通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
文章読本 (中公文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

文章読本 (中公文庫) 文庫 – 1996/2/18

5つ星のうち 4.4 34件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 409
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 617
¥ 617 ¥ 155

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 文章読本 (中公文庫)
  • +
  • 文章読本 (中公文庫)
  • +
  • 文章読本 (中公文庫)
総額: ¥2,036
ポイントの合計: 64pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

正しく文学作品を鑑賞し、美しい文章を書こうと願うすべての人の必読書。文章入門としてだけでなく文豪の豊かな経験談でもある。〈解説〉吉行淳之介


登録情報

  • 文庫: 236ページ
  • 出版社: 中央公論社; 改版 (1996/2/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4122025354
  • ISBN-13: 978-4122025356
  • 発売日: 1996/2/18
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 18,127位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 キングスロード VINE メンバー 投稿日 2006/2/19
形式: 文庫 Amazonで購入
 谷崎潤一郎の文学作品を読むたびに、中身の面白さは勿論のこと、その美しい流れるような文章に感銘を受ける。
 この「文章読本」を読むと、谷崎がいかに苦心して文章を書いているかが推察される。

 この読本はなるべく多くの人に読んでもらうように書いたと述べているが、古文、漢文などが引用されて難解なところもあった。私は特に漢文はほとんど飛ばして読んだ。しかし、親切にも重要なところは太字で書いてあり、浅学の私でもなんとか読み終えることができた。
  
 ・・・口語文といえども、文章の音楽的効果と視覚的効果とを全然無視していいはずはありません。(本文37Pより)
 これが谷崎の流麗なる文章の秘訣なのだと目から鱗が落ちる気がした。
 また、「言霊」とは言葉の魅力のことで、言葉はそれ自体が生き物で人間が言葉を使うと同時に、言葉も人間を使うと説く。

 私はこの読本は非常に参考になった。例えば、文章を書く時につい気取って衒うような根性を戒めている。これからレビューを書く上でも気をつけたいと思った。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/11/24
形式: 文庫
なるほど、と納得させられる面と、内容的に古い面とがありますが、全体的に事細かで親切で、著者がどれだけ心を砕いて文章を綴っていたのかがよくわかる一冊です。
近頃考えることもなくなった、日本文の「美しさ」を再認識させられました。
近代文学がお好きな方、日本語自体にこだわりのある方、純文学作家をめざしていらっしゃる方などにお薦めしたい本です。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
時代は異なりますが、今でもそっくりそのまま通用する教本であると言えます。他の読本では多少気になる説教じみたところが全くなく、極めてオープンで素朴、人間の五感を考慮した幅広い視点で「文章」について語られており、谷崎氏の美しい文体の秘密が解説されているような気がします。とりわけ、谷崎氏の英語に関する教養や、新しい動きに対する前向きな姿勢には感動すら覚えます。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
谷崎潤一郎という作家は、漱石・鴎外・芥川・太宰等と言った所謂文豪の中でも、最も日本語を愛した作家として知られている。この作品においても、最も重要な根底に横たわるものとして「日本であること」という考えは大いに用いられており、逐一日本語の性質を明快に切り開く本著は、誠に素晴らしい。恐らく考えられるであろう日本語の、文章の上達法の正攻法を余すことなく書き表しているというのも一つの特質としては余りあるものであるが、それ以上に、日本語であることを徹底的に尊ぶ著者の姿に、読者は感激を覚える。含蓄のある文章とは何か。文章とはどうしたら上達するのか。この本を読めば十二分にわかる筈である。名著。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
本格的な文書読本です。自分としては一番が三島文章読本、2番がこれ、3番が井上ひさしです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 あえて「ハウ・ツー本」と書いたのは、非常に実用的な本だからである。世間一般でいう「ハウ・ツー本」と同じという意味で書いたのではない。

 本書の前書きが昭和九年になっているので、およそ60年前の作品ということになる。にもかかわらず、現在においても、よりよい文章を書くための重要なヒントを与えてくれるとは素晴らしい。

 日本の文壇に名を馳せた小説家が大事な部分に太い文字を使うなど、心憎い心配りだ。

 この本を読むのは四・五回目になる。私は、日ごろから文章を書くときに注意している点が幾つかあるのだが、今読み返してみると、殆ど文章読本に書かれていた。自分で編み出したつもりでいたが、自分が思っていた以上に影響を受けていたようだ。

 少しでも興味を持たれた方には、お読みいただくことをお薦めする。特に日常的に文章を書く方には必読と言ってよいでしょう。

 

 
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
美しい日本語、表現の仕方を規則・形式として身に付けることも、ある程度は可能だろうし、又、必要だろう。しかし、この書で谷崎氏が私たちに教えようとしているものは、その形式のみに止まらない。根底にある日本人の文化であり、歴史であり、「日本語」を使う際に求められる精神についてだろう。私たちが日頃、根拠も無く抱いている外国語(英語)への優越感や劣等感の理由までも谷崎氏は明快に示してくれている。この一冊は日本語についてだけでなく、外国語への考え方まで一変させてくれるのではないだろうか?
つくづく感じたのは、「谷崎潤一郎という人は心から言葉を、文章を、日本語を愛していたのだなぁ」ということである。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー