通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
文庫版 塗仏の宴 宴の始末 (講談社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

文庫版 塗仏の宴 宴の始末 (講談社文庫) 文庫 – 2003/10/15

5つ星のうち 3.9 27件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,458
¥ 1,458 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 文庫版 塗仏の宴 宴の始末 (講談社文庫)
  • +
  • 文庫版 塗仏の宴 宴の支度 (講談社文庫)
  • +
  • 文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)
総額: ¥4,144
ポイントの合計: 126pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

後の始末をお願いします――。京極堂、覚悟を決める。

「愉しかったでしょう。こんなに長い間、楽しませてあげたんですからねえ」。その男はそう言った。蓮台寺温泉裸女殺害犯の嫌疑で逮捕された関口巽と、伊豆韮山の山深く分け入らんとする宗教集団。接点は果たしてあるのか? ようやく乗り出した京極堂が、怒りと哀しみをもって開示する「宴(ゲーム)」の驚愕の真相。

※商品のパッケージ変更に伴い、掲載画像とは異なったデザインの商品が届く場合がございます。あらかじめご了承ください。

内容(「BOOK」データベースより)

「愉しかったでしょう。こんなに長い間、楽しませてあげたんですからねぇ」。その男はそう言った。蓮台寺温泉裸女殺害犯の嫌疑で逮捕された関口巽と、伊豆韮山の山深く分け入らんとする宗教集団。接点は果たしてあるのか?ようやく乗り出した京極堂が、怒りと哀しみをもって開示する「宴」の驚愕の真相。


登録情報

  • 文庫: 1088ページ
  • 出版社: 講談社 (2003/10/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062738597
  • ISBN-13: 978-4062738590
  • 発売日: 2003/10/15
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 4.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 199,124位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
 さて、卓上にずらりと並べられた料理を賞味する時が来ました。

「宴の支度」でいかにも不味そうに見えた料理はやはり不味く、あるものは

食べる前に引っ込められていました。一見美味しそうに見えた料理も、味付

けが酷く悪かったりすっかり冷めていたりして、食べられたものではなくなっ

てしまっていました。酷い事に缶詰やレトルト食品まで供される始末。

 今まで旨い料理を提供してくれていた京極堂、手の込んでいるはずの晩餐

は一体どうしてしまったというのでしょう?

 変な比喩ばかりを開陳してしまいましたが、読者に考えさせる楽しみを与

えるような旨い伏線もなく、ただただ驚くような意外な事ばかりが披露され

ます。それはそれで見事なのですが、手法としては大変稚拙に感じました。

また、舞台を比較的近い過去にとっているだけに、そこからの現代社会を予

言するような台詞はたった一言であっても作品全体の品位を著しく貶めてお

りファウルです。加えて、今後に含みを持たせている訳でもないのに、きれ

いに始末を付けられていない粗雑な部分も多く
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 京極夏彦自身は「支度」と「始末」は別のもの。と言うらしいが、確かに不可能ではないがそれにしては「支度」の終わり方が不自然すぎる。やはり両方とも読むのがいいだろう。ただ自分の場合は間が空いてしまったが。
 下巻に入ってもすぐには本筋にはならない。また脱線して伏線が出てくるわけだ。まず、「支度」にはいなかった村上貫一という刑事。家庭崩壊中の中妻は怪しげな新興宗教に。加わって木場修太郎を捜している青木文蔵の視点と編集者である鳥口守彦の視点で基本的に展開される。苦労したのは登場人物が多いことだ。スローペースながら面白いので整理しながら読み進めるのに自分は苦労してしまった。読み終わってみるとそれもそのはずだと思う。だが、それだけの人を用意しての最後かというとどうも言えない。結末自体はミステリ的で好きである。よく考えてみれば、と何度思わされたことか。
 スローペースであり、なかなか本筋にはつながらない。伏線でもあるからはずせない位置ではあるが。それでも飽きなかったのは京極夏彦の巧さなのだろうか。会話で人を魅了する力はあると再実感。村人五十人殺しの謎、成仙道なる怪しげな集団や、寿命が延びるとか言うみちの教え修身会、韓流気道会という武道集団。京極堂の「世の中には不思議なことなど何もないのだよ」を噛みしめつつ、じっくり味わって欲しい。長いが、読む甲斐はあると思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「宴の支度」から続く物語。その厚さに比例し、主要8人に朱美、織作茜まで、
登場人物の数が半端じゃない。今回は登場人物たちがそれぞれの事情で
いつもよりシリアスになっており、鬱々とした中にも切迫感が増していたため、
最後の榎木津の暴れぶりに救われました。

博識京極堂によりわかりやすく語られる知識はもちろんのこと、
登場人物たちがそれぞれに魅力を放つこのシリーズですが、
やはり京極道と榎木津の登場は待ち遠しい!
厚さが増すにつれテンポダウンしていっている感がありますが、
限られた出番を楽しみに読み進めていっている自分がいじらしいです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ソラ VINE メンバー 投稿日 2006/12/28
形式: 文庫
相変わらず面白いのだけど、始末のつけ方に不満が残るため評価が下がりました。

これで京極堂の帝国陸軍時代の秘密裡工作部隊の話は終わったように思えたので

安心しかけたのも束の間。黒幕のパワーアップ部隊が、お子様の成長なども絡め

てまた登場するかのような終わり方。少しご勘弁の気分です。この黒幕の始末の

つけ方が一番愉しくなかったです。

私は京極堂シリーズの1作目からここまで連続して一気に読んでいるので、本が

出るごとに「待たされた」後、いよいよ手にとって読むのとは又違う感想にな

るのか、と思いますが、最後に実は何でも知っていた京極堂が全てを解決する、

というのプロットが、少々疲れてきました。

京極堂シリーズでは珍しい海千山千の成金主義、羽田氏と茜の絡みは面白かった

のですが、早々に死んでしまいちょっと残念。もっともこの二人の絡みなら、

京極夏彦というより、大沢在昌の世界になるかもしれませんが。でも、この

成金オヤジ、羽田氏の会話なども、京極夏彦さすが!上手です。

また、これだけの新規キャラクターデザインを既
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー