中古品
¥ 963
中古品: 良い | 詳細
発売元 鷲宮書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆送料無料・保証付【Amazon直送につき、365日毎日発送致します】帯付きです。表紙に軽度のダメージがありますが、中のページは、見た目キレイで、折れや書込もなく良好です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ対応を致しますので、ご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

文具の流儀: ロングセラーとなりえた哲学 単行本(ソフトカバー) – 2011/8/20

5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 6,846 ¥ 707
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

文房具は、極めてシンプルな道具である。それぞれの文房具メーカーには、オリジンやフラッグシップとなるような商品が存在する。それらは、各社が創業以来頑なに守り続けているこだわりや技術というものがふんだんに盛り込まれている。別な言い方をするならば、この文房具を使えば、そのメーカーの本質とでも言おうか、ならではの部分がわかるというものである。
そうした文房具は概して、どこどえも変えて私たちの身の回りに溶け込み、あまりにも当たり前に使っているものでもある場合が多い。当たり前に使っていたけれど、実はすごい実力を秘めている。新製品も太刀打ちできないほどのものを持っている。
本書では、そうした商品を美麗な写真と取材記事により徹底分析する。定番文具といってしまえば簡単だが、創業以来の強みが活かされ、ロングセラーであり、今も販売され続けている、「フラッグシップ」となるような商品をひとつずつ取り上げ、掘り下げて紹介。名品の名品たる所以を明らかにしていく。

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ、その文具は定番なのか。「技術」や「伝統」がたっぷりと注ぎこまれた文房具のロングセラー。そのメーカーの創業の経緯から、なぜその文具を生み出したのかといったストーリーまでを徹底取材。あまりにもあたり前に使っているけれど、実はこんなに凄い。そんな文房具にまつわる、モノづくりの「哲学」を掘り下げた、渾身のオールカラー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 357ページ
  • 出版社: 東京書籍 (2011/8/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4487805228
  • ISBN-13: 978-4487805228
  • 発売日: 2011/8/20
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 477,876位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
■書名  文具の流儀: ロングセラーとなりえた哲学
土橋正 / 東京書籍 / 本 / 2011年08月20日 / Amazonで見る ¥ 2,520

■全体的な感想
著者の文具への愛情が伝わってくる本。
老舗文具メーカーを取材し、物作りへのこだわりを印した本。

こういう本を読むと、文房具を買ってしまうんだなー。
今では家にも会社にも大量のペンがある。もちろんノートも。
減るどころか、どんどん増えてしまっている。

そんなにノートやペン使わないもんね。
でも、読むと買ってしまう。
文具好きにはたまらない本です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
日常生活に欠かせない文具について記述されている。
文具のロングセラーになっている秘密や歴史について
わかりやすく説明されている。
その説明から、何気なしだが現在まで使われている秘密がわかるのである。
一貫した考えに基づいて文具が作られている。
「納得、納得」である。
文具に対する「こだわり」がロングセラーになったと考える。
私の場合、
三菱鉛筆ユニ(特に、ハイユニ)、シード・レーダーの消しゴム、3Mのポストイット
を現在でも常時使っている。
やっぱり使いやすいって重要である。
なぜ使いやすいのかが述べられている良書である。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本書を手にしてぱらぱらとページをめくった時の第一印象
「うわっ懐かしいなあ、ていうか今もこれ使ってるよ・・・。」
小学校入学時に道具箱に入っていたヤマトのり、姉が愛用していたスケッチブックそして共に幾多の試験に挑んだ鉛筆たち・・・。
他にもこれまでの生活で愛用してきた文具が多数紹介されていて懐かしさでいっぱいです。
これらのロングセラー文具の開発秘話、当時の時代背景とその後の発展などが美しい写真とともに掲載されています。
時代を超えて多くの人に愛される文房具のエピソードが満載です。
自分自身これからも、そして子供たちもこれらの文具を使い続けていくでしょう。
文具好きの方には保存版ともいえる1冊です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
文具の使い勝手を利用者目線で書くのではなく、開発秘話、歴史と言った「開発者目線」で書かれた珍しい本です。

ぺんてる、ヤマト(のり)といった日本人なら誰でも知っているような会社の製品から、LAMY、ファーバーカステル等文具好きにはわくわくするようなものまで幅広く押さえています。

文具好きならば、楽しみながらあっという間に読み切ってしまうでしょう。ただ、当然ですが文具に興味のない人が読んでも「だから?」となってしまうんでしょうね・・残念ながら。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告