中古品
¥ 23
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

文章力の鍛え方 単行本 – 2007/7/14

5つ星のうち 3.9 22件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 23
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 617 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「文章力」はコミュニケーション能力です。コミュニケーションをとるのが上手な人は会話もうまい?でも会話力を身に付けるには 文章力がなくてはならない?
そうです。「文章力」「コミュニケーション力」「会話力」この3つは、ちゃんとつながっているのです。
この書籍は文章力をあっぷすることを目 的にしています…ということはコミュニケーション力も会話力も格段とアップするということです。
日常の生活の中で、ちょっとしたことにひと工夫するだけで、文章力はめきめき上達します。それは、電車の中であったり、ドラマやスポーツをテレビで見ているときだったり、会議のときでもいいです、お昼を食べにいくときでもいいです、映画を見ているときでも、友人と話しをするときでも、ブログに書き込みするときでも、いつだって、ちょっとしたことを知っていれば、すべてがトレーニングになります!
少し文章を書いてみて、発信するこっとの面白さを知ると、もっと書きたくなるのです。何かを発信する、根拠をを もって発信する… もしかしたら、何かにとりつかれたように、文章を書くのが好きになってしまうかもしれません。そのためにも文章力鍛えてみませんか?

出版社からのコメント

たくさんの事例が載っています。
きっと、一つひとつ試してみたくなるはずです。
いくつかの方程式に当てはめながら、文章を作成していく
ことができます。その方程式は一度覚えてしまえば、口癖
のように、世の中の事象を文章に変えていくことができま
す。
これなら、簡単にできそうじゃないですか?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 220ページ
  • 出版社: ソーテック社 (2007/7/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4881668285
  • ISBN-13: 978-4881668283
  • 発売日: 2007/7/14
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 379,724位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
この本の表題は「文章力を鍛える」。
なので、様々な文章ーーメール・小論文・小説・作文・議論・果ては、クレーム文やラブレターなど多くのジャンルを扱っています。

ついでに、おまけ的扱い(?・当然、思考力には論理力も分析力も必要と思いますが)で分析力や論理的思考力を鍛える方法も提示されています。
それと、物書きには大変うれしい描写力をあげる方法もしっかり書かれています。

筆者、趣味で同人小説を書いておりますが、文章も内容もすばらしく丁寧な良著で非常に参考になりました。

私と同じように、少しでも良い文章を書きたいという人には、非常に参考になるでしょう。

追伸・しかし、友達、知り合い以外の他人様のブログに反対意見を持って、殴り込みを掛けるのを勧めるのは、どうかと思いました。
なれ合いやほのぼのを推奨する管理人だったら、この上ない迷惑でしょう。
この本は、比較的年齢の高い大人が読むビジネス書寄りの内容とはいえ、十代二十代、軽はずみの行動が多い年代の人がみたら、「まずい」のではないかと思います。
1 コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 cyclone トップ1000レビュアー 投稿日 2015/10/28
形式: Kindle版 Amazonで購入
短くて、すぐ読めるが、文章を書く上で幾つか参考になった。物事を伝える4部構成「~だろうか」「たしかに……しかし……」「なぜなら……」「したがって……」はすぐに使えて、人を説得する際に考える視点としても役立つと感じた。文章を書くのが苦手と思っている方におすすめ。

【学びのポイント】
1)「れる」「られる」の見分け方
 ・注意してほしいのが、「れる」「られる」の使い方です。
 ・「れる」「られる」は本来、「ラ変」がどうとか「五段活用」がどうなど、実は非常に難しいものなのですが、それをじっくり考えているとわからなくなってしまうでしょうから、簡単な語法をお教えします。
 ・ 一番簡単なのは、命令形が「ろ」で終わるものは「られる」で、「れ」で終わるものは「れる」と覚えてしまうことです。
 ・「食べろ」なら「食べられる」であって、「食べれる」とはなりません。
 ・ 「走れ」なら語尾が「れ」なので「走れる」となるわけで、「走られる」とはなりません。

2)物事を伝えるときに使える4部構成
 ・小論文の基本的な文型は、四部構成で成り立っています。
 ・それをパーツに分けると、「~だろうか」「たしかに……しかし……」「なぜなら……」「したがって……」です。
 ・この四部
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 書評家 VINE メンバー 投稿日 2007/9/13
形式: 単行本
日ごろ一番書く文章ってなんだろう?
って考えてみた。それは圧倒的にメールである。
悲しいかな、まともにペンで原稿用紙にしてもレポート用紙にしても、
何か文章を書くことの少なさに改めてびっくりしてしまった。
ならば、この本に書かれている手法で、電車のなかで、気になる人や
物事、車窓から流れる風景を見ながら、文章を組み立ててみた。
これがまた面白い。
乗換えで一駅しか名乗らない地下鉄の車中も「あ、あの女性」なんて
ところから事象を考えはじめてみる。ところが次の駅で降りなくては
いけない。なんだか口惜しい。
その動悸のような気持ちを感じながら、次の路線に乗り換える。
すぐさま事象を見つけ、文章にしていく。これは面白い。
まるで推理小説の中に自分がいるようだ。
しかし、残念なことにこれは文章を書く思考を鍛えているのであって、
文章を書きとめっているのではない。
こんなことを数日繰り返していると、冒頭に書いたように、文章を書く
機会がないことを痛感する。
そこで、この本の中にも一部だけ小論文を書いてみようというところが
ある。そこに感化され小論文を書いてみる。
文字数を適当に決めて、やってみる。
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
文章そのものの書き方、たとえば「てにをは」や感動するような風景描写の書き方について書いている本ではなく、
どのように意見を持ち、どのように発信するのかについて重きを置いて書かれた本です。
特に、文章が上手くなりたいけど、そもそも何を、どうやって書いたらいいのかわからない、という人が本書の対象読者として適切です。
肩肘を張って原稿用紙に向かうような「文章修行」ではなく、実生活に気軽に導入できそうな訓練方法を説明しているのが本書の良さだと思います。

本書では以下のような事が書かれています
* ものごとを考えるときに、どのように論理を詰めていくのか
問題提起 - 自説の説明 - 根拠 - 結論の四部構成の組み立て方、論理構造の掘り下げ方、など
* 上記の訓練方法
見た映画の説明をする、スポーツで勝負の分析をする、乱暴な仮説を立ててみる、など
* 描写力・表現力の訓練方法
目に見えたものを描写する、中づり広告に反論する、文章を写す、など
* 論理敵思考力の訓練方法
討論番組にツッコミを入れる、ビジネス書の裏づけを探す、など
* 読み手の興味の惹き付け方
書き出しを意識する、 「笑わせる」努力をする、ここぞという場面でクローズアップする、大げさに表現してみる、など
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー