¥6,270
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
文化的営みとしての発達―個人、世代、コミュニティ がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


文化的営みとしての発達―個人、世代、コミュニティ (日本語) 単行本 – 2006/8/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥6,270
¥6,270 ¥9,853
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 文化的営みとしての発達―個人、世代、コミュニティ
  • +
  • 遊ぶヴィゴツキー: 生成の心理学へ
総額: ¥8,690
ポイントの合計: 87pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

かくもダイナミックで変化に富む発達のすがた!人間が育つ多様な文化コミュニティへの深い理解から西欧中心の普遍的発達観を一新する画期作。2005年度ウイリアム・ジェイムズ賞受賞作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ロゴフ,バーバラ
現在、カリフォルニア大学サンタクルーズ校教授(発達心理学)。カリフォルニア大学総長が特に傑出した業績を持つ教職員に与える名誉職であるUniversity of California Presidential Chairについている。1977年にハーバード大学で博士号(Ph.D.)を取得した後、ヴィゴツキーを中心とした社会・文化・歴史的心理学の潮流を代表する学者のひとりとして、サンペドゥロ(グアテマラ)のマヤのコミュニティでの自らの体験を生かした視点からオリジナリティの高い研究を展開し、Human Developmentの編集委員長を務めるなど、国際的に発達心理学をリードする役割を担っている。現在は、学校がまだ普及していないコミュニティ(特に北米・中米先住民コミュニティ)において、社会的相互行為が学びを支える過程の文化的バリエーションに注目した研究を展開している

當眞/千賀子
現在、茨城大学人文学部助教授(発達心理学)。クラーク大学で博士号(Ph.D.)を取得した後、カリフォルニア大学サンタクルーズ校でポストドクトラルフェローとしてロゴフと共同研究を行うとともに、カリフォルニアの小学校に通う日本人児童が現地校の文化的営みを通して体験する学びについての研究に取り組む。現在は、現場の人々とともに実践を形成していく過程の中に研究を織り込む方法として「形成的フィールドワーク」を提案し、異なる年齢の人々が互いに育み合うことを支える実践のあり方に着目した研究を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません