¥3,080
通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
文学から環境を考える エコクリティシズムガイドブッ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

文学から環境を考える エコクリティシズムガイドブック (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2014/11/20

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2014/11/20
¥3,080
¥3,080 ¥5,859
お届け日: 11月30日 - 12月3日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
4 時間 31 分 以内に注文した場合.
詳細を見る

本2冊以上で3%ポイント還元

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 文学から環境を考える エコクリティシズムガイドブック
  • +
  • 環境人文学I 文化のなかの自然
  • +
  • 環境人文学II 他者としての自然
総額: ¥9,680
ポイントの合計: 124pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


5日間のBig Sale 11/27[金] 9:00 - 12/1[火] 23:59
第1弾 ブラックフライデー 開催中
今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

人間と自然・環境をめぐる問題を考えるためにいま、人文学に何が出来るのか―エコクリティシズムという新しい視点から、ヒトと自然のこれまでの/これからの関係のありかたを探る。小説やインタビュー、国内外の研究状況をつたえる論文と概説の翻訳、キーワード集など多角的な構成によって文学・環境批評の可能性を伝えるガイドブック。

著者について

小谷一明(おだに・かずあき)
新潟県立大学准教授。英語圏文学、日本語文学を扱いながら、アメリカ西部表象や植民地主義と環境マイノリティの関係についてエコクリティシズムの観点から研究を行っている。主な著書に、『越境するトポス―環境文学論序説』(共著、彩流社、2004年)、『変容するアメリカ研究のいま―文学・表象・文化をめぐって』(共著、ミネルヴァ書房、2007年)、『「場所」の詩学―環境文学とは何か』(共著、藤原書店、2008年)、『〈移動〉のアメリカ文化学—シリーズ・アメリカ文化を読む2』(共著、ミネルヴァ書房、2011年)などがある。

巴山岳人(はやま・がくと)
和歌山大学ほか非常勤講師。専門は20世紀の英国モダニズム文学を中心とした英文学、エコクリティシズム。特に文学表象における生物学 や進化論との関係性に関心がある。主な著書に、『21世紀のD・H・ロレンス』(共著、国書刊行会、2015年刊行予定)、論文に、「科学と進化のイデオロギー―D・H・ロレンスとThe New Statesman」(『D・H・ロレンス研究』第18号、2008年)などがある。

結城正美(ゆうき・まさみ)
金沢大学教授。専門はエコクリティシズム、比較文学。主な著書に、『水の音の記憶―エコクリティシズムの試み』(水声社、2010年)、『他火のほうへ―食と文学のインターフェイス』(水声社、2012年)、『越境するトポス―環境文学論序説』(共編著、彩流社、2004年)、『「場所」の詩学―環境文学とは何か』(共編著、藤原書店、2008年)、Literature and Art after “Fukushima" (共編著、Eb-Verlag、2014年)などがある。

豊里真弓(とよさと・まゆみ)
札幌大学教授。専門はマイノリティ作家による小説を中心とした20世紀アメリカ文学、エコクリティシズム。主な論文に、「非近代への志向―梨木香歩『f植物園の巣穴』における身体性と異界」(『水声通信』33号、2010年)“Beyond the Satoyama Traditon: Unsettling Landscapes in the Writings of Morisaki Kazue and Nashiki Kaho"(POETICA No.80、2013年)などがある。

喜納育江(きな・いくえ)
琉球大学教授。専門はアメリカの女性文学、特にアメリカ先住民、チカーノ(ナ)を中心としたマイノリティの文学、ジェンダー研究、エコクリティシズム研究。主な著書に、『〈故郷〉のトポロジー』(水声社、2011年)、論文に、「進化するエコ/フェミニズムとクイアエコフェミニズムの可能性」(『水声通信』33号、2010年)などがある。また、『沖縄ジェンダー学・第1巻・「伝統」へのアプローチ』(編著、大月書店、2014年)、『沖縄・ハワイ、コンタクト・ゾーンとしての島嶼』(共編著、彩流社、2010年)など、沖縄研究に関する著書もある。

登録情報

  • 発売日 : 2014/11/20
  • 単行本(ソフトカバー) : 356ページ
  • ISBN-10 : 458529080X
  • ISBN-13 : 978-4585290803
  • 出版社 : 勉誠出版 (2014/11/20)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 1個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
1 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません

0のカスタマーレビューおよび1のカスタマー評価があります。