通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
文学研究のマニフェスト ——ポスト理論・歴史主義の... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 古書高原書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2012年発行/初版帯付、経年並みの商品で特に難ありません
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

文学研究のマニフェスト ——ポスト理論・歴史主義の英米文学批評入門 単行本(ソフトカバー) – 2012/12/20


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 540
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 文学研究のマニフェスト ——ポスト理論・歴史主義の英米文学批評入門
  • +
  • 文化と社会を読む 批評キーワード辞典
総額: ¥5,184
ポイントの合計: 51pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

21世紀の文学研究が進むべき道を考える
グローバル化と格差社会の進展。地球規模のポピュラーカルチャーの発達。それらの結果としての「文学」の定義の変容。
今日までのアメリカ・イギリスの批評のあり方と歴史を網羅しながら、斬新な切り口で、新たなる研究の鉱脈を例示する。
文学テキストの読解をメインに据えながら、旧来の「文学」に限定されない文化全体、そして人文学・社会学への広い目配りを前提として、文学研究者以外にも開かれた知見を提示する。 I 文学にとって美とは何か(中山徹) モダニズムの崇高な対象――「モダニズムと帝国主義」と『ユリシーズ』 1 ジェイムソンとカント / 2 中産階級的二律背反とプロレタリアート的二律背反 / 3 「全体性への意志」 / 4 ジョイス的崇高 コラム(スラヴォイ・ジジェク / 文学にとって美とはなにか) II 文化研究以降のマルクス主義批評(河野真太郎) 文化とその不満――教養小説の終わりと「怒れる若者たち」 1 文化、この忌まわしきもの / 2 「隠れもしない旧左翼」 / 3 マルクス主義=唯物主義批評? / 4二重視を二重視する / 5 成長の文学 / 6 おわりに――二重時間と世代を超えた成長 コラム(レイモンド・ウィリアムズ / 二重視を二重視する) III イデオロギーとしての(ネオ)リベラリズム(三浦玲一) 「文学」の成立と社会的な想像力の排除――『キャッチャー・イン・ザ・ライ』の現在とコーマック・マッカーシーの『ザ・ロード』 はじめに――ロックの魂と文学の心 / 1 カルト小説か、新批評か? / 2 冷戦リベラリズム / 3 モダニスト的転回 / 4 ホールデンの夢見るユートピア / 5 ネオリベラリズムの現在との関係 / まとめ――「自由の文学」の限界 コラム(アントニオ・ネグリ、マイケル・ハート / 批評概念としての統治性と生政治) IV なぜ作品を精読するのか(越智博美) 新批評、冷戦リベラリズム、南部文学と精読の誕生――トランスパシフィックな国語教育と川端康成 はじめに――わたしたちはそれを知らない、しかしそれをやっている / 1 精読の政治学――南部知識人・モダニズム・南部文学 / 2 非政治的な文学――文学研究のモダニスト的転回 / 3 精読から発信型言語技術へ――読解のネオ・リベラル・レジーム /終わりに――ディスカバー・ジャパン コラム(ライオネル・トリリング / 農本主義から新批評へ ) V 隠された「世界」を読む地政学的読解(大田信良) 帝国、インターナショナリズム、グローバリズム――米国フォーディズムのディストピア、あるいは、『すばらしい新世界』のエコノミー はじめに――「英文学」としての『すばらしい新世界』と米国フォーディズムのディストピア / 1 ハリウッド映画あるいは映像文化の表象 / 2 『すばら しい新世界』における文化空間のエコノミー / 3 帝国の文化としてハクスリーのテクストを解釈するために――ユートピアとよばれる欲望はどのように「消滅」 するのか? / おわりに――『すばらしい新世界』が抑圧するものとわれわれの現在 コラム(フレドリック・ジェイムソン / 英国文化の地政学から読む長い二〇世紀) VI 精神分析は普遍的なのか(遠藤不比人) 「文学」「理論」「歴史」を内破させる「死の欲動」――キャサリン・マンスフィールド「至福」のフロイト的言語をめぐって はじめに / 1 文学=「至福」、理論=精神分析、歴史=第一次大戦 / 2 戦争=病=苦痛=快楽というマゾヒズム / 3 幼児性愛=戦争の反復、あるいは「戦後文学」と外傷 / 4 理論的な破綻と死の欲動 / 5 物語的な破綻と「至福」 / 6 「戦間期」という不安 / まとめ コラム(ジークムント・フロイト / 精神分析批評の現在) VII ポストコロニアリズムは終わったのか(中井亜佐子) 対位法の時空間――歴史を読む/サイードを読む はじめに――「別の場所」を想像する / 1 対位法的読解――『マンスフィールド・パーク』とハイチ革命 / 2 理論と批評意識 / 3 「不可能な結合」――サイードを読む コラム(ガヤトリ・スピヴァク / ポストコロニアリズムのこれから)

内容(「BOOK」データベースより)

グローバル化と格差社会の進行、地球規模のポピュラーカルチャーの発達により「文学」の定義は変容しつつある。新自由主義化のなかで21世紀の「批評」に何ができるのか。批評の現在が提示する、新しい「政治」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 204ページ
  • 出版社: 研究社 (2012/12/20)
  • ISBN-10: 4327472298
  • ISBN-13: 978-4327472290
  • 発売日: 2012/12/20
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 163,968位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう