通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
文人暴食 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古本です。帯なし。書き込みは見当たりません。商品到着後、チェック漏れ・ミスにより不備や何か気になる点がございましたらご一報を頂けると助かります。返金、商品の入れ替え他で対応させて頂いています。◆発送は日本郵便のゆうメール(追跡番号無し・発送から日祝除く2-4営業日でポストへお届け)にて発送致します。◆発送かじ企画 福岡県公安委員会許 古物商90113 0910005号
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

文人暴食 (新潮文庫) 文庫 – 2005/12/22

5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 168
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 853
¥ 853 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 文人暴食 (新潮文庫)
  • +
  • 文人悪食 (新潮文庫)
総額: ¥1,663
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

野人・怪人と謳われた南方熊楠の好物はアンパン。本職が牛乳屋の伊藤左千夫は丼飯に牛乳をかけてもりもり食べたそうな。人肉嗜好の金子光晴は口腔内の頬肉を食いちぎって試食したというから驚きだ。そして美食家の折口信夫は若い頃のコカイン常用で殆ど嗅覚がなかったし、アル中の極みは若山牧水だった。ああ、食は人なり。三十七文人の食癖にみる近代文学史。『文人悪食』の続編。

内容(「BOOK」データベースより)

野人・怪人と謳われた南方熊楠の好物はアンパン。本職が牛乳屋の伊藤左千夫は丼飯に牛乳をかけてもりもり食べたそうな。人肉嗜好の金子光晴は口腔内の頬肉を食いちぎって試食したというから驚きだ。そして美食家の折口信夫は若い頃のコカイン常用で殆ど嗅覚がなかったし、アル中の極みは若山牧水だった。ああ、食は人なり。三十七文人の食癖にみる近代文学史。『文人悪食』の続編。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 577ページ
  • 出版社: 新潮社 (2005/12/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101419086
  • ISBN-13: 978-4101419084
  • 発売日: 2005/12/22
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 108,552位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
『文人悪食』に続く、「食」を通して描いた文学者群像です。

折口信夫は、もらった食べものが捨てられず、部屋で腐っておかれていたということ、室生犀星の悲しい生い立ち、草野心平の、焼き鳥屋経営とけんかの話、稲垣足穂の破滅的な酒の飲み方など、興味深いエピソード満載です。また、小泉八雲が、「古池や蛙とびこむ水の音」の「蛙」を「frogs」と複数形で訳していたこと(サイデンステッカー訳は単数形)も教えられました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 傑作「文人悪食」の続編。前作同様明治から昭和にかけて活躍した小説家、詩人等37人の食生活から彼らの人間像を描き出した作品である。一人物につき15ページ程度の枚数であるが内容が非常に濃いのも前作同様である。

 食べるという『欲』から描き出された作家達はどれも人間くさい。チョット普通でない人もいる。特に明治、大正時代の作家達はアクの強い人物が多い。

 著者は主に彼らの作品や関連した文献から、食べ物に関する作品あるいは記述を探し出して、作品を批評し、その作家自体を描いていくのだが、著者の枯れた味わいの文章と合わさってなんとも言えない作品に仕上がっている。特に著者が交流のあった作家よりも、参考文献だけで書かれた作品のほうが出来が良いように感じる。余分な知識と感情移入がない分想像がよく働くのかもしれない。

 著者にしてみれば趣味と実益を兼ねた作品なのであろうが、前作とあわせて10年をかけた力作である。巻末に示された参考文献はどれもが古い。絶版が殆どなのだろう。著者が古本屋漁りをしている姿が目に浮かぶようである。

 作家論とも作品論ともエッセイとも言えない著者にしか書けない作品である。今回取り上げられた作家達は、誰でも知っている作家を取り上げた前作よりも小粒かもしれないが、内容はまったく落ちていない。取り上げられた作家の作品が読みたくなる傑作である。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
文人悪食の続編。今回も文人を食の面から考察した書物。面白いです。人間には色々な欲があると思いますが、食欲だけはダイレクトに生命に直結しております。文人も凡人も喰わなきゃ死んじゃいますから。だから面白いエピソードが盛りだくさん。文人なんか普通じゃないんだから当然ヘンテコリンな人たちがいる。是非読んでください。また文芸案内としても有用な本書。きっとあなたも読みたくなる作家に出会えるはずです。作品ではなく食を媒介として。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私は前作の文人悪食は未読なので、前作との比較はできませんが、

文人達の人生、心の内等人間模様が、食欲(人によって少し形は違ったりもするが)というフィルターを通して見えてくるのが楽しかった。

また、純粋に「この人はこういう人だったのかぁ〜」と頷きながら気軽に読める本としても良いと感じました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告