この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

敵兵を救助せよ!―英国兵422名を救助した駆逐艦「雷」工藤艦長 単行本 – 2006/6

5つ星のうち 4.4 24件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 7,087 ¥ 55
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

敗者の悲哀というべきか。

一九四二年二月二八日のスラバヤ沖海戦のあと、日本海軍は、自艦を撃沈され海上を漂流する約千名の連合国兵士を救助した。文字どおり武士道が発揮された瞬間であり、世界海戦史上でも稀な感動的な出来事なのだが、にもかかわらず、これまで戦史にのることもなく、ほとんど語られることがなかった。それは、工藤艦長が、戦後自衛隊にすすむこともなく、同期の人たちの勧めで就職することもなく、周囲に自らを語ることもなかったという事情もあるが、やはり東京裁判史観の影響があったことは否めまい。

ところが、平成一五年、スラバヤ沖海戦で「雷」に救助された元英国海軍少尉フォ—ル卿が来日、護衛艦の観閲式にも参列する。このとき、元海上自衛隊士官である著者はフォール卿から依頼を受け、すでに亡くなってはいたが、工藤艦長の消息を尋ねることになる。著者は数か月かけて、工藤艦長の墓地の所在地などを探りあてフォール卿に報告する。この間著者は当時「雷」の乗組員で存命の三名の人たちとも接触、工藤艦長の人となりと救助時の詳細を聞くことができたのである。これが著者が本書を執筆する動機となった。その三名とは、航海長の谷川清澄元少佐、艦長伝令の佐々木確治一等水兵、砲術手の勝又一一等水兵である。この人たちの記憶は鮮明で、これによって救助当日の状況は正確に再現されることになった。また、フォール卿へのインタビューと、工藤艦長への献辞が掲げられている自伝『マイ・ラッキー・ライフ』が証言を補強している。

内容(「BOOK」データベースより)

1942年3月、スラバヤ沖海戦のあと、武士道を発揮、危険をおかして英兵422名を救出した工藤少佐の感動の物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 334ページ
  • 出版社: 草思社 (2006/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4794214995
  • ISBN-13: 978-4794214997
  • 発売日: 2006/06
  • 梱包サイズ: 19 x 13.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 82,310位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
工藤艦長の功績については、この本で初めて知った。
「敵兵を救助するということ、それはジュネーブ協定やハーグ陸戦協定を云々言う前に人道的見地すなわちヒューマニズムの観点から見ても当然のように思われる」・・・などという考えは平時の一般人が口にする言質。戦時では、そう簡単な話ではない。捕虜救出中でさえ、敵艦からの攻撃を受け、下手をすれば乗員を危機にさらすことになる。また捕虜のために多大な物資の供給が必要ともなる。このような状況で敵兵を救出するか、放置するかの決断は決して簡単なものではない。戦時という究極の局面・状況下で救出を命じた工藤艦長と駆逐艦「雷」兵士乗員に敬意を表すとともに、日本人として彼らを誇りに思う。
コメント 99人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 LED LEPPARD トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/7/26
形式: 単行本
 2006年、惠隆之介氏の著書です。

 1942年3月、スラバヤ沖海戦の後、駆逐艦「雷」・工藤俊作艦長が、漂流する英国兵422名を救助しました。
 この救助は、敵の攻撃をいつ受けるか分からない危険な状況の中、
工藤艦長の指揮の下、「雷」の乗組員・約150人が英国兵422名を救出するという、世紀の救出劇です。
 本書では、当時の政局や戦局、海軍兵学校等の話を交えつつ、救助の話、工藤俊作艦長の人生が書かれています。

 この救出活動及び救出直後の工藤艦長の言葉は、単なる人道博愛主義ではなく、武士道だと思います。
 新渡戸稲造「武士道」の中でも書かれている、敵に塩を送るエピソード、
上杉謙信公の「我の貴公と争うところは、弓箭にありて米塩にあらず。」という言葉、
ニーチェの「汝はその敵を誇りとすべきである。しからば敵の成功は、また汝の成功である」という言葉、
「実際、勇気と名誉はともに、平時において友人とする価値のある者だけを、戦時における敵とすべるべきことを要求する。
 勇気がこの高みに達したときに、それは仁に近づく。」という新渡戸氏の記述。。。などなど、たくさん思い浮かぶものがあります。
(* 「武士道」からの引用は、「
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 近現代の戦場において、いわゆる騎士道精神が発露された場面というのはたびたび散見されます。日本の「武士道精神」が戦場で発露された場面もこれに止まりません。

 思うに、戦場において矛盾とも思えるこうした行動は、実際に現場で人間と相対してはじめて理解できるものなのかもしれませんが、こうした矛盾した部分にこそ、人間性がみられ、だからこそ、そうした精神を美しいと感じられるのではないでしょうか。

 敵兵を効率よく殲滅することこそが戦争の唯一の目的と考えるのは、実際の人間と相対することのないテレビゲーム的発想としか思えないのです。しかしながら、最近、こうした類似の発言を他でもよく散見します。日本人の美意識が損なわれつつあるという危機感を感じるのはわたしだけでしょうか。
コメント 100人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
実際あった事を知らなかったので感動した。
ただ、作家の文章構成には考える余地あり
読みにくい
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
まるで「坂の上の雲」の続編のようでした。
やはり、子供たちの道徳の授業に広く採用すべきです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
戦中の美談が読みたいという安直なすけべ心で読み始めたが、著者の「日本海軍、武士道大好き」の感情がたれながしにされており、読んでいて気持ち悪くなった。内容も、「武士道に則るなら当然かくあるべき」という前提で書かれているので、どこまで事実なの?と疑ってしまう。
工藤キャプテンは立派な方なんだったと思うが、ならば救助時の事実のみ淡々と書けばよかったのではないか。このエピソード、違う著者で読みたい。この人は著述には向いていないと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者が本書を上梓するきっかけは、副題にも掲げられている駆逐艦「雷」を指揮した工藤中佐の足跡を追うことだったという。敵潜水艦が行動する海域で1隻だけ救出活動を展開することは、たとえ国際法により認められている行動とはいえ、人によっては危険極まりない愚挙と判断するかもしれない。その危険を冒して、敢えて救出の命令を下した指揮官とは、どのような人物だったのか。著者でなくとも、後生の者ならば誰しも疑問に思うことだろう。
その謎を解く鍵は、彼を含め兵学校第51期生およびその前後の期が受けた、現代の基準から見てもうらやむほどのジェントルマン教育にあった。厳しい規律のなかにも明朗さを失わせず、幅広い教養を持たせようとした兵学校の方針は、当時校長だった鈴木貫太郎が後年語ったように、将来の海軍を…あるいは国家の舵取りを…担うだけのポテンシャルを生徒たちに身に付けさせることを究極の目標としていた。任官以後の工藤中佐や同期生たちの遍歴は、まさしくその教育の賜物であるといえる。
「最後の海軍大将」井上成美は、戦争中に兵学校校長を務めた折、「兵学校は、丁稚教育の場所ではない」として、教養教育重視の方針を貫いたことで知られるが、本著を読むことで、彼の真意を改めて思い知らされた。阿川弘之の「海軍三部作」をご覧の方ならば、必ずや本著の意義を理解できるはずである。
1 コメント 156人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー