通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
文庫 機械より人間らしくなれるか? (草思社文庫) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇通常配送無料◇中古品の為、カバーに微傷・スレ・上端に小ヨレ、カバー及びページ周りに薄いヤケ、表紙に縦折れ跡角折れがございますが、通読に問題はありません。◇24時間365日Amazonから安心、確実に素早く発送します。◇お急ぎ便(プライム)、コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いも可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

文庫 機械より人間らしくなれるか? (草思社文庫) 文庫 – 2014/10/2

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 544

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 文庫 機械より人間らしくなれるか? (草思社文庫)
  • +
  • 文庫 思考する機械コンピュータ (草思社文庫)
総額: ¥2,192
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

AIが人間らしさを競うチューリングテスト大会に人間代表として参加、勝利を誓う著者。でも勝つにはどうすれば…? 人間を見る目が変わる科学ノンフィクション。

内容(「BOOK」データベースより)

AI(人工知能)が進化するにつれ「人間にしかできないこと」はどんどん減っていく。人間はミジメにもAIとの競争に負け続けるのか。そしていつの日か「人間らしさ」さえも、AIが人間を凌駕する…?著者は、AIの人間らしさを測る「チューリングテスト」の大会に人間代表として参加し、勝利することを誓う。大会に備え、著者は「人間らしさ」を発揮できるよう訓練しようと考える。だが、いったいどうすれば?言語学者、情報理論学者、心理学者、法律家、哲学者とあらゆる専門家をたずね「人間らしさ」の正体を探究した成果とは?人間を見る目が変わる、科学ノンフィクション!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 534ページ
  • 出版社: 草思社 (2014/10/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4794220804
  • ISBN-13: 978-4794220806
  • 発売日: 2014/10/2
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 460,659位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
人工知能の草分けであり、情報理論の基礎を築いたクロード・シャノンはのちに妻となるメアリー・エリザベスと職場で出会った。場所はベル研究所。1940年代。クロードは戦時暗号と信号通信に関する工学者。
メアリーはコンピュータだった。

プロローグのつかみはオッケーですね(^-^)素敵な書き出しでしょう?これで本を手にとることになりました。
「チューリングテスト」の大会を通じて著者は「人間らしさ」について考察する科学ノンフィクション。ユーモアあふれる記述で楽しめました。

1940年代当時、計算士という職業があったそうです。なので彼女はコンピュータ(^-^)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック