通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫) 文庫 – 2006/9/16

5つ星のうち 3.9 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,534
¥ 1,389 ¥ 139

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)
  • +
  • 文庫版 邪魅の雫 (講談社文庫)
  • +
  • 文庫版 塗仏の宴 宴の始末 (講談社文庫)
総額: ¥4,698
ポイントの合計: 143pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

存在しない犯人。それは鬼神だ。
京極堂、「鳥の城」へ。

「おお! そこに人殺しが居る!」探偵・榎木津礼二郎は、その場に歩み入るなりそう叫んだ――。嫁いだ花嫁の命を次々と奪っていく、白樺湖畔に聳える洋館「鳥の城」。その主「伯爵」こと、由良昂允(こういん)とはいかなる人物か? 一方、京極堂も、呪われた由良家のことを、元刑事・伊庭から耳にする。シリーズ第8弾。

※商品のパッケージ変更に伴い、掲載画像とは異なったデザインの商品が届く場合がございます。あらかじめご了承ください。

内容(「BOOK」データベースより)

「おお!そこに人殺しが居る!」探偵・榎木津礼一郎は、その場に歩み入るなりそう叫んだ―。嫁いだ花嫁の命を次々と奪っていく、白樺湖畔に聳える洋館「鳥の城」。その主「伯爵」こと、由良昂允とはいかなる人物か?一方、京極堂も、呪われた由良家のことを、元刑事・伊庭から耳にする。シリーズ第八弾。


登録情報

  • 文庫: 1226ページ
  • 出版社: 講談社 (2006/9/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062754991
  • ISBN-13: 978-4062754996
  • 発売日: 2006/9/16
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.8 x 5.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 42,927位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/2/18
形式: 文庫 Amazonで購入
2003年8月リリース。京極堂第8弾、1,203ページ。読んでいてだんだんミステリーの種明かしなんてどうでも良くなってくる。というのは既に碩学披露の部分で充分に内容が濃く、十二分に読むに値するからだ。本作も途中の儒教と林羅山に対する考察とハイデッガーとの比較の部分には唸ってしまった。最早この段階で読む価値は充分だった。よって種明かしなんて重要でもないな、と思うのだ。不思議なミステリーである。

何しろ日本人の根底にある考え方、というモノ自体が実際は羅山らによって見事に書き換えられ、勝手に修正されたモノである、というのは確かにその通りだと思う。だれも京極のように宗教世界に幅広い見識を持っていないので、仏教も神道も儒教も混ざろうが消されようが認識できないのだろう。そこが実は付け目で、不勉強な脳に誤った認識、あるいは原典とはかけ離れた認識を刷り込んでしまう。かくて中国や韓国の大陸の原典とは遙かにかけ離れた、それこそ宗教性すら逸したモノができあがる。それが井の中の蛙である僕らには全く意識されない。

それらはハイデッガーとナチス・ドイツの関係のように、例えば林羅山であれば徳川四代と結びつき、庶民のコントロールに最適なツールとなってしまう。それは既に学問ではなく、マインド・コントロールだ。閉じられた世界の統率のされ方、それが本作のテーマにも思える。凄い作品だ。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ユ。 投稿日 2008/11/16
形式: 文庫
前作の超長編を体験していたので覚悟していたのですが、今回は京極堂の歴史解説うんちくが少ないせいか、大変読みやすくなっていると思います。

今までの百鬼夜行シリーズは飛ばし読みは厳禁でしたが、今回は多少飛ばしても、理解できます。(私はもともと本を読むほうではないにも関わらず、本シリーズにハマってしまったので、気が抜ける感じで、なんとなくほっとしました。京極氏はこんなこと意図していないと思いますが…。)

推理小説ではなくても推理をしてしまうミステリー小説。今回は生死観、儒教を主に取り扱っています。ほとんどの読者は最初の段階で犯人の察しがつくと思いますが、京極堂の憑き物落しでは、やるせなさを感じます。しかし、思ったよりも切ない気持ちが残らなかったのは、ラストシーンでのやり取りがあるからだと思います。

前作で完全に「壊れた」関口君ですが、今回はちょっと逞しくなった気がします。今後の彼の活躍に期待。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本作から発売は文庫版と分冊版と同時になるようですね。わたしは迷わず文庫版を買ってしまいました。今までずっと文庫版だったから―というのが理由ですね。こだわっているわけではなく、単に慣性です。
文庫版のメリットとしては、まず表紙を飾るあの妖怪のグラビアですね。表紙を開けると同じ模型の、アングルを変えた写真がもう一枚出てくる。アングルを変えただけで随分と表情や雰囲気が変わってくるんですね。わたしあれ、結構好きなんですよ。それに、カバーの表紙にひっかかる部分、あれなんていうのかなぁ、表紙をめくると大抵は著者の紹介が書いてある部分ですね、あそこに文庫版は著者の紹介の代わりに本編を連想させる一葉の写真が刷ってあるんですね。あれがまた良い。あと、読ませる作家の作品を一気に読むことができるところも文庫版のいいところ。ただ、ひっくり返して言うと、読み出すとなかなか区切りがつかない。余暇向きの造りなんですな。通勤通学に読もうという人は、携帯の利便性も考えて分冊版の方をおもとめになる方がいいでしょう。
内容の方は、といいますと、不思議な、つまり一般的社会人が通有する(していると思い込んでいる)常識が機能停止してしまったような事件を、ある個人の宇宙観から演繹して解き明かしてゆくというスタイルは本作でも健在! こざっぱりとまとまった作品になっていると思います。ただこざっぱりとしている分だ
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 像石 投稿日 2006/9/27
形式: 文庫
京極堂シリーズは探偵推理小説をベースとした、筆者の論文である。

文学、歴史学、哲学、宗教学、民俗学、・・・そして妖怪学(?)に通じ一家言のある筆者が、その私見を発表する場である。

もちろんエンターテインメントたらんとすることにも重点をおいているが。

本作のテーマは死。

死生観についての論文である。

また一小説家として、探偵推理小説とは何かも問うている。

死とは、殺人とは、犯罪とは、そしてそれを扱っている探偵小説とは?

多くの読者はすぐに犯人は誰か判ってしまう。

しばし読むうちに仕掛けも判ってしまう。

しかし、本作においてもともと謎解き・犯人探しなどはどうでもよいのだ。

犯人のいない、

罪のない、

トリックのない、

連続殺人事件を取り扱っている、

探偵推理小説。

冒頭のシーンは我々に問うている。

死とは何か?
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー