Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 454

¥ 345の割引 (43%)

(税込)
ポイント : 6pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[矢吹晋]の文化大革命 (講談社現代新書)
Kindle App Ad

文化大革命 (講談社現代新書) Kindle版

5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 454
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799 ¥ 92
【クーポンプレゼント】: コカ・コーラ対象商品購入でデジタル商品に使える200円クーポンプレゼント!おひとり様何回でも可能。 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

天安門広場に毛語録の波が揺れる。「造反有理」から「批林批孔」「四人組」まで、当時の中国はまさに混乱のるつぼであった。社会主義における変革とは何か。毛沢東のかかげた夢と、現実を膨大な資料の中から検証しつつ現代中国の起点といえる文化大革命の真相を、具体的かつ、実証的に抉り出した待望の書。(講談社現代新書)

内容(「BOOK」データベースより)

天安門広場に毛語録の波が揺れる。「造反有理」から「批林批孔」「四人組」まで、当時の中国はまさに混乱のるつぼであった。社会主義における変革とは何か。毛沢東のかかげた夢と、現主を膨大な資料の中から検証しつつ現代中国の起点といえる文化大革命の真相を、具体的かつ、実証的に抉り出した待望の書。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2459 KB
  • 出版社: 講談社 (1989/10/20)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00DKX4DOS
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 2,593位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
本書は現代中国史の中で狂気の時代と言われた文化大革命について、三つの視点から書かれた解説書である。
第一部の「文化大革命の十年」では、文革とは何だったのかを時代を追いながら総括している。第二部の「毛沢東思想の夢と現実」では、文革のナゾの核心に触れるため、文革を引き起こした張本人である毛沢東の思想に迫る。第三部の「文革の推進者たち、被害者たち」では、文革の主要な登場人物に分けて、その栄枯盛衰を追う。

文革を理解するキーポイントの一つに、「毛沢東は死ぬまで第三次世界大戦不可避論に立脚していた」ことが書かれている。「革命によって帝国主義が打倒されないかぎり、戦争はなくならない」と狂信していたとするとするならば、不可解な文革の成り行きが多少なりとも理解しやすくなる。1966年に「大きな学校」という「1958年に提起した人民公社構想と酷似している」組織形態を持ち出したのは、彼の「人民公社路線への断固たる確信」の現れであり、それは彼の夢でもあった。と同時に彼の空想的社会主義の限界を示すものであった。

第三部の主要登場人物「紅衛兵」「江青と葉群」「林彪」「劉少奇」「周恩来とトウ小平」は、誰一人とて欠かすことのできない文革の犠牲者たちである。彼ら一人ひとりにスポットを当てて解説しているところが本書の特徴であり優れた点であると思う。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
毛沢東と文革について、有名ではあるが、知らないことだらけ。それらの概要ではあるだろうが、実情を垣間見れた。中でも、林彪がアヘン中毒者であったとは、驚いた。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
文化大革命の細かな経緯、分析が得られており素晴らしい。
Wikipedia のない当時の話ですが。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 星火燎原 トップ1000レビュアー 投稿日 2013/9/4
形式: 新書 Amazonで購入
わたしは文革主義者である。
自分の階級的立場をわきまえず、文革を全面否定する人々がいる。
わたしにとって、そして毛沢東にとって、
文化大革命とは社会主義政権下においてプロレタリア階級が「ひとつまみの」ブルジョア階級を打倒する国民党との全面的な内戦ないし、継続である。
これは「人民内部の矛盾」をも解決するためにも、ぜひ必要な運動であった。
当時、闘争に参加して殺人を生まれて初めて体験して動揺しおびえていた若者たち紅衛兵に、大人たちは
「よくやった!君たちは階級の敵を打倒しなければならなかった。要するに君たちは国民党の残党を殺したに過ぎない」
とハッパをかけられ若者たちはみんな心の内にある良心の呵責という一線をたやすく乗り越えたという。
階級闘争とは、遊びゴトではないのだ。
しかるに本書はブルジョア御用学者が書いた一方的な文革批判に終始している。
こんな本を読んでも、文革の本質は理解出来ない。

それにしても、この世には変節漢が多い。
文革当時、毛主席を熱愛した人々はどこへ行った?
少なくともわたしの毛主席への忠誠は永遠に変わらない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
中国に空前の大混乱をもたらした「文化大革命」

その巨大な混乱もほんの一握りの人たちの権力闘争や疑心暗鬼から起きていた

それは権力の集中がたどりついた闇の淵であった。

全てを破壊して

真っ白な世界に築き上げる理想の国家。

それは膨大な国民を号令一つでリセットしてしまえると考える傲慢でしかなかった。

闇の淵では、人は視線を閉ざされる。

そしてただ怖れ、夢想に溺れるしかなくなる。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover

関連商品を探す