中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

文学賞メッタ斬り! 単行本 – 2004/3/18

5つ星のうち 3.9 31件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

業界騒然!読書家待望! 小説が100倍楽しくなる痛快文学賞ガイド

文学賞ってなによ? 芥川賞・直木賞から、話題のホラー小説大賞、メフィスト賞、ファンタジーノベル大賞まで、50を越える国内小説賞について、稀代の読書家大森望・豊崎由美の二人がアンタッチャブル徹底討論!
WEBマガジン「エキサイトブックス」で一大センセーションを巻き起こした掟破りの言いたい放題がさらにパワーアップ。
最新受賞作全採点「文学賞の値うち」付き。
読む前に、読むべし!

出版社からのコメント

綿矢りさ・金原ひとみの芥川賞受賞で脚光を浴びる文学賞。ところがその実情は意外と知られておらず、「文学賞ってなによ?」という素朴な疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。
 本書はそんな読者のための、明快かつわかりやすい文学賞ガイドです。賞の選考にも多く関わる稀代の読書家大森望・豊崎由美の二人が、50を越える国内主要文学賞について、どんな傾向のどんな賞で、過去にどんな受賞作を出し、読む価値があるのかないのか……等々徹底討論。各賞の成立事情や選考過程はもちろん、選考の内幕や賞をめぐる文壇ゴシップやトラブル・喧嘩・騒動にも斬り込み、歴史の古さや賞金額だけでは判断できない賞の「格」や「権威」についても、歴代受賞作をもとに独断と偏見で判定しました。「選評」を肴に選考委員を品評する一方、主要各賞最新受賞作を実際に読んで採点することで、文学賞ブックガイドとしての役割も持たせてあります。
今さら聞けない文学用語解説も充実、小説好きから文学ビギナーまで、読んで役立つ情報も満載です。
Webマガジン「エキサイトブックス」で昨年発表され一大センセーションを巻き起こした掟破りの言いたい放題が、約100時間にわたる語り下ろしを加えて大幅パワーアップ。“三度のメシより小説が好き”コンビの辛口かつ爽快な文学賞談義は、まさしく文学エンターテインメント! 芥川・直木最新受賞作緊急対談も急遽収録、今まさに旬の1冊、お見逃しなく!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 391ページ
  • 出版社: PARCO出版 (2004/3/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4891946822
  • ISBN-13: 978-4891946821
  • 発売日: 2004/3/18
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 578,718位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
2004年3月に出版された大森望氏、豊崎由美氏という二人の一風変わった(?)書評家による文学賞ガイド、「文学賞 メッタ斬り」シリーズの第1弾。ちょっと古いけど、今読んでもとても面白い。

二人と年齢も読書の趣味も近いせいか、出版社や文壇の人たちが読んだら怒り出しそうなこの「文学賞」ガイドだが、とても楽しく読めた。芥川賞、直木賞から、メフィスト賞やファンタジー・ノベル大賞まで、賞の成り立ちから、受賞作、選考委員や選考過程などなど、文学の批評というよりもまさに「文学賞」の批評になっていて、普段、あまり文学賞レースに関心のない私でもとても楽しく読めた。

日ごろ、あまり書評家の批評によって、自分が読むべき本を選んだりはしない自分だけど、この目利きの二人の書評は、とても参考にしている(最近は読む本というよりは読まないでいい本を知るためにだけど...)。自分もひねくれてるけど、二人はそうとうひねくれてるなぁ。

しかし、日本にはこれほどの文学賞が存在し、毎年多くの受賞作が生まれるにもかかわらず、長続きする作家がいかに少ないことか。一発当てるよりも、継続して面白い小説を書くことがいかに難しいことなのかの証。

このシリーズは、まだ出てるようなので、他のも読んでみよう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 Exciteの対談企画を文章化したもので、直木賞や芥川賞といった各文学賞の批評。選考の裏話や選考委員ネタなどを最近の文学事情等と絡めつつ紹介。

 かなり主観的でしたが面白かったです。これを読めば各文学賞が楽しめる…かも。巻末に各賞受賞作に対して点数をつけていますが、採点者によってまちまち。やはり作品の良し悪しの判断には、好みが大きく反映されると言わざるを得ないようですね。故にこの文学賞批判も一歩引いて、「そういう考えもあるんだな」というくらいに捉えておいたほうが良いかもしれません。

 文学事情に興味のある方にお薦めです。Exciteブックスの特別企画を参照してみてください。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2011/11/17
形式: 文庫
ここのレビューを読んで興味を持ち、中古商品でお安く購入。少し前の本なので最近の情報は載っていないが、「当たり」だった。

元出版社の編集者と小説好きのライター2人の文学賞をめぐる対談。何しろ、国内だけでも文学賞は500くらいあるという。芥川賞や直木賞はもちろん、推理小説、SF、サスペンス、ライトノベル系、さらには地方の文学賞まで、いや、こんなにあるのかと驚くほど、実に幅広い数の文学賞を取り上げている。

傾向、選者の好み、過去の受賞作や落とされた主な作品、受賞作家がそのご活躍しているかどうか、主催者側の裏事情や賞金、歴史、各種エピソードや裏話と、多彩な話題に花を咲かせ、あちこちユーモアを交えながら、まさにタイトル通り次々バッサバッサと斬っている。主観的な意見が入らざるをえないテーマだし、多少眉唾な話もありそうだが、それはこの本の趣旨であるのだからそれはそう割り切って読めばいい。

それにしても、この二人は詳しいねえ。また、おびただしい数の作品を読んでいるのがよくわかる。驚くと同時に感心してしまった。文学界の大物が並ぶ各賞の審査員達に対して恐れ多くも次々と鋭い突っ込みを入れているのだが、とにかく「小説が好き」という雰囲気も同時に伝わってくるし読書量に裏打ちされた説得力もあるので、読んでいて不快感が無く(ターゲットになっている
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 もともとは13年前に出た本で、当時はそれなりに話題になった。著者はいまだに、「「メッタ斬りの」豊崎」を看板に、仮想「アマチュア」相手に、エラソーにしているが、どーでしょう? 看板だけ、「メッタ斬り」で、全然「メッタ斬り」になってないのでは? というのも、この方々の本によって、「メッタ斬り」された作家や出版社、賞などが、少しでも影響を受け、反省した、筆を折ったなどの「効果」はほとんど報告されてないからである。

 なんでも、Twitterに陣取って、ご自分に関するツイートには即刻反応、まるで釣り堀のサカナのように(笑)食いついている豊崎さんによれば、いままでずっと、芥川賞を「メッタ斬り」し続けている(確かに、「メッタ斬り」シリーズも、「ファイナル」など、続いているようですが、ほんとうに「ファイナル」にされることを祈ります(笑))ということです。ああ、そうですか(爆)。

 本というか、商品そのものが売れない時代に、出版社とて、なんとか売ろうとしているご時世に、本気で「メッタ斬り」されて、喜んで掲載する文芸誌もあるまいに、と思うのに、この著者(とくに、豊崎氏ですが)、本気で「メッタ斬り」していると思い込まれているようです。なにかといえば、自分はプロだと言い張り続けるプロなんて、この人ぐらいです。で、書評家という「立ち位置」ですが、評論家とも違う
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー