¥ 3,024
通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
文明の衝突 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

文明の衝突 単行本 – 1998/6/26

5つ星のうち 4.2 40件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 731
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 文明の衝突
  • +
  • 文明の衝突と21世紀の日本 (集英社新書)
総額: ¥3,802
ポイントの合計: 116pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

西欧への挑戦を続ける「儒教―イスラム・コネクション」は核拡散の深刻な危機を招くのか?
どちら側にも入れない日本は…。世界的な国際政治・戦略学者の著者が21世紀の国際情勢を鋭く予見!

第一部 さまざまな文明からなる世界
第一章 世界政治の新時代
第二章 歴史上の文明と今日の文明
第三章 普遍的な文明? 近代化と西欧化

第二部 文明間のバランスのシフト
第四章 西欧の落日:力、文化、地域主義
第五章 経済、人口動態、そして挑戦する文明圏

第三部 文明の秩序の出現
第六章 文化による世界政治の構造変化
第七章 中核国家と同心円と文明の秩序

第四部 文明の衝突
第八章 西欧とその他の国々:異文化間の問題点
第九章 諸文明のグローバル・ポリティックス
第十章 転機となる戦争から断層線(フォルト・ライン)の戦争まで
第十一章 フォルト・ライン戦争の原動力

第五部 文明の未来
第十二章 西欧とさまざまな文明と単数形の文明

内容(「BOOK」データベースより)

これは、孤立する日本の未来を予測する衝撃の書なのか。21世紀の国際情勢を大胆に予測する衝撃の書。世界的な国際政治学者、戦略家S・ハンチントン教授が発表した挑戦的ベストセラー、待望の刊行。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 554ページ
  • 出版社: 集英社 (1998/6/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087732924
  • ISBN-13: 978-4087732924
  • 発売日: 1998/6/26
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 3.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 40件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,994位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
さすがノーベル賞受賞作品。読みごたえがあります。凄いのは、数年前の作品にも関わらず、今の世界情勢を読み解くにフィットしていると思われる点です。また、日本を独自の文明社会と捉えられている点で、日本人であるという部分をくすぐられますね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 「歴史に残る本なので、買っておいて損はしない」というレヴューを見て購入。
本書に予言された事の多くが現在現実になっているのに驚きました。
1. 中国の大国化(日本のGDPの2倍以上)
2. イスラム圏と西欧の部分戦争(イラク戦争)
3. 北朝鮮の核武装エスカレート(本書の成立した1996に既に持っていたと本書に書いてある)
等々。 尚、本書を読んで「国際社会と協調して・・・」の国際社会=西欧社会の事だと初めて分かった。
 尚、翻訳のせいか本書は必ずしも読み易い本ではない。(分野は違うがピケティ「21世紀の資本」は易しかった。)
本書を読むためには世界地図を片手に読まないと内容が理解できないと分り読み終り近くで慌てて世界地図を購入した。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書は、冷戦終結後の1990年代に米国の外交雑誌に掲載された著名な論文をベースに構成された書籍である。

本書では、世界の主要な文明を8つ程度に分類している。そして、冷戦の終結により、資本主義 対 共産主義というイデオロギーを軸とした世界構造は終わり、次に登場するのは文明を軸とした構造であると予言している。それが、本書の大意である。

本書が出版された1990年代から現在(2017年)までの世界を見る限り、本書の予言は見事に的中していると言える。おそらく、少なくとも今後数十年間は的中し続けるであろう(著者自身が本書において、文明を軸とした構造は21世紀半ばまでであり、それ以降については不明であって、この構造が数百年というスパンで継続するとまでは述べていない。)。

本書出版後における過去20年間ついて、私がざっと思い出す限りにおいて「的中」したと言える事象を列挙すると、以下のとおりである。

・米国を含む西欧キリスト教文明とイスラム文明の衝突
  イラク、アフガン、シリア、リビアなどにおける紛争。欧州で多発するテロと移民問題。
・西欧キリスト教文明とロシアを中心とした東方正教会文明の衝突
  東欧諸国のNATOへの加入。ウクライナ危機とロシアのクリミア半島への侵攻。プーチン
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
古本で購入したが読書の上では何の問題もなかった。
大変興味惹かれる本であったので楽しく読みました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
イスラム国のテロが日常化している現在、二十年近く前に書かれたこの著書を読み直し、再評価することは、意味深い。それは、今日の状況をどれだけ予測しえたかというよりも、むしろ、その論拠をもう一度たどってみることに価値があると思う。

著書の中で今でも、論点と感じるのは、下記の2点。

1) 今後の衝突を左右する世界の3地域の動向
アメリカ:過去の西欧の歴史から、自分たちの文明こそが普遍的なものだと錯覚し、多文明の存在を十分に理解せず、反発を招いている。
東アジア:もともと民主的政治制度が確立しにくい文化であり、国家間の協力関係も弱い。中でも文化的に孤立している日本は、対中国は勿論のこと、今後、難しい判断を迫られる。
イスラム:東アジア同様、民主主義が育ちにくい文化ではあるが、急激な人口増加に伴い、その勢力は急激に拡大していく。

2) 何が衝突を決定づけるのか
何が衝突の根本的な原因になるかについて、本書では、それは、イデオロギーや経済や人種ではなく、「文明」という言葉で表現されている。しかし、その「文明」という言葉が真に何を意味するかは明確に示されていない。著書の中でも、それぞれの文脈に応じて、「社会構造」とか「文化的な血縁意識」などという表現が使い分けられている。それらの表現の中でも、
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「いずれ世界は統一され、人間は共通の価値観を共有できる地球市民になるだろう」という観測に対して徹底的に反論する本だ。
人類の歴史と今世界で実際に起きていることを客観的に観れば、 そんな希望的観測は殆ど実現しないことがわかる。

ネットが普及しようが経済的にボーダレスになろうが、 混ざり合って価値観が似通ってくるなんて事はありえない。
厳然として民族紛争・宗教紛争・隣接する国家間の衝突や不仲が多いのが現状だ。
人種等の観念が薄れる気配も、国境がなくなる気配も、世界のどこにもない。
逆に世界は「カオス化」する。ますます複雑化した先の見えない場になっていくだろう。

ごく一部の日本人が期待している東アジア共同体は、おそらく成立しないか、成立してもEUのような組織にはなれない。
なぜなら、政治・経済体制が一致しないし、価値観も全く違うから。
それに、中国人の中華思想や韓国人の民族意識は、日本人が想像するよりずっと強烈。
北京の人間は上海の人間を下に見る、 上海の人間は香港の人間を下に見る、香港の人間は福建の人間を蔑視する…。
同じ中国人同士でさえ中華思想でランク付けされてて所詮化外の地である日本や朝鮮半島東南アジア各国の人間なんて中国人からすれば所詮は蛮族 でしかない。<
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー