通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
文春新書054 幼児教育と脳 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し使用感ありますが、中古としては状態はキレイです。当店でクリーニングをしておりますので気持ちよくご使用頂けます。プチプチを使用して梱包しますので輸送ダメージを受けにくい状態で、迅速に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

文春新書054 幼児教育と脳 単行本 – 2013/10/17

5つ星のうち 3.1 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 745
¥ 745 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 文春新書054 幼児教育と脳
  • +
  • 「学力」と「社会力」を伸ばす脳教育 (講談社+α新書)
  • +
  • 「やる気脳」を育てる (単行本)
総額: ¥2,946
ポイントの合計: 90pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

人の親なら誰でも、自分の子どもが明るく元気に、そして愛情深く聡明で個性的な人間に育ってほしいと願っているだろう。そういう子どもたちが増えることこそが、日本の、いや、世界の未来にとって、とても大切なことだ。しかし、現状は逆のように見える。なぜか?そして、どうしたらよいのか?その答えは「幼児脳教育」にある。


登録情報

  • 単行本: 219ページ
  • 出版社: 文芸春秋 (2013/10/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166600540
  • ISBN-13: 978-4166600540
  • 発売日: 2013/10/17
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 70,270位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
神経科学の分野では未だ結論というほど確たる理論はでていない。
まして「神経科学を元に」子育てうんぬんというのはどうかと思うが。
それよりもこの本のレシピ、まともに実行すると境界例チルドレンを量産する可能性が高い。
もしこの本を読むなら必ず他の本、例えば松本 元の「愛は脳を活性化する」(一般向け)「情と意の脳科学」(専門向け)等を読んで、自分なりに比較して欲しいところだ。
しかし、あなたが「わたる世間は鬼ばかり」「エヴァンゲリオン」のような「境界例がいっぱいな、鬱陶しい家族」を夢見るなら良書かもしれない。
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一見、”脳科学の成果から教育手法を考える”

という立場で書かれているように見えますが

実際は、大半が著者の憶測。現在の脳科学は、

教育手法の開発に直結するようなレベルには

達していません。著者の主張を否定するよう

な研究成果も探せばいっぱい出てきます。と

にかく、人間関係で大きな問題起こすような

人が教育を語っても説得力をもちません。
1 コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/4/23
形式: 単行本
最近、こどもたちの中に「考える」ことができない子どもたちが増えているという。「考える」方法すら知らないというのだ。著者によると、人間を人間らしくしているのは脳の中の前頭葉と呼ばれる部分の働きによる。そして、人間社会に適応するためには前頭葉がきちんと成長していなければならないのだ。そのために、PQ(前頭前知性)を高める教育が非常に重要となってくるというのだ。それも8歳までに。 ではどうすればPQ教育ができるのだろうか。それはこの本を読み進めていくと自ずと導かれる。と同時に今の現状を恐ろしく感じることだろう。 輝ける未来を持った子どもたちに大人は何をしてあげねばならないのか。本書は我々大人が見過ごしてきた大切なことを再発見させてくれるはずである。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 良子 投稿日 2011/2/1
形式: 単行本
身籠になって、ピンクでデカい育児本が読みにくいので、新書にそれらしいタイトルの本を見つけて購入しました。著者の大先生は、自称マトモな学者でウンタラカンタラ、ウンチクカンチク、結局のところの幼児教育は何をしたらいいのかは単なる憶測風、話の飛び方は見出しタイトルを無視、妊婦をイラつかせる本でした。ふぅん、と思う所がなく、言い回しになんとなくムッとくるのは妊娠中のホルモンのせいではないと思います。でも、いつか万が一役に立つかも知れないので★ニコン。
1 コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
幼児教育とは言い換えると親の教育である。親の意識をどうやって、広げるか、高めるかが重要である。
そういったところで、脳科学から幼児教育へのアプローチは大変参考になる。
「将来へ向けた計画・展望、夢」「自主性・主体性、独創性、集中力」「幸福感、達成感」ということを根幹として、「普通の環境」の中で育てていく。
現代では、親がこういったことを意識的にしなければ、「普通」ではなくなってしまう。
脳科学の発達と共に、親の意識改革がとても重要になっていると思います。したがって、本著はとても参考になり、親への応援歌ともいえる内容になっているため、新しい親御さんにお薦めです。(頭の固い人には理解は出来ないようになっています)
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ミヤコ トップ500レビュアー 投稿日 2007/9/25
形式: 単行本
やや難しく、脳科学のことを知らない私にとっては難しい箇所も
あったが、基本的には、
「人間を人間たらしめているのは大きく発達してきた前頭連合野
であり、ここの中心的役割を果たしているのが自我。そこを鍛える
ことが人間としての生活を豊かにしていく」というもの。

また、その他に可塑性が大きい8歳までが言語教育を含む教育に
とってもっとも重要な時期であること、早期英語教育が必要なこと、
前頭連合野を鍛える方法等が書かれている。

その専門家の書なので参考になるところが多かったが、若干難しい
箇所があったのが難点だった。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者が、脳を研究してきた成果から、現在の子育てや社会のあり方にひと方ならぬ
憤り・やるせなさを感じているのがよくわかりますし、共感できる部分も多々あります。
ただ、基本的に私は 子供を『親の思いどおりに育てる』とか『早期英才教育で天才に』とか、
親のエゴ先走りで『子供なりのペースや人格を認めていないやり方』 は嫌いなので。。。
(ついでにいうと『素のままのびのび育ってほしい』ので、妙にいじくるのはちょっと。。。)
そういう意味ではこの本も『親のおしつけの早期教育』を手厳しく非難しているくせに
『子供が得意とする分野で、子供がすすんでやるなら』 偏向でもかまわないから
集中的に伸ばせ。。。という部分は、ちょっといただけません。
また、なににつけても『脳の発達への影響が。。。』みたいなのも、ちょっと違う気が。
脳だけで子育てを語れるものでもないと思うので、科学的知見がもの凄いからといって、
子育てのレシピまで「おっしゃるとおり」 とそのまま実行に移す必要はないと思います。
なにかと策を弄するのではなく、素直に『親にも子供にも心地よい環境』を
それぞれのスタイルにあわせて心がけていれば十分ではないでしょうか。
(特に、モーツァルトを連発されるとちょっとうんざり
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック