横)と過去(縦)を比べて意味をつかむ
・8割の「作業」の時間を抑制して、2割の将来の利益につながる時間を作ろう

また、最後に纏めで出てくる意思決定のプロセスも参考になります。
1)前提を確認する(立ち止まって前提を疑う)
2)他の選択肢を検討する(ゼロベース、
3)判断材料を定量的に表す

ちょっと数字に信用を置き過ぎ(客観的な判断なんてありえません)
なところはあります。それに、社会人として当たり前の話ばかりです
が、それができていない(知らない or 実践できない)人が多いのも
事実。1時間で読めますので、社会人スキルの復習(自己チェック)
として一読するのにお勧め本です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sandroc 投稿日 2010/9/10
形式: 単行本
計算(暗算)が得意でも簿記をマスターしていても、それは仕事の能力とは関係ない。関係があるのは数字力。では数字力とは何なのか・・・という導入。
1章は若干かったるく一瞬「ん?」と思ったが、「仕事で数字を使えるようになるには、やみくもに数字の知識を身につけても意味がない。ではどうすれば会社の数字をつかめるのか(会社の現状をつかむにはどの数字を見て、どう解釈したりくらべたりすればいいのか)」といったテーマの2章から尻上がりに面白くなっていく。さすが「仕事の数字をつかむ術」(そういうサブタイトルがついている)。
コンサルならではの「統計グラフの見せ方のトリック」とか、著者は元国税調査官だということで、国税が日常からやっている数字力のトレーニング法なんて話が紹介されているのも面白かった。あとがきのエピソードもいい。
トピックがテンポよく並んでいる構成で、次々読ませる文章力も好印象。
なかなか勉強になる。良書。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
先日、私は会社の重要な会議において、2度続けてエクセルの数式ミスを行ってしまった。
その反省から「ビジネスの数字の不備に気付く能力を磨きたい」と思い、アマゾンで関連本を購入。
その内の1冊が本著。

非常に勉強になった。

<本著からの学び>
1)数字力を持ち、合理的に意思決定している人は3%。実は定性的に発言している人が驚くほど多い。
  感情を抜きにして「数字をもとに合理的に考えると」という視点を持つ事が重要。
→ 自分が直近判断した事は、本当に数字をもとに「合理的」に発言していたか?意思決定できていたか?
   を考えさせられた。自分も3%の仲間入りが出来るように、常に数字を根拠に合理的に考える力を磨きたい。

2)ビジネス上のイシューツリー作成の基本は、一番上は利益であり、その下が(1)売上増 (2)Cost減である。
利益から始めると今の議論がどの位置にあるのかが分かる。
→ 最近、仕事上でロジックツリーを作成する機会が増えたが、本来その最上位に位置しているのが「利益」で
ある事を学んだ。経営層や上司とコミュニケーションをとる際に、意識したい。

3)数字の分析は、「分ける」と「比べる」が基本であ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
数字のマジックなど、決して知らない話ではないのですが、「あぁぁそういうカラクリだったのかぁ」と腑に落ちる話がいっぱいです。
「数字に強くなりない」なんて大それたことを考えていない人でも、読んでみて面白いと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告