通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
文体練習 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 折れ・多少の使用感がありますが、書き込み等なく、概ね良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

文体練習 単行本 – 1996/11

5つ星のうち 4.2 26件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,670
¥ 3,670 ¥ 2,291

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 文体練習
  • +
  • コミック 文体練習
  • +
  • 日本語のレトリック―文章表現の技法 (岩波ジュニア新書)
総額: ¥6,629
ポイントの合計: 160pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

前人未到のことば遊び。他愛もないひとつの出来事が、99通りもの変奏によって変幻自在に書き分けられてゆく。『地下鉄のザジ』の作者にして20世紀フランス文学の急進的な革命を率いたレーモン・クノーによる究極の言語遊戯がついに完全翻訳。

内容(「MARC」データベースより)

他愛もないひとつの出来事が、99通りものヴァリエーションによって変幻自在に書き分けられてゆく。20世紀フランス文学の急進的な革命を率いたクノーによる究極の言語遊戯が遂に完全翻訳された。前人未到のことば遊び。


登録情報

  • 単行本: 195ページ
  • 出版社: 朝日出版社 (1996/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4255960291
  • ISBN-13: 978-4255960296
  • 発売日: 1996/11
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 25,636位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
1つの話が99通りに表現されています。原作者がすごいのはもちろんですが、訳者もすごい。外国語の言葉遊びを日本語にするのですから、小説などを翻訳するのとはかなり手法が異なるんだろうな…と思います。難しいものや、表現の結果意味不明になってしまっているものもありますが、全体的には見事!です。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「ひとつの文書を99通りの言い回しで表現するという本」ときいても、正直私は興味を示さなかったかもしれない。偶然、知人に強制的に読まされ(買わされ)なければ。
著者は有名なひとらしい。われながら自分の無知に嘆きたくなるが、ともかく、この本は非常におもしろい。どなたかが、「この本を翻訳した時点で、翻訳者の作品といってもよい」とおっしゃられていたが、まさにそのとおりだ。
著者も訳者も、よくもまぁこんなにアイデアを搾り出せたものだと本当に関心する。今までこんな本に出会ったことはない。いや、本というよりも、芸術作品かな、読み終えた後、何か非常に心が豊かな気分になった。
表紙もおしゃれだし、中身もおしゃれな本です。是非一読を薦める。
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yoshioki6 投稿日 2010/4/6
形式: 単行本
国書刊行会の「短篇小説の快楽」でレーモン・クノーの新刊を見つけ、未読の本書を思い出し読みました。本書は、「混雑したバスの中での二人の男による諍いと、公園でその一方の男が友人らしき男から服装についてのアドヴァイスを受けている様」といったとりとめのない状況を、99のヴァリエーションで描くという、ただそれだけといってしまえばそれだけの、題名通り「文体練習」を集めたものです。途中、理系的傾向の記述になると、うまく咀嚼できていないのが自分でもわかって心許なくもなるのですが、99番目の「意想外」に至った時、この99のヴァリエーションはつまり、描く側の立ち位置の違いを、たとえば映画のアングルのように変える試みであるのではないかと気づかされ、これはこれで有意義な実験であるように思えて来るので、やっぱりクノーというか、こういった作家はやめられないと改めて思わされたのでした。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/3/17
形式: 単行本
内容は完全に別の本で、オペラ風から歌、俳句まで訳すのもかなり労力が要ったと思う。飽きることなく頁を捲れた。装丁や紙に金を掛けるのは頷けるけど、一部とはいえ行毎に赤と黒で字の色を変えるのは納得できない。それがこの値段に直結してるとするならすこし不満が残る。文庫化を望む。
良くも悪くも訳者凝りすぎ。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
知人がオススメしていたので早速買って読みました
まず、装丁や文章のレイアウト フォントなど とても目を引くものがある。それだけでも楽しい
つぎに文章 本来の中身だが、文才のないわたしには一度読んだだけではすべてを理解できなかった。ヘェ〜となるのが精一杯 言葉を扱う人にはいい刺激になるのかもしれないと感じた
値段は高いが、買った価値はある
単行本を是非お勧めする
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 いほ 投稿日 2007/2/13
形式: 単行本
クノーもすごいが、
訳す朝比奈さんも、
なんというか、無謀というか、すごい。
翻訳の概念の拡張ともいえる驚嘆の訳です。

自然言語の完全に透明な翻訳など絶対にあり得ない、コトがよく分かる本です。
装幀もかっこいい。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
これは本当に面白いです。
初め、基本となるテキストがあって、それを色々な文体で書き換えていく本だと思っていました。でも実際に手にとって一通り読んでみると、「基本となるテキスト」などという発想自体がいかに不可能で、いかがわしいかを思い知らされるのです。
「メモ」に始まる100の文章。出来事の粗筋を記述するという意味では「メモ」は基本テキストなんだけど、読み進めていくうちに「メモ」も一つの文体遊戯の中に組み入れられ、純粋に出来事を記述する「透明な文体」なんていうものは無いということに気付かされる。これの翻訳も労作という他無い。拍手!
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
立ち読みして、なんじゃこりゃあとぶっ飛びましたよ。ことばの空中遊泳。ことばの迷宮。ことばの持つ無限大の可能性をこれでもかと模索しながら、ひとつの壮大な芸術作品となっております。
私はフランス語ができないので原書を読む術はありませぬが、難しいことは考えずにこのことばのパラダイスを満喫させて頂きました。著者・訳者の創造力に圧倒されるばかり。大変だったんだろうなあ。
値段はお高めなのですが、それを補って余りある装丁の凝りよう。おしゃれすぎ。やられた。衝動買いでした。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー