新品:
¥1,100
ポイント: 11pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 10月21日 木曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日10月 20日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
返品・交換の条件: 返品が可能な商品です
お届け時の状態で商品を返品いただくと、返金を受けられます
文庫 ルーズベルトの開戦責任 (草思社文庫) がカートに入りました
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

文庫 ルーズベルトの開戦責任 (草思社文庫) 文庫 – 2017/4/4

5つ星のうち4.5 151個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本 ¥5,345 ¥1,320
文庫
¥1,100
¥1,100 ¥750

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • 文庫 ルーズベルトの開戦責任 (草思社文庫)
  • +
  • 文庫 アメリカはいかにして日本を追い詰めたか: 「米国陸軍戦略研究所レポート」から読み解く日米開戦 (草思社文庫)
  • +
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか: フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ニューディール政策を厳しく批判し、米国伝統の非干渉主義の立場から、第二次大戦への関与に反対していた著者ハミルトン・フィッシュ下院議員(当時)は、フランクリン・ルーズベルト大統領が最も恐れ、かつ最も憎んでいた共和党の重鎮である。フィッシュは真珠湾攻撃後のルーズベルトの対日宣戦布告に同調するも、のちに大統領が日本への最後通牒を隠していたことを知り、日本との戦争は対ドイツ参戦の前段にすぎず、チャーチルとルーズベルトこそがアメリカをこの戦争に巻き込んだ張本人であると確信するに至る。本書は、大戦前夜の米政権の内幕を知る政治家が自ら書き残した、現代史の相貌を根底から覆す驚くべき証言である。

著者について

1888-1991年。ニューヨークのオランダ系WASP(通称ニッカーボッカー)の名門に生まれる。祖父はグラント大統領政権で国務長官をつとめ、父は下院議員に選出された政治家一家。ハーバード大学卒業後、1914年、ニューヨーク州議会議員となる。第1次大戦では黒人部隊を指揮して戦う。帰還後の20年、下院議員に選出(~45年)。共和党の重鎮として、また伝統的な非干渉主義の立場から第2次大戦への参戦に反対するも、対日最後通牒(ハル・ノート)の存在を隠して対日参戦を訴えたルーズベルトに同調する議会演説を行なう。後にこれを深く後悔、戦後は一貫してルーズベルトの、ニューディール政策に代表される議会を軽視した国内政治手法とスターリンに宥和的な外交を批判し、大統領の開戦責任を追及した。

日本近現代史研究家。北米在住。1954年、静岡県下田市出身。77年、東京大学経済学部卒業。30年にわたり米国・カナダでビジネスに従事。米英史料を広く渉猟し、日本開国以来の日米関係を新たな視点でとらえた著作が高く評価される。著書に『日本開国』『日米衝突の根源』『日米衝突の萌芽』(第22回山本七平賞奨励賞受賞)『朝鮮開国と日清戦争』『アメリカの対日政策を読み解く』など。訳書にマクファーレン『日本1852』、マックウィリアムス『日米開戦の人種的側面 アメリカの反省1944』など。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 草思社 (2017/4/4)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2017/4/4
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 文庫 ‏ : ‎ 427ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4794222661
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4794222664
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 151個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
151 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年9月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
107人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年5月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
47人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年9月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
63人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年6月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
47人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト1000レビュアー
2014年10月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
238人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年1月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告

他の国からのトップレビュー

Mitsunori Hosono
5つ星のうち5.0 Respect for peace
2018年12月20日にアメリカ合衆国でレビュー済み
Amazonで購入