通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
文庫版 死ねばいいのに (講談社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

文庫版 死ねばいいのに (講談社文庫) 文庫 – 2012/11/15

5つ星のうち 3.7 89件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 782
¥ 782 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 文庫版 死ねばいいのに (講談社文庫)
  • +
  • 数えずの井戸 (角川文庫)
総額: ¥1,776
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

嘘を重ねるほどに、真実に近づいていく。京極夏彦が紡ぐ究極の謎(ミステリー)
「王様のブランチ」「ダ・ヴィンチ」などで絶賛! 極上のベストセラー!!

死んだ女のことを教えてくれないか。三箇月前、自宅マンションで何者かによって殺された鹿島亜佐美。突如現れた無礼な男が、彼女のことを私に尋ねる。私は彼女の何を知っていたというのだろう。交わらない会話の先に浮かび上がるのは、人とは思えぬほどの心の昏(くら)がり。極上のベストセラー。<解説・辻村深月>

※本作品は2010年5月に単行本として刊行されたものです。文庫版として出版するにあたり、本文レイアウトに合わせて、加筆訂正がなされていますが、ストーリーなどは変わっておりません。

内容(「BOOK」データベースより)

死んだ女のことを教えてくれないか。三箇月前、自宅マンションで何者かによって殺された鹿島亜佐美。突如現れた無礼な男が、彼女のことを私に尋ねる。私は彼女の何を知っていたというのだろう。交わらない会話の先に浮かび上がるのは、人とは思えぬほどの心の昏がり。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 466ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/11/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062773511
  • ISBN-13: 978-4062773515
  • 発売日: 2012/11/15
  • 梱包サイズ: 15 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 89件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 266,542位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 6138 投稿日 2017/6/13
形式: 文庫 Amazonで購入
アマゾンで買った本のみレビューしています。物語・作り話が好きなので小説しか読みません。リアリテイー等は関係ありません。事実と違うなどと言ってる人がいますが、なぜ事実じゃないと知っているのでしょうか?学者が書いているから?不思議で仕方がありません。物語では信長は本能寺で死ななくてもいいのです。面白いか面白くないかのみが判断基準です。それではよろしくお願いします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
5年ほど前に書店で見かけ、ぎょっとするタイトルに興味かひかれて単行本で購入しました。
それからしばらくして書棚の整理をしているうちに、いつの間にか手元からなくなり、ふとまた読みたくなったので、kindleで購入しました。

初めに読んだ時には、「俺、頭悪いっすから」と何度も前置きをして持論を話すケンヤ君の一言一句に激しくうなずき、深く共感していたことを覚えています。したり顔で偉そうに説教してくる大人たちがケンヤ君にバッサリと切って捨てられ、「死ねばいいのに」と決め台詞を叩きつけられてしぼんでいく様子を読んで、当時学生だった自分は胸がすく思いをしました。

社会人になった今読み返してみると、ケンヤ君に再び共感するどころか、むしろ反感を覚えている自分に気が付きました。ケンヤ君の対話相手としてそれぞれの章で登場する隣人や母親、警官、弁護士などの方に今度は感情移入してしまい、死ねってそんな言い方あるかよ…ちょっと一方的すぎない?理想はそうだけど、実際はそうもいかないのがなぜ分からないかな、と逆にケンヤ君に苛立ちを覚える場面が多々ありました。そこに、話のくどさが重なって一息に読み切ったというわけではありませんが、オムニバス形式になっているのでとても読み進めやすかったです。

また5年後に読み返すと違った感想になるのでしょうか。とても楽しみです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
訊きたいと言っては否定、否定、否定、そして会話がケンヤ寄りに運び、相手にとって不都合なネタを持ち出す(出てくる)
「俺は馬鹿っすから」を盾にするが、最終的にはズバりと言い負かす。
筆者はケンヤと言う主人公をどんな人間像にしたかったのかが全く伝わらない。
「純粋」などと評しているレビューも見受けられるが、全てにおいて否定する姿は純粋なのか?ただの変わり者?それとも議論好き?
かなりチグハグな作品である事は間違いない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
京極夏彦の作品は好きなのですが、この作品は不愉快な人間が不愉快な人々を追求して行く話だと感じました。

主人公は常に無意識に自身を卑下している設定ですが、その言葉は詭弁で且雄弁です。
タイトルにも書きましたが、京極夏彦の思い描く馬鹿は賢すぎる。

また、周りを囲む人間も嘘をつき、他人を否定して、最終的に自分を否定されるという、非常にワンパターンな連
載だったのだろうと想像できます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2012/2/5
形式: 単行本
久々に京極さんの本を読みました。 …なんとももやっとした気分になったのでレビューという形でここに書かせてください。

「しねばいいのに」

今回のタイトルは何だか凄いですよね。 初めて書店で見かけた時はそのインパクトあるタイトルに物怖じしてしまいなかなか手を出さずにいました。

話の大まかなストーリーは他のレビュー様でもすでに書かれていますが、とある女性が死に…その女性のちょっとした知り合いだという男が女性の上司、隣人、恋人、母親、警察官と順々に死んだ女性について聞いていくという話になっており、話につながりはありますが一応短編?のような感じです。

京極さんの本読むのはこれが初めてという方にはとても新鮮な作品だと思います。

しかし、ある程度ミステリを読む方、または京極作品に慣れ親しんだ方は話の中編あたりでもう落ちがどうなるか分かってしまうかもしれませんね。

私個人としては途中で話のパターンが読めてしまい、どうしてもじっくりと読む気が起きなくなり、また締めの台詞もだんだん口説く感じたので飛ばし飛ばしに読んでしまいましたf(^ー^;

でもこの本はある意味前向きに頑張ろうという気持ちになれるお話です。

口説いと感じました
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー