通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
文明の子 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

文明の子 単行本 – 2012/1/20

5つ星のうち 3.3 25件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 文明の子
  • +
  • マダム・キュリーと朝食を
総額: ¥3,132
ポイントの合計: 52pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

地球、そして地球とは別の進化を成し遂げた星の過去と未来に秘められた謎。新たな文明へと踏み出すために動き始めた子供たち。果たして人類の行く末は生か死か? 絡み合うパラレルワールドが紡ぎ出す壮大な物語! 斬新なスタイルで描かれる太田光、渾身の書き下ろし小説。

内容(「BOOK」データベースより)

地球、そして地球とは別の進化を成し遂げた星の過去と未来に秘められた謎。新たな文明に踏み出すために動き始めた子供たち。パラレルワールドが絡み合い紡ぎ出す壮大な物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 312ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2012/1/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478017719
  • ISBN-13: 978-4478017715
  • 発売日: 2012/1/20
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 371,817位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 KT 投稿日 2012/5/5
形式: 単行本
自分がこういった種類の小説をあまり読まないせいか、あまり面白いと思わなかった。

まず心情・情景などの描写が稚拙であまり臨場感が伝わってこない。臨場感がないのでリアリティも感じないし、言いたいことが伝わってくる迫力を感じない。変に科学用語が散りばめられているが、小説の構成上、いびつな感じを受け、違和感を感じる。
折角非現実な設定(物語で運転するクジラなど)をしているのならば、それを徹底的に細かく臨場あふれる描写、その非現実的な設定を下に考えつくされた展開に持って行ったほうが、読者をぐいぐいと引き寄せる迫力が生まれたと思えてしょうがない。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
爆笑問題太田さんの二作目の小説ですが、今回は処女作で作風もなんとなく理解できていたのですんなり読み進めることが出来ました。

まあ、きれいな物語だと思います。
ただそのきれいさは、物語自体が面白くなくてもいいというエクスキューズになってしまっているようでした。この話しを良いと思わないなんて感受性がないんだね〜って声が聞こえてくるようです。

正直、まともに読めるなと思ったのは短編仕立てになっている章のなかで、マナブとソラ、出来損ないのヒーローの二つだけでした。
全編がSF風味なんですが、やや科学的な知識が・・・
詳しい訳はないんですから、だったらブラッドベリみたいに中学生レベルでも一点突破すれば良かったと思いますが、学者の先生に会う機会が多いせいか、聞きかじったみたいな科学知識が散見して話しがとっちらかってしまった印象です。

太田さんが某小説家の本を「長すぎる俺なら何ページで〜」と評していたらしいですが、私は7,8ページの章だったマナブとソラが、太田さんの手で150ページくらいに書き直した物なら、もう一度読みたいなとは感じました。
そうすれば氏が書きたくないことが見られるんじゃないかなと。

今作までの二冊は太田さんの考えているようなことを紹介する本として、ファ
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぽっちー 投稿日 2012/1/29
形式: 単行本
構成は素晴らしく、非常に読みやすかったが、太田さんがメッセージとして発信されている想像力やオリジナル性はあまり感じられませんでした。手塚治虫の火の鳥や宮沢賢治の銀河鉄道の夜の枠内に留まっていて、先がよめてしまった点が残念でした。ただ、「空はきっと」の中で、「自分が今までに発明したものは全部、必ず、過去に誰かが考えたことのあるものの続きなんだって…」とあるので、想像力やオリジナリティは過去から続く文明の上に成り立つものであり、それを肯定して咀嚼して自分たちの世代のオリジナリティに昇華していこうぜ、といった解釈かなとも思いました。もしもそうだとしたら、太田ファンとしてはやや物足りないな〜というのが正直な感想です。太田光としての新境地を期待してしまいます。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
僕は太田光という人の思考・思想に、親近感を持っている。よって、かなり期待して読んだ。のだが、これは…

小説好き・読書好きに、お勧めできるレベルには達していない。
文章は推敲の入っていない第一稿のようで稚拙。冗長なのは、ムダな副詞が多すぎるからか。職業作家の作品だったら、公開できる段階ではない。出版社の担当者には猛省を求める。「もしドラ」の再現を狙ったのだとしたら、とんでもなく浅はか。

科学者や子どもの言動に、リアリティーが感じられない(ありそうな感じがしない)。登場する装置は総じて、小学生の空想のような代物。
『爆問』で、あれだけの学者・先生と「やりあって」いるのに、それが生かされていない。

図書館では順番待ちで、なかなか直ぐには借りられないかもしれませんが。ちょうど忘れた頃に読んでみて、「お金使わなくて良かった」と納得してもらっても良いような出来だと思います。
「太田光のファン」で、酷評を承知の上で応援したいという人は、買っても良いでしょうが…
僕はこの本、たぶん手放すと思う。

「太田光」に何を期待するか? 例えて言えば、それは「ゲロ」である。
触れるもの全てを溶かす危険なゲルであってもいい。あるいは、得も言われぬ芳醇な香りを発する、「ゲロ」の
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック