通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
文庫 女子高生コンクリート詰め殺人事件 (草思社文... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 明記されていない場合は帯・付録・付属品などはございません。在庫が無い場合や、不備がございましたら返金にて対応させて頂きます。ご注文確認後エコ簡易梱包にて迅速に配送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

文庫 女子高生コンクリート詰め殺人事件 (草思社文庫) 文庫 – 2011/4/12

5つ星のうち 2.3 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 702
¥ 702 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 文庫 女子高生コンクリート詰め殺人事件 (草思社文庫)
  • +
  • 消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 (新潮文庫)
  • +
  • 桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫)
総額: ¥2,020
ポイントの合計: 48pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

1989年、東京足立区綾瀬。史上稀にみる凶悪な少年犯罪が起こった。法廷で犯人とその親たちが語った恐るべき事実とは。丹念な取材で衝撃の事件の全貌を描く力作ノンフィクション。現代の子育てと学校教育を考えるための最重要資料。単行本『うちの子が、なぜ!』改題。待望の文庫化。

内容(「BOOK」データベースより)

1989年、東京都足立区綾瀬で起きた女子高生コンクリート詰め殺人事件は、検察をして「犯罪史上においても稀に見る重大かつ凶悪な犯罪」と言わしめた残虐な事件だった。恐るべき犯行に及んだ16~18歳の4少年の素顔とは?生い立ちや親子関係、犯行時の心境をたどり、少年犯罪の闇、家庭や教育が抱える問題を指摘する。事件後、初めてその全容を明らかにした衝撃のノンフィクション。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 352ページ
  • 出版社: 草思社 (2011/4/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4794218184
  • ISBN-13: 978-4794218186
  • 発売日: 2011/4/12
  • 商品パッケージの寸法: 2 x 11 x 15 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 26,473位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
主に加害少年らの性格、家庭環境に焦点をあてて書かれてます。
公判での検察もしくは弁護士と加害少年らのやり取りがダラダラと続き、特にハッとさせられることもなく退屈してきたところで
今度は諸外国や国内の作家や哲学者、研究者の言葉を引用、そして公判のやり取りに戻り、また他人の言葉を引用、の繰り返し。
引用の都度、少年らの凶暴性はどこからくるのか、家庭内暴力はなぜ起こったのか?について作者の推測がまたダラダラと続く。
家庭内暴力について考察する本ならなにも本件を主題にする必要がない。
この本は中立でも被害者側でもなく、加害少年側に立って書かれてます。
加害少年らは、いかに愛に飢えていたか、寂しい思いをしていたかが綴られ
中でも主犯格へは賛辞ともとれる「頭が切れてリーダーシップと腕力にすぐれた」とされていて
更にその後も「リーダーシップ」、「頭がいい」というキーワードを何度か持ち出してリーダー格を描写。
ちなみに、被害者についての描写は高裁判決文を丸写し、もとい、引用したものと思われます。

この本を買って読んだのは時間と金の無駄でした。例え100円でも惜しいというくらい。
この本を読むくらいなら高裁判決全文を読んだ方が後悔がないと思います。
買わない方が絶対いいです。どうしても読みたければ古本屋で買うといいでしょう。
コメント 225人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
朧気にこの事件の事を覚えていたので、読んでみた。
が、結果は惨敗。
著者が何を言いたいか全く伝わってこなかった。
事件にかかわった少年たちの家庭を述べているが、想像と事実の羅列。
あとがきの方がよほどこの事件を端的にわかりやすく解説していた。
時間が勿体ないし、まして在庫がないからと言って、マーケットプレイスで高値で買うのは馬鹿馬鹿しい。
※在庫が無かったので他のネット系列の本屋で定価で買って読んだが、「代金返して!」の典型的な作品だった。
コメント 138人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
なんでしょう… 加害者の内情を詳しく知ったからって、赦せる犯罪じゃないよなぁ… 被害者と同じ事されてみろとどうしても思ってしまう。 途中、ものすごく読み飛ばした本でした。 ブックオフで105円だったんで、ま、いいや

星ひとつの価値も無い気がしますが、付けないと投稿できないし…
本当は星なしです。
コメント 144人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
くだらない判決の丸写し。引用ばかりでこの事件の本質を分かってない。 この程度なら馬鹿でも書ける。 良く出版出来たもんだ。 加害者の事などどうでもよい。 彼女の苦しさ絶望が伝わらない。 彼女のご冥福をお祈りします。
コメント 80人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
鬼畜どもの生い立ちなどどうでもいい。本書のほとんどを鬼畜そして両親の生い立ちが書かれている…犯罪者の多くは何かにつけて…あ〜これ書いてる時点で時間の無駄だ!事件の概要は後半からである。被害者の方安らかに…鬼畜ども地獄へ堕ちろ!
コメント 73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 香織 投稿日 2012/6/5
形式: 文庫
タイトルとノンフィクションというところに惹かれて買ったのに残念極まりない…
全然頭に入ってこないし…なんか残念なものでした。
加害者の生い立ちが長くて長くて…
どんだけ加害者のこと書いてもやったことを考えたら同情なんてできませんし。
久々に買った本なのに非常に残念です…
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カエル太郎 投稿日 2015/3/19
形式: 文庫
主犯各の少年は頭が良いそうだけど賢くはない。利己的な場合にしか発揮されない良さだ。
社会の歪みや家庭の暴力が要因とかなんとか言ってる間は同じような事件はある程度の期間をおいて繰り返されると思う。
何故なら好き勝手な事をして原因を問われたら自分の気の毒な生い立ちのせいにしてしまえば良いのだから。
確かに恵まれなかったのだろう、けどそれを踏またうえでやったことの責任を取らないといけないと個人的には思っている。
人は他人の事を人として見ないと何でも出来る。集団になるとなおさらだ。彼女は人として見なされず、したことに対して反応してくれる玩具とされて、最後には飽きて処分されてしまったのだ。
人としての人権どころか人間として扱かわれなかったのだ。

個人的にこの事件の被害者の女性がされた事を考えると、罪を償って更正の~とか言うがとてもじゃないが償えるような罪ではないと思っている。犯人の少年達の性格を知るのに家庭環境を知る必要はあるが、やった罪への酌量にはならないとも思う。

この事件を知るときにこの本は適さないのではないか?加害者側しか詳しく書かれていない、裁判の内容がまんま書かれていても中立とは言えない。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー