通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫) 文庫 – 1998/9/14

5つ星のうち 4.1 144件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 410
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 994
¥ 864 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)
  • +
  • 文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)
  • +
  • 文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫)
総額: ¥3,834
ポイントの合計: 114pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

この世には不思議なことなど何もないのだよ――古本屋にして陰陽師(おんみょうじ)が憑物を落とし事件を解きほぐす人気シリーズ第1弾。東京・雑司ヶ谷(ぞうしがや)の医院に奇怪な噂が流れる。娘は20箇月も身籠ったままで、その夫は密室から失踪したという。文士・関口や探偵・榎木津(えのきづ)らの推理を超え噂は意外な結末へ。京極堂、文庫初登場!

※商品のパッケージ変更に伴い、掲載画像とは異なったデザインの商品が届く場合がございます。あらかじめご了承ください。

内容(「BOOK」データベースより)

この世には不思議なことなど何もないのだよ―古本屋にして陰陽師が憑物を落とし事件を解きほぐす人気シリーズ第一弾。東京・雑司ケ谷の医院に奇怪な噂が流れる。娘は二十箇月も身籠ったままで、その夫は密室から失踪したという。文士・関口や探偵・榎木津らの推理を超え噂は意外な結末へ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 630ページ
  • 出版社: 講談社 (1998/9/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062638878
  • ISBN-13: 978-4062638876
  • 発売日: 1998/9/14
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 11 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 144件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 20,268位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
中国からの読者です^^。中国にはこういう種類の作品の日本語版は本当に少ないです。前はずっと中国語版を読んでいたが、どうにもあっけない気がします。そのため、わざわざネットで海外から入手しました。
電子辞書を参考しながら、やっと最後まで読み終わったが、涼子姉妹とその母がなくなったところを読んでいるとき、思わずに涙がとめどなくなりました。同情や怒りや悔しさとか、いろんな感情が一斉に湧いてきて、実に複雑な心境になりました。自分もその夜の嵐を経験したような気がしました。本を閉じたしばらくの間、ぼーっとしていて、本を読んでこういう気持ちになるのはなんか久しぶりでした。実に素晴らしい作品だと思います。最後まで読まないと、真実に辿りつけません。そして、中途半端な理解ですが、京極夏彦さんが作品を通じて語り出した深い思考を誘う観念や、知識もまた作品のもう一つ見所になります。時間があったら、もう一度味わいたいです。そして、日本語の勉強も頑張らなきゃね^^。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私はとてもクレバーな構造を持った小説だと思いました。まず、認識論についての長い議論という先制パンチがあって、その後その理論をベースに謎解きが進んで行きます。つまり筆者が始めに、こうやって謎解きしますよ、と読者に教え、それから実際に謎を解いてみせるわけです。手の内をまず最初に明かすことを厭わない、というより敢えてやっているところに京極氏の自信の深さが窺えます。でもそれに見合う濃い内容のミステリーでした。
600ページ以上あり、またエンジンがかかるまでの助走がやや長めですが、一旦動き出すと一気に読めてしまいます。ミステリー好きでない人にもお勧めの一冊です。
コメント 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
普段は古本屋、時に神主、時に陰陽師の主人公・京極堂が活躍するシリーズ第1弾。

タイトルや表紙から、ホラーの類かと思う方もいるかもしれないが、
読んでいて怖くなってくる小説では無いので、そういうのを期待して読むと
ガッカリしてしまうので要注意。

後々の作品に比べて、まだそれぞれのキャラの良さが際立っていないが、
それでも間違いなく面白い。
少し分厚い本だけれども、全然飽きない。
それは、一見長ったらしく見える文章がこの作品にとって必要であり、また必要であることが
読者にとってもわかるからだろう(そう思わせるのがとても上手い)。

このシリーズは第2弾、第3弾・・・とドンドン面白い話が続いていき、それぞれ単体で読めないこともないではないが、やはりこのシリーズ第1弾から読んで行った方が後の作品を
楽しめるのは間違いないと思うので、興味を持った方はまずコレから読むことを
オススメします。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
圧倒的な文章をものする作家としてもはや確固たる地位を築いた京極夏彦が、一方でまたデザイナーとして装丁の分野でも活躍している事はファンの間ではすでに有名だ。その彼が自らの衝撃的デビュー作である本作をブローアップ、美しい四六版ハードカバーに再生させた。デザインはもとより紙質からフォントにまで拘ったまさに「職人のワザ」、書痴・京極堂ならではの美本となった。内容は最初のノベルズ版ではなく講談社文庫版を底本としており、特に新しい部分が加筆されているというわけではないが、実は購入者特典として、短編「川赤子」の豆本が貰える引換券がついている。ファンとしてはむしろこれ目当てに購入を決意する人も多いのではないか。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
当時京極の存在は知っていました。異常に太い、握力のつく本を書く作家だと。読むつもりは全然無かったのですが、タマタマ文庫化され手に取って見ると、もう止まらず、一気に読破してしまいました。

そしてラストのあの衝撃。正直この次の魍魎の方が面白いかもしれませんが、僕はこの小説から受けたショックを忘れられない。

そして、僕は毎年夏になるとこの本を手に取り、読破してしまう。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/2/14
形式: 文庫
この本から人物の紹介が始まります、シリーズを始めて読む人は、どれが1巻目なのか迷うかもしれませんが、この本が、シリーズ1巻目なのですよ。京極夏彦氏の本を始めて読みましたが、友人にこの本から読まなくてはいけませんと教わりました。僕の評価は、面白いか、そうではないかだけで判断するので5つ星か、1つ星しかならないけど、この本の後、はまってしまって立て続けに6冊このシリーズを読んだけど、分厚さを感じさせないほどの内容の濃さが活字中毒の僕には良かった。ですからこの本から読まなくてはいけませんよ。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック