Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 734

¥ 87の割引 (11%)

(税込)
ポイント : 7pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[石黒 圭]の文章は接続詞で決まる (光文社新書)
Kindle App Ad

文章は接続詞で決まる (光文社新書) Kindle版

5つ星のうち 4.4 33件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 734
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821 ¥ 352

商品の説明

内容紹介

「読む人にわかりやすく印象に残る文章を書くために、プロの作家はまず、接続詞から考えます」。ふだん何気なく使っている接続詞の具体的な役割を知り、効果的に使う技術を磨く。

内容(「BOOK」データベースより)

多種多様な役割を知り、効果的に使い分けるには―接続詞使用のセンスを磨くための小辞典。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1151 KB
  • 紙の本の長さ: 191 ページ
  • 出版社: 光文社 (2008/9/20)
  • 販売: 株式会社 光文社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00GU4R7QU
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 2,606位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
文章をわかりやすくするには、「一つの文章を短くすることが大事」と言われています。でも、長い文章を二つや三つに分けた場合、前後の文章がうまくつながらないときってありますよね。

どうすれば「一つの分を短くできるのだろうか?」「スムーズに前後の文をつなげられるのだろうか?」と考えたときに、この本に出会いました。

この本は、体系的に展開されていて、とてもわかりやすい本です。私は、どの接続詞を使うかどうか、迷ったときに辞書的に使うこともあります。
たとえば、「『ですから』が連続して使われているので、違うものに変えたい!」と思ったときに調べて、同じ系列の「したがって」や「そのため」が候補として出てくる。こんな感じで使います。

気になる点は、左右の紙面に文字がびっしり入りすぎていて、真ん中(前ページの最後の行と次ページの最初の行)の文字が読みにくいことでしょうか。
これさえなければ、星五つですね。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
著者は、本書プロの物書きが最も気にするのは実は「接続詞」であり、最も扱いが難しいとしています(しかし、一般的に文法の書籍での接続詞の扱われ方はあまり大きくない)。

大学の論文や、企業に入ってから文書を書く経験の中で、接続詞の用法に困ったことってご経験ないでしょうか?著者も指摘していますが、この「接続詞」の使い方次第で、読みやすくうまい文章になったり、読者の思考を阻害したりする可能性があります。

本書は、その接続詞の役割をいくつかのカテゴリを豊富に紹介しながら、使い方によるニュアンスの違いなどを詳しく説明しています。
新書にしては珍しいですが、わりと辞書的にも使える書籍だと思います。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
長文を書く際、接続詞の使い方が重要になると思い本書を手に取った。

これまで文章の書き方に関する本を何冊か読んできて、本書は別格だと感じる。
最近の文章の書き方に関する本は、ライターや編集者、人気ブロガーのものが大半
だが、著者は言語学者であり、大学で文章論を担当していることもあり解説が詳しい。

この接続詞は、どういった役割でどのような効果があるのかといった説明の
分かりやすさもさることながら、それを説明するのに使っている例文がまた秀逸。
これまで読んできた本は、この例文があまりよくないがために、説明が理解しづらい
と感じることがあった。

本書を読むまでは、基本的に文章は1文1意で完結に書くのが良いと思っていた。
しかし、接続詞の使い方次第で複文でもこれほど読みやすくなるという例を目の当たりにし、
日本語の奥深さと自らの未熟さを改めて思い知らされた。

接続詞の役割や使い方を論理的に知りたい人にはオススメできる1冊。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
ただいま読了

文書スタイルなんで、文章だけで説明されており、
読み返すのが大変
ポイントをノートに書くと大変身につくと思う
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
文章にはリズム、というものがある。それを支えるのが接続詞と言っても過言ではない。

論文だろうと小説だろうと、この接続詞一つで、どう転ぶかわからない。俄然、盛り上がる。

この本を一読した後、簡単な辞書を作ってみると良い。接続詞の辞書だ。そうすれば作る過程で勉強になり、物になる。そして、自分オリジナルの辞書が出来上がり、調べるとき便利だ。

ぜひ、お試しあれ(^^)v
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
接続詞の使い方やそのボキャブラリーの少なさで
思い悩んでいる方に効果がある本です。

接続詞の一覧があり、こういう時にはあの接続詞が使えるのか、と実際のシーンに即した使い方か多く載っています。実用的です。接続詞の使い方が単調になりがちな人はテンポを改善できると思います。

すでに接続詞を使いこなしている人であれば
自分の使い方と隔たりがないか、確認することもできるのではないでしょうか。

最後に、接続詞はわりと強制力の働くことばもありますので 、流れが強引になってしまうこともあります。そういう時は使わないのもひとつの手です。使いすぎにはとくに注意が必要です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover